« 風の丘HALL「マノン・レスコー」 かなり感動してしまった・・・ | トップページ | 新国立「ルチア」 オルガ・ペレチャッコにただただ驚嘆 »

エリシュカ+札響のブラームス 感動に震えた

 2017314日、東京芸術劇場で札幌交響楽団東京公演を聴いた。指揮はラドミル・エリシュカ・曲目は、前半にメンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」とシューベルトの交響曲第5番、後半にブラームスの交響曲第1番。

 エリシュカは大好きな指揮者の一人だ。以前から札響との名演奏の様子を伝え聞いていたが、2010年に東京フィルとの演奏による「新世界」を聴いて驚嘆。それ以来、東京公演はできるだけ聴くことにしている。今回も予想にたがわぬ素晴らしい演奏。何度も何度も感動した。

 きわめてオーソドックスな解釈だと思う。遅めのテンポでじっくりとしっかりと鳴らしていく。地に着いた音。本物だけが持つ響きとでもいうか。札響の音も実に美しい。弦楽器も美しいし、オーボエ、フルート、クラリネット、ファゴットがとてもいい。あわてず騒がずに音楽が展開され、渋くてロマンティックで暖かくて芯の強い響きが広がっていく。

「フィンガルの洞窟」が始まった時、あまりにじっくりとした足取りだったので、メンデルスゾーンらしくなかった。エリシュカのメンデルスゾーンを聞くのは初めてだったので、もしかしたらエリシュカはメンデルスゾーンには向いていないのかと思った。だが、聴き進むうちに納得する。地道でしっかりした足取りのメンデルスゾーンがあってもいい。これも確かにメンデルスゾーンだと思える。タメを作ってスケール大きく演奏するが、それがこけおどしに聞こえない。シューベルトの第5番も一歩一歩確かめるような演奏。確かに若々しさはないが心に染み入る。

 やはりブラームスが圧倒的に素晴らしかった。スケールが大きく、広がりがある。ホルンから何度か妙な音が聞こえたのが気になったが、全体的には札響の音の美しさに改めて驚いた。しなやかで深い音。エリシュカの出したい音を出している。とりわけ第4楽章は圧巻。感動に震えた。

 アンコールはドヴォルザークの「ユモレスク」。アンコールだからということだろう、表情を強調してメリハリをつけた演奏。だが、音がしっとりしているので、少しも大袈裟にならないところがさすが。

 エリシュカは巨匠だと思う。本当に良い音楽を聴かせてもらった。

|

« 風の丘HALL「マノン・レスコー」 かなり感動してしまった・・・ | トップページ | 新国立「ルチア」 オルガ・ペレチャッコにただただ驚嘆 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/65016037

この記事へのトラックバック一覧です: エリシュカ+札響のブラームス 感動に震えた:

« 風の丘HALL「マノン・レスコー」 かなり感動してしまった・・・ | トップページ | 新国立「ルチア」 オルガ・ペレチャッコにただただ驚嘆 »