« オペラ映像「ローエングリン」「ダナエの愛」「パルジファル」 | トップページ | 2冊の本「≪ニーベルングの指環≫教養講座」(山崎太郎)と「ひとりヴァイオリンをめぐるフーガ」(パパヴラミ)、そして拙著のこと »

ゴバディ監督の映画 「サイの季節」「酔っぱらった馬の時間」「わが故郷の歌」「亀も空を飛ぶ」「ペルシャ猫を誰も知らない」に圧倒された

 ものすごい映画監督を初めて知った。バフマン・ゴバディというイラン出身のクルド人監督。イラン映画を何本か見ていくうちに、「サイの季節」をみて、とてつもない映画だと思った。ゴバディ監督の映画をたて続けに見た。どれも素晴らしい。世界の名匠の一人だと思った。感想を書く。

 

51avnbyv9hl__sy90_


「サイの季節」 2012年

 冒頭からあまりの映像の美しさに圧倒された。ポエジーにあふれている。すべての画面の映像美に酔いしれる。私がこれまで見たすべての映画の中のベストテンに入るかもしれない。

 セリフが少ない。少ないセリフから何が起こっているのかを推測するしかない。しかも、どこまでが現実でどこからが幻想なのか曖昧なところもある。

ともかく、イラン革命期、反体制的な詩を書いたという理由で投獄されていた詩人サヘル(ベヘルーズ・ヴォスギー)が30年ぶりに解放されたところから始まる。イスタンブールに暮らす妻ミナ(何とモニカ・ベルッチが演じている!)を探し当てるが、自分は死んだことにされており、妻には二人の子供がいるので名乗り出ることができない。革命前に若きミナに横恋慕していた運転手アクバル(ユルマズ・エルドガン)が革命の混乱で権力者になり、ミナを手に入れるために、サヘルを陥れたことが徐々にわかってくる。しかも、アクバルは夫と同時期に投獄されていたミナに目隠しをし、夫サヘルだと思わせて性交渉をする。その時に受胎したのがミナの双子の子供だった。サヘルは娼婦になったミナの娘と交流を持ち、それと知らずに交わってしまう。あとになってそれに気付く。アクバルを見つけ出し、車に乗せてともに死を選ぶ。

三人の主人公の目の演技が凄まじい。とりわけ、サヘルを演じるヴォスギーの存在感が半端ではない。少ないセリフと表情ですべてをわからせる、しかも、それが少しも不自然ではない。ヒルや亀やサイが登場する。その不気味な形状や動きが生々しい生命を強く感じさせる。生きる者の業、悲しみ、社会の混乱に翻弄される人々の生きざまが詩的に描かれる。モニカ・ベルッチの美しさにも改めて感嘆した。

 

21pam3mqfkl__sy90_


「酔っぱらった馬の時間」 2000年

 イランとイラクの国境の荒れ果てた山岳地帯に住んで、イラクへの密輸で暮らしを立てるクルド人の家族。母はお産で死に、父は地雷で死ぬ。子どもたち5人が残される。しかも、子どもの一人には障害がある。しっかりした男の子が密輸の荷物運びで働き、一家を支える。

 極寒の中での馬(字幕ではラバとなっていた)を使っての密輸なので、ラバが凍えないように酒を飲ませる。そこからこのタイトルができている。警備兵に追われて、酔っぱらったラバたちが雪の中をよたよたと動く場面は滑稽であり、悲惨であり、しかも生命を感じさせる。

 初めに字幕が出る。これがクルドの現実らしい。過酷な現実が描かれる。少年と、その妹が中心に話が展開するが、お涙頂戴の感傷的なかわいそうな映画ではなく、過酷な現実の中に生きる子どもたちの真実の映画。障害のある子どもは過酷な現実を十分に理解せず、しかも過酷さに直面すると苦しみを表に出す。おそらく演技ではないのだと思うは、実に凄まじい場面だ。

 ポエティックで圧倒的な映像美だった「サイの季節」とはまったく作風が異なって、あくまでリアルに徹しているが、これもまた名作だと思った。

 

21e19jpwbyl__ac_us160_


「わが故郷の歌」 2002年

 クルド人の誰もが知る有名な老歌手ミルザが自分を裏切って出ていった元妻ハナレから助けを求められ、二人の中年の息子とともに難民キャンプにいるというハナレに会いに行く様子を描くある種のロードムービー。

しかし、アメリカのロードムービーなどと違って、三人が進むのは、イラン・イラク戦争中にイラクからの攻撃を受ける戦場となっている国境付近の山間部であり、雪の岩山でもある。まさに過酷。しかも、これが作りごとではなく、クルド人の現実らしい。

