« 映画「三度目の殺人」 三度目の正直としての嘘 | トップページ | 新国立劇場「神々の黄昏」 すべてがそろった世界的名演に感涙した »

レイ・チェンのバッハの無伴奏ヴァイオリン全曲演奏 何度か魂が震えた

 2017930日、サントリーホールでレイ・チェンによるバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、パルティータ全曲演奏を聴いた。素晴らしい演奏だった。

 レイ・チェンは1989年、台湾生まれのヴァイオリニスト。メニューイン・コンクール、エリザベート王妃国際コンクールで優勝して話題になっている。「若き貴公子」といわれているらしい。実際、女性客が圧倒的に多かった。

 きわめて正統派の演奏。バッハの無伴奏曲の演奏には、大きく分けて「楷書風」と「草書風」があると言われるが、チェンは「楷書」の典型。一音一音を無駄にせず、正確に的確に弾いていく。音そのものが美しい。どこかを特に強調したり、あるいは流したりしない。しかし、音が綺麗で、細かいニュアンスが豊かで、素直に率直に音楽を描くので、スケールが大きくなる。個性的なことは特にしないのだが、まったく無駄がなく、理詰めで音楽が進んで、しかもスケールが大きいので、聞き手を引き付ける。私の好きなタイプのバッハ演奏だ。細かいミスはいくつかあったが、たいした問題ではない。

 全体的には、私はパルティータよりもソナタのほうが気に入った。おおらかに真正面からぶつかるソナタのほうが、レイ・チェンには合っているように私には思えた。逆に言えば、まだ舞曲で遊ぶだけの精神的余裕がレイ・チェンにはないのかもしれない。が、率直に真正面からバッハの音楽を演奏しているのが、私には素晴らしく思える。

 最後にパルティータ第2番が演奏された。シャコンヌでは、これまで抑えてきた情熱を最後に叩きつけるかのよう。しかし、リズムも音色も崩れない。楷書のまま高揚していく。何度か魂が感動に震えた。

 日本人だけでなく、東洋系の優れた演奏家が次々と現れる。うれしいことだ。

|

« 映画「三度目の殺人」 三度目の正直としての嘘 | トップページ | 新国立劇場「神々の黄昏」 すべてがそろった世界的名演に感涙した »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/65857651

この記事へのトラックバック一覧です: レイ・チェンのバッハの無伴奏ヴァイオリン全曲演奏 何度か魂が震えた:

« 映画「三度目の殺人」 三度目の正直としての嘘 | トップページ | 新国立劇場「神々の黄昏」 すべてがそろった世界的名演に感涙した »