« 風の丘HALL公演 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 大人の世界に対する子どもの世界の反乱 | トップページ | スリランカに来ている »

ユロフスキ+ロンドン・フィルノチャイコフスキー 私の好みの演奏ではなかった

 20171011日、東京文化会館で を聴いた。実は会場を間違えてサントリーホールに行ったため、遅刻した。我ながら情けない! 年に一度くらいこんなことがある。そのため、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲は聴けなかった。前半は最後尾の席で聴いた。

 曲目は、そのほか、辻井伸行が加わってラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。後半にチャイコフスキーの交響曲第5番。

 しばらく前から、ユロフスキを聴きたいと思っていた。グラインドボーン音楽祭で上演されたDVDによるワーグナーを聴いて、実はあまり気に入らなかったのだが、途中に盛り上げ方などがとても気になった。一度、実演を聴きたいと思っていた。

 ところが、 残念ながら、やはり私の好きな演奏ではなかった。 ラフマニノフもチャイコフスキーも、私には求心力がないように聞こえる。時々、一本調子な感じがする。盛り上がっていくし、それはそれでダイナミックであり、情熱的なのだが、なんだかちぐはぐな感じがしてしまう。ロシア音楽風にもなっていないし、だからといってそれを超える魅力も感じることができなかった。

 グラインドボーン音楽祭のDVDを思いだした。同じような印象だった。じっくりと盛り上がっていかず、突然、盛り上がってしまって、私にはついていけない気がしてしまう。

 辻井伸行のピアノについても、私はあまりおもしろいとは思わなかった。ラフマニノフは私の好きな作曲家ではないので、もちろんよくはわからないのだが、もっと絢爛豪華にやるか、もっとロマンティックにやるか、あるいは内向的にやるか、何かしら自己主張してくれないと、聴いていてよくわからない。

 アンコールは「エフゲニー・オネーギン」の第三幕のワルツ。もちろんとても良い演奏。ロンドフィルの実力が良くわかる。だが、この曲についても、私には何をしたいのか、よくわからなかった。

 なんだかよくわからないままコンサートが終わった印象。もちろん、良い演奏だと思う。大喝采が続いていた。が、少なくとも私の好みの演奏ではなかった。

|

« 風の丘HALL公演 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 大人の世界に対する子どもの世界の反乱 | トップページ | スリランカに来ている »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/65905933

この記事へのトラックバック一覧です: ユロフスキ+ロンドン・フィルノチャイコフスキー 私の好みの演奏ではなかった:

« 風の丘HALL公演 オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 大人の世界に対する子どもの世界の反乱 | トップページ | スリランカに来ている »