« チョン・キョンファの自然体の無伴奏ヴァイオリンに感動 | トップページ | シモーネ・ラムスマ 凄まじいフランクのソナタ演奏!! »

 朴+川見+安井の素晴らしいシュトラウスの器楽曲と歌曲

 2017129日、王子ホールで「おと と おと と」のシリーズ、リヒャルト・シュトラウスの器楽と歌の「饗宴」を聴いた。素晴らしかった。

 最初の曲はシュトラウスが17歳のころの5つのピアノ小曲から2曲。黙って聞かされたら、間違いなくシューマンだと思うだろう。

 ピアノは朴令鈴。粒立ちの明確な音。もう少し劇的に弾いてもよいだろうと思うところがあったが、このような抑制的な音楽づくりがこの人の持ち味なのだろう。

 その後、ヴァイオリンの川見優子が加わってリヒャルト・シュトラウスのヴァイオリン・ソナタ。率直で若々しくてロマンティックな表現。妙にいじるとわけがわからなくなる曲を真正面から弾き切った感じ。第1楽章と第3楽章はかなり外面的に華々しく、第2楽章はロマンティックに。そうすることで確かに音楽が立体的になる。素晴らしいと思った。朴のピアノも若々しいヴァイオリンをしっかり支えている。見事。

 後半は初めに朴による「サロメ」の「七つのヴェールの踊り」。ピアノ独奏でこの曲を初めて聴いた。オーケストラで聴きなれているので不思議な感じだが、それはそれで鮮烈な音楽になっていた。朴の音楽づくりは実に知的。一つ一つの音に無駄がなく、盛り上げるべきを盛り上げ、過剰なことは少しもしない。なんと頭のいい人なんだ!と思った。

 その後、ソプラノの安井陽子が加わってシュトラウスの歌曲「万霊節」「セレナード」「ツェツィーリエ」、そして「四つの最後の歌」。

 これも素晴らしかった。安井のオペラはこれまでツェルビネッタやオランピアを聴いた記憶がある。いずれもとても良かった。歌曲についても素晴らしいことを知った。声が伸びている。とりわけ高音が実に美しい。音程もいいし、言葉の響きも美しい。表現全体が実に清楚。朴のピアノと同じように過剰な表現はしないが、しっかりと音楽そのものが伝わる。「四つの最後の歌」は私の大好きな曲。私のささやかな葬式にはこの曲のCDをかけてほしいと思っている。この曲をこれほどまでに見事に歌える歌手は日本にも世界にもそれほど多くないと思う。ここでも朴の伴奏は実に見事。歌手も歌いやすいだろう。

 アンコールはピアノとヴァイオリンとソプラノによる「明日」。確かにこの歌曲にはヴァイオリン入りのヴァージョンがある。これはちょっと練習不足のようで、ヴァイオリンとソプラノが合わないところがあったが、それは仕方がないだろう。

 見事なコンサートだった。大好きなシュトラウスの曲をこのような小さなホールで聴けてとても満足。

 ところで、このところ猛烈に忙しい。1月締め切りの原稿(たぶん、締め切りには間に合わない!)と、3月ころ刊行予定の本の校正が重なった。しかも、先週から今週の初めにかけて大分県に出向いていた。122日(日)には故郷である大分県日田市に出向き、「墓じまい」をした。23日(月)には、日田市の私の両親が住んでいた土地の売買のための手続きを行い、24日(火)には大分市の岩田高校(この高校は、私が塾長を務める白藍塾のサポートによって小論文指導を行っている)で高校1年生に対して小論文指導を行った。そして、その後、大学で試験監督や打ち合わせをして、28日(土)には自宅近くに新しい墓を作ってそこで「納骨法要」を行った。実にあわただしかった。原稿が進まずにいる。明日から本腰を入れて、原稿執筆にかからなくては!

|

« チョン・キョンファの自然体の無伴奏ヴァイオリンに感動 | トップページ | シモーネ・ラムスマ 凄まじいフランクのソナタ演奏!! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/64825941

この記事へのトラックバック一覧です:  朴+川見+安井の素晴らしいシュトラウスの器楽曲と歌曲:

« チョン・キョンファの自然体の無伴奏ヴァイオリンに感動 | トップページ | シモーネ・ラムスマ 凄まじいフランクのソナタ演奏!! »