« オペラ映像「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「ペレアスとメリザンド」「真珠とり」「メリー・ウィドー(フランス語版)」 | トップページ | 岡田博美 異次元の音楽世界 »

読響シンフォニックライブ 川瀬指揮のショスタコーヴィチ第12番はとてもよかった

 201767日、ミューザ川崎シンフォニーホールで、読響シンフォニックライブを聴いた。川瀬賢太郎指揮、田村響ピアノで、前半はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、後半はショスタコーヴィチの交響曲第12番「1917年」。このごろあちこちで名前を聴く二人の若手演奏家だが、私は一度も聴いたことがなかった。

 ラフマニノフは好きな作曲家ではなく、それほど聴きなじんでいるわけではないので、何とも言えないが、私は最後まで腑に落ちなかった。ラフマニノフの曲想に対して、田村のピアノにロマンティックな情感が欠けているように思えた。もちろん意識的にそうしているのだろうが、では、どのような音楽を作りたいのか、私には見えてこなかった。残念ながら、あまり感動しなかった。

 後半のショスタコーヴィチは、とてもおもしろかった。ショスタコーヴィチについても、私は演奏をあれこれ言えるほど聴きこんでいないが、ショスタコーヴィチ特有の神経痙攣の爆発とでもいえるような部分には興奮した。川瀬の指揮はきわめて力感にあふれ、しかもしっかりと整理されていて、とてもよかった。

 ただ、私はショスタコーヴィチの交響曲よりも室内楽曲のほうがずっと好きだ。交響曲はソ連当局やソ連国民を意識しているせいか、韜晦が混じっていて私は素直に感動できない。ヴォルコフの「ショスコタコーヴィチの証言」が現れて、その真偽が問題になる前から、私はそのような思いを抱いていたが、この「証言」の後は、交響曲を聴くごとに私の頭の中は疑問符だらけになる。今回もそうだった。最終楽章は本当に祝祭風なのか、最後のしつこいまでの繰り返しに何か意味があるのか。・・・ただ、オーケストラの力演に押されて、ともあれ納得させられた。

 アンコールはショスタコーヴィチの「タヒチ・トロット(二人でお茶を)」(アメリカのミュージカルソングをショスタコーヴィチが編曲したもの)。とても軽妙でありながらも、ショスタコーヴィチらしさが随所にあってとてもおもしろかった。

|

« オペラ映像「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「ペレアスとメリザンド」「真珠とり」「メリー・ウィドー(フランス語版)」 | トップページ | 岡田博美 異次元の音楽世界 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/65383398

この記事へのトラックバック一覧です: 読響シンフォニックライブ 川瀬指揮のショスタコーヴィチ第12番はとてもよかった:

« オペラ映像「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「ペレアスとメリザンド」「真珠とり」「メリー・ウィドー(フランス語版)」 | トップページ | 岡田博美 異次元の音楽世界 »