« 映画DVD「過去のない男」「街のあかり」「パラダイス・ナウ」「歌声にのった少年」「クーリエ」 | トップページ | 京都と姫路 「美濃吉」、映画「幸せな人生の選択」、智積院、姫路城 »

ポンマー+札響のベートーヴェン6番5番 好きな演奏ではなかった

 201826日、サントリーホールで札幌交響楽団東京公演を聴いた。指揮はマックス・ポンマー。今年の3月で首席指揮者を務めたわけだが、私は、初めてこの指揮者の演奏を聴いた。曲目は前半にベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。後半に第5番(運命)。

 結論から言って、あまり好きな演奏ではなかった。

 オーケストラは素晴らしいと思った。とりわけ弦楽器と木管楽器はとてもいい。きれいな潤いのある音。オーボエが特に美しいと思った。尾高忠明やエリシュカと演奏するうち、札響は素晴らしいオーケストラになったのだと改めて思った。

 ただポンマーの指揮のリズムが私には理解しがたかった。リズムが安定せず、私にはきわめて恣意的に聞こえる。特有のリズムとして魅力的に響くところもあるが、リズムが崩れる感じがして、私はついていけない。「田園」ではまだ気にならなかったが、「運命」の、とりわけ第2楽章でリズムが安定しないと、音楽の構造が曖昧になり、ぐにゃぐにゃになるのを感じた。アンコールはバッハの「アリア」だったが、それも同じ感じ。メロディを強調するあまり、リズムが不安定になっているように私には思える。

 明日、私用で関西に行かなければならないので、早々に会場を後にした。

|

« 映画DVD「過去のない男」「街のあかり」「パラダイス・ナウ」「歌声にのった少年」「クーリエ」 | トップページ | 京都と姫路 「美濃吉」、映画「幸せな人生の選択」、智積院、姫路城 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/66365892

この記事へのトラックバック一覧です: ポンマー+札響のベートーヴェン6番5番 好きな演奏ではなかった:

« 映画DVD「過去のない男」「街のあかり」「パラダイス・ナウ」「歌声にのった少年」「クーリエ」 | トップページ | 京都と姫路 「美濃吉」、映画「幸せな人生の選択」、智積院、姫路城 »