«  ヤング+読響+ネマニャのブルッフに感動 | トップページ | 上海に来ている »

ファンクラブ「プレピスカ」によるネマニャ・イベント 楽しいトークとすさまじい演奏

 昨日、2017619日、ヤマハ銀座スタジオでネマニャ・ラドゥロヴィチのファンクラブイベントが行われた。100人以上のファンクラブ会員とゲストが集まり、ネマニャと「悪魔のトリル」の全員の奏者がトークと演奏をした。魅力的なイケメンの天才ヴァイオリニストであるだけに、ファンの9割以上が女性。

 2007年のこと、ラ・フォル・ジュルネのアンバサダーをしていた私はフランスのナントで初めてネマニャを聴いてぞっこんほれ込み、アンバサダーの仕事として、その数か月後に行われる日本のラ・フォル・ジュルネに向けて、最大の呼び物はこのヴァイオリニストだとあちこちで触れ回った。実際に、日本でも驚異のヴァイオリニストとしての実力を示してくれた。その数年後、ファンクラブを立ち上げようと呼びかけたのも私だった。そして、数年前まで私がクラブの会長だった。それだけに思い入れもある。

 昨日は一般の客としてイベントに参加した。人懐こい、率直な青年。あれこれのファンの質問に笑いをとりながら答え、悪魔のトリルのメンバーへの気遣いも忘れない。上手な司会、てきぱき回すスタッフ(ファンクラブの方々)もあって、実に楽しい時間を過ごすことができた。ここに書いてはいけないかもしれないので詳しくは書かないが、ネマニャの新譜の発表もあった。

 その後、演奏。バッハのシャコンヌの弦楽伴奏つきから始まった。その後、モーツァルト「アダージョとロンド」、ベリオ「バレエの情景」、映画「シンドラーのリスト」、モンティ「チャルダーシュ」。すべて、ネマニャの友人でもある作曲家セドラルの編曲による弦楽ヴァージョン。

 シャコンヌについては、私自身の好みからすると無伴奏のほうがずっと迫力があるのだが、そのあとはぐんぐんと惹かれていった。研ぎ澄まされた音による魂を揺り動かすスケールの大きな躍動。音楽のエッセンスを捉え、しかも観客をひきつける構成、すべてが圧倒的に素晴らしい。感動を声や動きに表す女性も多い。「バレエの情景」と「チャルダーシュ」がとりわけ素晴らしかった。

 この人が弾くと、クラシック音楽がなまなましく生き生きとしたロックのようなノリノリの曲になる。しかも、音があまりに透明で音楽の本質をぐっととらえているので、まったく卑俗にならない。それどころか卑俗と思われている曲までもが高貴に響く。魂の高貴さが曲に現れているように思える。

 演奏の後は観客から抽選で6名が当たって舞台上でネマニャに直接プレゼントをもらえた。が、私はこのあたりになると、ファンの女性パワーについていけなくなる。

 

 少し、近況を書いておく。

 実は猛烈に忙しい。今月の16日は鹿児島で仕事だった。15日に鹿児島入りし、少しだけ観光をした。フェリーで桜島に行き、「サクラジマ アイランドビュー 1日乗車券」によって1時間ほどのバスによる周遊を行って、湯のひら展望台まで行った。合計2時間程度の桜島見物だった。ホテルで一休みして、その後、夕方からは錦江湾高校の先生方に招かれておいしい鹿児島料理をごちそうになり、翌16日、錦江湾高校で高校3年生対象の特別授業、その後、先生方対象の講演をおこなった。気持ち良く話すことができ、何から何までお世話をいただいた。私は鹿児島市を訪れるのは初めてだった(奄美大島と喜界島は仕事で訪れたことがある)が、とても鹿児島が好きになった。

 その後、ネマニャのコンサートがあり、多摩大学での仕事があり、東進ハイスクールでの収録があった。明日からは短い日数の海外旅行を予定しているために、ますます忙しいが、これについては甘んじるしかない。

|

«  ヤング+読響+ネマニャのブルッフに感動 | トップページ | 上海に来ている »

コメント

樋口先生
イベントの進行役をいたしましたTamakiです。スタッフとしての反省点は多々あるものの、ネマニャたちや音楽好きな皆さまとともにとても素晴らしい時間が過ごせました。手前味噌ですが、非営利のファンであるからこそできたこともあったかと思います。ネマニャとトリルズ、マネジメントサイドの寛容なご協力はもちろんですが、そもそも「プレピスカ」を樋口先生に発起していただいたおかげです。今後もご指導のほどどうぞよろしくお願いいたします!

最後に樋口先生のブログ読者さまに宣伝?ですが、ご興味のある方は
非営利のネマニャオフィシャルファンクラブ「プレピスカ」で検索!ご入会をお待ちしています♪本人から発表があった待望の新譜情報もプレピスカのページでご覧いただけます。

投稿: Tamaki | 2017年6月29日 (木) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/65434624

この記事へのトラックバック一覧です: ファンクラブ「プレピスカ」によるネマニャ・イベント 楽しいトークとすさまじい演奏:

«  ヤング+読響+ネマニャのブルッフに感動 | トップページ | 上海に来ている »