三人の珍道中にはユーモアがあり笑いがあるが、強盗に襲われて身ぐるみはがされたり、爆撃にあったり、虐殺された死体を掘り起こす現場に居合わせたり。しかも、ハナレの願いというのは、戦争で夫を亡くし、化学兵器のために容姿を失い、声が出なくなったために育てられなくなった娘をミルザに託すことだった。生と死が隣り合うところで必死に生きる人々の悲しみと喜びと怒りの入り混じった生そのものが伝わってくる。

「サイの季節」や「酔っぱらった馬の時間」ほどの感銘は受けなかったが、映像は美しく、クルドの人々の生きざまを目の当たりにでき、しかも歌もふんだんに聴ける。これをクルド人の映画監督が作ったことに驚く。描かれるのは殺伐とした世界だが、その映像美と手法は斬新でしかもきわめて芸術的。ゴバディ監督はとてつもない天才だと思う。

 

21gf7hcuwul__ac_us160_


「亀も空を飛ぶ」 2005年

 岩波ホールで公開されたらしいが、私は今回、DVDで初めてみた。いやはや凄まじい映画。

少女が断崖から身投げする冒頭の場面から衝撃的。イランのクルド人の住む荒れ果てた山間部の子どもたちが描かれる。まるで大人のように生きる孤児たち。そこに三人のきょうだいにみえる子どもたちがいる。両手のない少年とその妹アグリン、そして幼児。幼児は実はアグリンがイラク兵にレイプされて産んだ子供だった。アグリンは自分の子どもを憎み、かわいがろうとしない。そのアグリンに少年たちのリーダー格のサテライトが恋をして、何かと助けようとする。だが、アメリカがイラクへの攻撃を開始し、サダム・フセイン政権が倒れてアメリカ兵がやってきた日、少女は息子を池に投げ込み、自らも自殺する。

 両手のない子は未来を予言する能力を持っているという設定になっている。監督自身が魔術的リアリズムを使いたかったことをメイキング映像で明かしている。そのような非リアルな状況設定を行うことで、魔術的なリアリズムが拡大鏡のように働いて、いっそう過酷な現実がリアルになる。

 実際のクルド人の村人や孤児たちを使って撮影されたらしい。両手のない子も実際にそのままの姿だ。それだけに本当にリアル。単なる反戦映画でも、かわいそうでけなげな子どもたちの物語でもない。人間のリアルそのもの、クルド人のリアルそのものをたたきつけてくる。なお、「亀も空を飛ぶ」というタイトルは、不可能なことはないという意味らしい。平和を祈り、子どもたちの将来の幸せを祈ることばだろう。

 

51cewldjizl__sy90_


「ペルシャ猫をだれも知らない」 2009年

 大都会テヘランでインディー・ロックを演奏する若者たちを描いた作品。これまで見たゴバディの映画とまったく雰囲気が異なる。

青年アシュカンとその恋人ネガルはイラン国内では演奏の許可が出ないのでロンドンに出ようとしている。あれこれ手をまわして、偽造パスポートの作成を依頼し、ロンドンに出る間際となるが、偽造パスポート作成者は逮捕され、アシュカンが立ちよったパーティが警察の手入れを受けて、アシュカンは窓から逃げ出そうとして転落し、命を失う。

実際のミュージシャンが演じているという。音楽を演奏できず、映画も自由に作ることができず、犬や猫が室外に出ることも禁止されたイラン社会の閉塞感とそこから脱出しようとする衝動がよくわかる。重いテーマを扱っているが、昔のアメリカ映画「イージーライダー」にも似て、古い社会に穴をあけて新しい社会を築こうという意志が明確に描かれるので、これを見る者は決して暗い気分にはならない。タイトルは、ペットの室外への持ちだしさえもが禁じられているイラン社会において、室内にいるペルシャ猫が外からは知られていないことを意味しているという。これもなかなかの名作だと思った。

|

« オペラ映像「ローエングリン」「ダナエの愛」「パルジファル」 | トップページ | 2冊の本「≪ニーベルングの指環≫教養講座」(山崎太郎)と「ひとりヴァイオリンをめぐるフーガ」(パパヴラミ)、そして拙著のこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/65660620

この記事へのトラックバック一覧です: ゴバディ監督の映画 「サイの季節」「酔っぱらった馬の時間」「わが故郷の歌」「亀も空を飛ぶ」「ペルシャ猫を誰も知らない」に圧倒された:

« オペラ映像「ローエングリン」「ダナエの愛」「パルジファル」 | トップページ | 2冊の本「≪ニーベルングの指環≫教養講座」(山崎太郎)と「ひとりヴァイオリンをめぐるフーガ」(パパヴラミ)、そして拙著のこと »