« 新国立劇場「ワルキューレ」をみている間に起こった椅子の騒音のこと | トップページ | ロッシーニのオペラ映像「幸運な間違い」「アルジェのイタリア女」「セビーリャの理髪師」 »

東京オペラ・プロデュース公演 「グリゼリディス」の日本初演をみた

2016109日、新国立劇場中劇場で、東京オペラ・プロデュース公演、マスネ作曲「グリゼリディス」をみた。日本初演とのこと。

昨日、新国立劇場でまさしく世界最高レベルの「ワルキューレ」をみたばかり。こういうと申し訳ないが、やはりレベルの違いを感じざるを得ない。「ワルキューレ」をみていなかったら、印象は違ったかもしれない。

このオペラはもちろん初めてみた。「サンドリヨン」と同じようにペローの童話に基づいている。侯爵に見初められて侯爵夫人になったグリゼリディスは、夫が十字軍に参加して家を離れている間、貞節を破らせようとする悪魔に打ち勝ち、貞節を守り抜く。

とてもおもしろいオペラだと思う。コミックなところもある。ワーグナー的なところもあちこちにある。ただ、やはりワーグナーほどにアクの強さがなく、コミックなところも少々遠慮がち。あまり上演されない理由も納得できる。

グリゼリディスの菊地美奈はしっかりとした声。音程も安定して声もよく伸びていた。ゴンドボーの鹿野章人は太くて安定した歌唱。フィアミーナの羽山弘子もとてもチャーミング。アランの上原正敏もなかなかの美声でうぶな青年をうまく演じていた。修道院長の和田ひできも安定した歌唱だったが、あまり宗教的な雰囲気を感じなかった。

 侯爵の羽山晃生は不調だったのか、あまり声が伸びていなかったのが残念。ベルトラードの辰巳真理恵は全体的に音程が不安定で、私はハラハラしどおしだった。

 悪魔役の北川辰彦はフランス語のひどさが気になった。「悪魔diable」をほとんどの場面で「ディアブレェー」と発音していた。この人の歌うすべての歌詞がどうも私にはフランス語らしく聞こえない。フランス語ではあるはずのない音がしばしば聞こえてくる。これではマスネではなくなる。今回の歌手の中でもっとも声が出ていたし、歌唱的にはもっとも優れていただけに残念に思えた。

飯坂純指揮の東京オペラ・フィルハーモニック管弦楽団は、危なっかしいところもあったが、マスネの音になっていた。太田麻衣子による演出は、様々な制約があったのだろうが、わかりやすく、おもしろく話をまとめていた。悪魔の造形もとてもおもしろかった。

最高レベルの上演というわけではなかったと思うが、マスネのこのオペラの魅力はよくわかった。東京オペラ・プロデュースは珍しいオペラを上演してくれるので、私はとてもうれしく思っている。練習時間がとれなかったりといった問題点があるのだと思うが、ぜひこれからも世に知られていないオペラを意欲的に上演してほしい。

 

|

« 新国立劇場「ワルキューレ」をみている間に起こった椅子の騒音のこと | トップページ | ロッシーニのオペラ映像「幸運な間違い」「アルジェのイタリア女」「セビーリャの理髪師」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/64323099

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オペラ・プロデュース公演 「グリゼリディス」の日本初演をみた:

« 新国立劇場「ワルキューレ」をみている間に起こった椅子の騒音のこと | トップページ | ロッシーニのオペラ映像「幸運な間違い」「アルジェのイタリア女」「セビーリャの理髪師」 »