« ネトレプコは今回も凄かった | トップページ | レイ・チェンのバッハの無伴奏ヴァイオリン全曲演奏 何度か魂が震えた »

映画「三度目の殺人」 三度目の正直としての嘘

「三度目の殺人」(是枝裕和監督)を見た。評判にたがわず、とてもおもしろかった。

強盗殺人の被告(役所広司)と弁護を引き受けた敏腕弁護士(福山雅治)を中心にした法廷劇。被告の証言は二転三転し、初めは犯行を認めていたのに、途中から否認し始める。そこには、殺された男の娘(広瀬すず)が関係していたらしい・・・。ストーリーについてこれ以上書くと「ネタバレ」になるので、くわしくは書かない。いずれにしても、見ているうちに、何が真実なのか、真実があるのかどうか、わからなくなっていく。まるで、ピランデッロの戯曲のよう。ピランデッロ好きの私は、こんな映画が大好き。

被告は「器」のような人間で、相手の考えに合わせて自分を変えていく。二転三転する証言も、相手に合わせて、答えてほしいことを語っているようだ。最後のほうで明らかになる「真相」らしいことも、もしかしたら敏腕弁護士が想像したことを語っているだけかもしれない。被告と弁護士のふたりの映像が重なり合うが、まさにそのことを意味しているだろう。

殺された男の娘が語るように、裁判所というところはだれも真実を語らないところだ。検事、弁護士、裁判官が、それぞれが自分の役割と自分の都合にしたがって、真実とは異なることを求め、語る。真実の究明ではなく、真実を求めるふりをしての、ある種の「ごっこ」が行われる。そして、真実を知らないのだから裁く権利など誰にもないのに、被告を裁く行為がなされる。

しかし、それは裁判所だけのことなのか。現実社会全体も同じような仕組みになっている。多くのことが、真実によって動くのではなく、真実らしいことを手玉に取っているだけのことだ。真実は、映画の中で語られる象(目の不自由な人は、象の鼻を触った人としっぽを触った人とによってまったく異なる姿を思い描く)のように、見る人によって異なる。しかも人は自分の都合の良いようにうそをつく。何が真実なのかわかりようがない。次第に、真実らしいことを手玉に取るだけになり、しかも、それによって他者を判断し、時に断罪する。

映画を見ながら、そのようなことを考えた。

ところで、タイトルの「三度目の殺人」にどのような意味があるのだろう。映画を見る前には、被告は三度、殺人事件を起こすのだろうと思っていた。が、見終えて思いかえすに、二度しか事件を起こしていない。そうすると、「二度目の殺人」のはずではないか。

で、ふと思いついた。これは「三度目の正直」という言葉とかけているのではないか。被告は、最初は「強盗殺人の単独犯」を自白する。二度目は「依頼殺人」を語る。そして、三度目、被告は「三度目の正直」として、どうやら真相と思われてきた事実を否定し、自分の殺人を否認する。しかも、どうやらこれは嘘らしい。まさしく、「三度目の正直としての嘘」ということになる。だから、このタイトルがついているのではないか。もちろん、これは私のちょっとした思い付きでしかないが。

シナリオも無駄がなく、ストーリーを追いかけるだけでなく、複雑なテーマを織りなしていく。映画の中には、タイトルのほかにも、考えたくなるテーマ(カナリアは何を意味する? 十字架は何を意味する?)がある。もう少し考えると、それらの謎についても自分なりに答えが出そう。そのような解釈を深めていきたくなる映画だ。

役者たちがみんなとても素晴らしい。役所もいいし、福山もいい。橋爪功はもちろん、吉田鋼太郎、満島真之介、市川実日子、斉藤由貴(もし、この人が不倫問題で芸能界から離れるとなると、とても残念だ)もみごと。映画の力を堪能した。

|

« ネトレプコは今回も凄かった | トップページ | レイ・チェンのバッハの無伴奏ヴァイオリン全曲演奏 何度か魂が震えた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/65850599

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「三度目の殺人」 三度目の正直としての嘘:

« ネトレプコは今回も凄かった | トップページ | レイ・チェンのバッハの無伴奏ヴァイオリン全曲演奏 何度か魂が震えた »