« 2017年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 勝手にベスト5 | トップページ | ツェートマイヤーの無伴奏バッハ 2日目 »

ツェートマイヤーの無伴奏バッハに興奮!

 2017511日、トッパンホールでトーマス・ツェートマイヤーの無伴奏バッハ連続演奏の初日を聴いた。今日は前半に無伴奏ソナタ第一番と無伴奏パルティータ第1番、後半に無伴奏ソナタ第3番。驚異的な名演奏だと思う。自宅に帰った今もまだ興奮している。

 ツェートマイヤーの名前はもちろんずっと前から知っていた。が、なぜか聴かず嫌いだった。ところが、一昨年だったか、武蔵野市民文化会館でカプリースを聴いて驚嘆。いっぺんに大ファンになって、その後、CDを買い込み、繰り返し聴いてきた。そして、今回バッハの無伴奏曲が演奏されるというので、大いに期待してトッパンホールに行ったのだった。そして、期待以上の感動を得た。

 この人の演奏をどう表現すればよいのだろう。きわめて自由な表現。奔放な演奏といってもよいかもしれない。今まで聴いてきたどのヴァイオリニストとも違って、アクセントが強かったり、異常に弱音だったりする。だが、まったく形が崩れない。きわめて正確な音程。きわめて知的な構築。だから、これほど自由に演奏しながら、まったく下品でなく、むしろきわめて高貴な雰囲気が漂う。一つ一つの音に勢いがあり、それが前後の音と絡まって自然に音楽が流れていく。聴くものとしては、ただただ感動し、音の世界に魂を動かされる。

 パルティータ第1番のドゥーブルの表現に驚いた。アルマンドのドゥーブルはまるで囁くようにずっと弱音で演奏した。クーラントのドゥーブルではうってかわって明るく演奏し、サラバンドではふたたび囁くように。そしてブーレではむしろ前半よりも華やかに。そのあたりの構築の仕方が実に理にかなっている。突飛なことをしているように見えて、ひとつひとつにうなずける。単におそろしく上手なヴァイオリニストというだけでなく、おそろしく知的な思想家でもあることがよくわかる。何人もの現代作曲家がツェートマイヤーのために曲を書いているというが、ツェートマイヤーには現代作曲家を引き付けるだけの力があるのだろう。

 私はバッハの無伴奏曲が大好きだが、時に退屈することがある。きっと良い演奏なのだろうと思いつつ、私にはついていけないと思うことがある。だが。ツェートマイヤーの演奏は波乱万丈でスリリングでまったく退屈しない。そうでありながら決してロマンティックというわけではなく、むしろ真正面からバッハを演奏している。これこそがバッハの世界なのだろうと納得させられる。

 アンコールはパルティータ第3番のガヴォット(私は昔々、いやいやヴァイオリンを習わされていたころ、この曲の初心者ヴァージョンを弾いていた!)とソナタ第2番のアンダンテ。これらも素晴らしかった。

|

« 2017年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 勝手にベスト5 | トップページ | ツェートマイヤーの無伴奏バッハ 2日目 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/65267299

この記事へのトラックバック一覧です: ツェートマイヤーの無伴奏バッハに興奮!:

« 2017年ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 勝手にベスト5 | トップページ | ツェートマイヤーの無伴奏バッハ 2日目 »