« ウィーン・アカデミー管弦楽団のベートーヴェン4・5 私は感動できなかった | トップページ | 2017年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン初日(5月4日) »

スマホの不思議な現象 そして古本のこと

 昨日の午前中から、スマホの不思議な現象に戸惑っている。

 昨日の11時30分過ぎ。それまで60分、私は肩こり・腰痛のためのマッサージを受けていた。その後、歩いて仕事場に向かった。マッサージを受けていた間も、その後も、誤操作の可能性はまったくない。

ところが、スマホを確認してみると、LINEに「フォローありがとうございます」という文面とともに、「毎日新聞」と「ラインニュース」が入っている。私はこれらのニュースに登録した覚えも、フォローした覚えもない。ま、無料だからいいようなものだが。

それで済んでいればよかった。すぐに娘から電話がかかってきた。「何度も電話くれたみたいだけど、何があった?」と焦った様子の電話だ。だが、私は電話を掛けた覚えはない。スマホを確認してみると、確かにスマホには、娘に立て続けに11時33分から34分の間に5回発信した記録が残っている。それどころか、別の人物にも発信している。どうも発信履歴に残っている二人にスマホが勝手に電話をかけたようだ。案の定、しばらくして、その方からも問い合わせの電話がかかってきた。

それだけでも大ごとなのだが、もう一つ驚くことがあった。スマホを確認しているうちに、もっと恐ろしいことに気付いた。何とスマホの写真フォルダの中に、まったく覚えのない写真が新たに加わっていた。木につながれた犬の写真が二枚。私が歩いていた時刻に撮影されたことになっている。もちろん、私はそんな写真は撮っていないし、スマホでそのような写真を見た覚えもない。私はスマホで写真を見る趣味はない。

整理してみる。①ラインで勝手にニュースに登録、➁スマホが勝手に電話を発信、③覚えのない写真が保存されていた。

一体、私のスマホに何が起こったんだ??

その後、仕事を終えて(仕事中もずっとスマホが気になっていた!)、帰りに自宅近くのアップルストアに寄った。アップルストアに行く途中、またスマホが勝手に電話しているのに気付いた! あわてて切った! アップルストアの方の話では、「そんなことはふつうは起こらない」とのこと。そりゃそうだろう! だが、とりあえず安心したのは、乗っ取られたとかウイルスとかではないだろうとのこと。閉店間際だったので、翌日に相談の予約を取って帰った。

そんなわけで、本日。相談をして、バックアップをとってすべて消去し初期化。とりあえず、解決した、のかな?

しかし、それにしても何が起こったのか!! ネットで調べてみたら、私を襲った3つのことのうちの一つ一つについては時に起こるようで、ネット関係の相談コーナーに相談している人がいる。が、説得力のある答えがない。私には、この3つの現象が同時に起こっている!

 

もう一つ、数か月前に私を襲ったトラブルを思い出したので、ついでにここに書く。

今年の3月、多摩大学を退職する際、研究室の本の整理に困っていた。もう絶対に読まないだろうフランス語の本を段ボール箱に9箱にまとめた。プレイヤード版という購入当時は1万円を超したものも数十冊ある。そのほかは文学研究書や小説などなど全部で400冊以上あったと思う。購入時の総額で言えば、間違いなく100万円は超えている。もしかしたら、200万円を超えているかもしれない。神田のフランス語書籍を取り扱っている古書店に電話をして、着払いで送ることにした。その時、「間違わないでくださいね。ヤマト便で送ってくださいね。送料が全然違うんです。9箱だったら、5000円くらいの差になりますからね。いいですか、ヤマト便ですよ」と念を押されていた。

 で、言われたとおりに、研究室まで取りに来てもらって、佐川急便やそのほかの業者ではなく、クロネコヤマト宅急便で送った。ところが、翌日だったか、古書店から電話がかかった。声がいら立っている。「ヤマト便で送るように言ったのに、ヤマト便で送らなかったんですね!」と強く言われた。驚いて聞き返したら、どうも「ヤマト便」と「クロネコヤマト宅急便」は同じ会社ではあるが、別の部門のようで、「ヤマト便」は引越しの荷物を運ぶ部門らしい。そんなこと、前もって説明してくれなかったではないか! 

本の査定も終わっていた。何と全部で5000円! しかも、送料の差額が5000円程度とのこと。差し引きゼロということらしい。それどころか、向こうとしては、それでは足りないと思っている様子。こちらが「じゃ、差額分、支払いましょうか」と皮肉を込めて言ったら、「まあいいですよ」と言われた・・・。

 それから数日して、研究室の残りの本と私の自宅の本をこれまた9つの段ボール箱にまとめて、今度はブックオフに売ることにした。500冊ほどあった。中には、全巻そろっていないが、筑摩世界文学大系の古い版もあった。さすがに今度はまったく期待していなかった。2週間ほどして、通知が来た。半分ほどは売り物にならないとのこと。残りが売れて、総額で2180円! サービスの期間中とのことで10パーセントアップしてもらっての値段。

 要するに、段ボール箱18箱、800冊以上売って、2180円だったことになる。今、本が売れない。団塊の世代が次々と大学を退職になって、みんなが本の置き場所に困って古本屋に売っている。ますます古本が売れなくなっている。そういうことだろう。

|

« ウィーン・アカデミー管弦楽団のベートーヴェン4・5 私は感動できなかった | トップページ | 2017年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン初日(5月4日) »

コメント

スマホの一件、気味が悪いですね。そんなことがあるなんて‥。誤動作という言葉で済ますには性質が悪い気がします。

投稿: Eno | 2017年4月27日 (木) 17時37分

Eno 様
コメント、ありがとうございます。
あれ以来、スマホをいじるごとにひやひやしています。みんなが「乗っ取りでは?」というのですが、しつこくアップルの相談員に聞いてみても、それは考えられないとのこと。スマホの中のアプリなどが何かの拍子にどこかにつながることがあるそうです。とはいえ、やはり不気味です。

投稿: 樋口裕一 | 2017年4月28日 (金) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/65199896

この記事へのトラックバック一覧です: スマホの不思議な現象 そして古本のこと:

« ウィーン・アカデミー管弦楽団のベートーヴェン4・5 私は感動できなかった | トップページ | 2017年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン初日(5月4日) »