« 新国立劇場「ウェルテル」 素晴らしい演奏だったが・・・ | トップページ | 再度のお知らせ 戸田弥生・野原みどりデュオ・リサイタル 近づく!! »

ヤノフスキ+N響「ジークフリート」 まさしく歴史的名演

2016410日、東京文化会館で東京春音楽の祭、ヤノフスキ+N響によるワーグナー「ジークフリート」(演奏会形式)を聴いた。歴史的名演だと思う。

 昨年配役が発表された時、ジークフリートをランス・ライアンが歌う予定になっていた。ライアン嫌いの私としてはアンドレアス・シャーガーに変更になって安堵した。が、実際に聴いてみると、安堵しただころか、期待をはるかに上回る歌唱。実に素晴らしい。バイロイトなど世界の劇場で引っ張りだこになること間違いなしのレベルだと思う。声に若さと気品があり、しかも強靭。ジークフリートにぴったり。最初から全力で歌っているように思えたので最後までもつかと気になったが、最後の二重唱でも伸びのある声だった。すごいジークフリート歌手が出てきたものだ。

 そのほか、すべてのキャストが最高レベル。ミーメを歌うゲルハルト・ジーゲル、アルベリヒを歌うトマス・コニエチュニーが最高レベルの歌手たちの中にあってもとりわけ素晴らしかった。演奏会形式なのに、歌を聴くだけで姿かたち、心の中、そして演技までも頭に浮かぶ。ブリュンヒルデのエリカ・ズンネガルドも素晴らしかった。どこかで聴き覚えがある歌手だと思って調べてみたら、最近DVDで見た「サロメ」を歌っている歌手だった。とても美しく、細身で華奢に見えるが、しっかりと強い声が出ている。第三幕幕切れの二重唱は圧巻だった。

さすらい人を歌うエギルス・シリンスもとてもいい歌手だが、今回の歌手の中では少しかすむほどだった。そのほか、ファーフナーのシム・インスン、エルダのヴィーブケ・レームクール、森の鳥の清水理恵、いずれも最高レベル。田尾下哲による映像が背景に映し出されていた。これだけで十分にワーグナーの世界が描き出されるほどに音楽が雄弁だった。

 だが、それより何よりマレク・ヤノフスキ指揮のNHK交響楽団(ゲストコンサートマスター:ライナー・キュッヒル)が凄い。N響が世界最高レベルのオーケストラだと認識した。この演奏を録音して名前を伏せて聴いてもらえば、かなりの人がウィーン・フィルなどの名だたるオーケストラの演奏と思うのではないか。ヤノフスキの演奏は無駄がなく、きびきびしている。こけおどしが一切なく、明るめの音で明確に鳴らすが、そうすることによって、ドラマが高まり、スケール感が増す。しかも、音の重なりがこの上なく美しい。「森のささやき」は得も言われぬ美しさだった。しばしば舞台で歌手たちが演じているときには聞こえてこない様々な音に気付くことができた。改めてワーグナーのオーケストレーションの技にも驚いた。「そうか、こんなところでこんな楽器が鳴ってたんだ!」としばしば驚いた。

 多くの人と同じように、私も「ジークフリート」は少し苦手な楽劇だった。現在でもしばしば上演されるワーグナーの10演目の歌劇・楽劇のなかで、もっとも退屈な場面の多いのが「ジークフリート」だ。とりわけ、第一幕のミーメとさすらい人の長い問答には退屈する。「わざわざ復習してくれなくても、これまでのgストーリーだったら、よく知ってるよ」といいたくなる。第二幕もファーフナが目を覚ますまでのやり取りがあまりに長い。第三幕になってやっとほかのワーグナーの楽劇並みに感動する。だが、今回の演奏はまったくだれるところがなかった。これほどすごい「ジークフリート」は初めて聴いた。まさしく歴史的名演だと思う。第三幕の後半はずっと感動の涙を流していた。

|

« 新国立劇場「ウェルテル」 素晴らしい演奏だったが・・・ | トップページ | 再度のお知らせ 戸田弥生・野原みどりデュオ・リサイタル 近づく!! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

本当にすばらしい演奏でしたね。まさに圧倒されました。
樋口先生も書かれているとおり、すばらしい歌手陣の中でシャーガーが圧倒的な光を放っていました。
1幕の鍛冶の歌からして全力投球、はたしてこれで最後まで持つのかとの不安を抱かせるほどの力強い声でした。もちろん最後のブリュンヒルデとの2重唱も大熱唱で、大きな満足感をもって文化会館を後にしました。
歌手陣のすばらしさは、あのシリンスがちっとも目立たなかったことでもわかります。昨年や一昨年のヴォータンの名唱を聞いた身としては、シリンスが「普通」に聞こえたのが信じられない思いです。

この楽劇は、確かにいささか退屈な作品です。2幕の途中までは男声のみ。そのせいもあってか、単調に感じられます。ヒロインは3幕3場で初めて登場し、それまで出ずっぱりのジークフリートと劇的な歌唱を繰り広げるのですから、タイトルロールは過酷な役です。でもすばらしい歌手たちとヤノフスキの見事な指揮で、初めて感動を味わいました。ヤノフスキがこれほどのワーグナー指揮者であったとは、このシリーズを聞くまでは気がつきませんでした。
来年の黄昏が楽しみ、、、、と同時に、これで最後かと思うと、いささかさびしいですね。

投稿: ル・コンシェ | 2016年4月13日 (水) 17時27分

ル・コンシェ 様
コメント、ありがとうございます。
あの場にいらしたんですね。本当に素晴らしい演奏で、しばらく呆然とするほどでした。ベルリン放送交響楽団と録音したワーグナーシリーズを聴いて素晴らしいと思ったのですが、生で聴くと一層の感動ですね。来年が楽しみです。来年で終わりにしないで、ほかのワーグナー作品をこれからも取り上げてほしいものです。

投稿: 樋口裕一 | 2016年4月15日 (金) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/63468092

この記事へのトラックバック一覧です: ヤノフスキ+N響「ジークフリート」 まさしく歴史的名演:

« 新国立劇場「ウェルテル」 素晴らしい演奏だったが・・・ | トップページ | 再度のお知らせ 戸田弥生・野原みどりデュオ・リサイタル 近づく!! »