« ペルゴレージ「オリンピーアデ」 完成度の高い見事な上演 | トップページ | ネルソンス+ボストン ショスタコーヴィチの凄まじさ »

ハンガリー国立歌劇場公演「ランメルモールのルチア」 若手中心のキャスト

2017116日、武蔵野市民文化会館大ホールでハンガリー国立歌劇場公演「ランメルモールのルチア」をみた。武蔵野でのオペラは若手中心のキャストであることが多い。よそ行きの公演ではなく、ふだん現地で行われているレベルのオペラが楽しめる。その意味では、とてもよかった。

未知の人ばかりだが、歌手陣ではそろっている。エンリーコのミケーレ・カルマンディが悪役にふさわしい張りのある声。若いのに容貌も風格がある。エドガルドのイシュトヴァン・ホルヴァートもしっかりした美声、アルトゥーロのティボル・サッバノシュも、少し声は弱いが、美声には魅力がある。ライモンドのクリスティアン・チェルは、ちょっと音程に不安定さを感じたが、それでもしっかりしたよい声。

 ルチアのエリカ・ミクローシャは、きれいな声と清楚な容貌はとても魅力的だが、声に威力がものたりない。ルチアを歌うにはもう少し圧倒的な声の力がほしい。

 マーテー・サボ-の演出はきわめて穏当。取り立てて目新しいところはないが、存在感はあり、美術的にもなかなかきれい。

 もっとも問題が大きかったのは指揮のバラージュ・コチャールだろう。丁寧に歌を伴奏するのはいいのだが、狂乱の場になっても、残酷な場面でも一本調子で、ドラマティックなところがない。歌手陣はかなりのレベルなのに、少しも盛り上がらなかったのは指揮のせいだろう。「ルチア」でこれでは辛い。

 少々欲求不満だった。

|

« ペルゴレージ「オリンピーアデ」 完成度の高い見事な上演 | トップページ | ネルソンス+ボストン ショスタコーヴィチの凄まじさ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/66012647

この記事へのトラックバック一覧です: ハンガリー国立歌劇場公演「ランメルモールのルチア」 若手中心のキャスト:

« ペルゴレージ「オリンピーアデ」 完成度の高い見事な上演 | トップページ | ネルソンス+ボストン ショスタコーヴィチの凄まじさ »