« バティストーニ+東フィルの「カルミナ・ブラーナ」 アマチュアっぽかったが、大いに感動! | トップページ | アルモドバル監督の映画 »

METライブビューイング「愛の妙薬」2017-18 最高に楽しい舞台!

 METライブビューイング「愛の妙薬」をみた。最高に楽しい上演だった。世界の最高レベルの人が結集すると、これほど楽しい舞台ができ上がるのか!と改めて知らされた。

 やはりネモリーノを歌うマシュー・ポレンザーニが圧倒的に素晴らしい。「人知れぬ涙」は息をのむ凄さ。声を大きく張り上げるのではなく、むしろ柔らかい声で繊細に、抒情的に表現している。そして、ドゥルカマーラのイルデブランド・ダルカンジェロもさすがの貫禄。初めの部分では全盛期の輝かしさを失ったのかと思ったが、その後の声の張りは見事。このペテン師でありながらも憎めない役を楽しく不気味に演じて、素晴らしい。ポレンザーニといい、ダルカンジェロといい、歌唱だけでなく演技力にも感服。

 アディーナ役のプリティー・イェンデも新人とは思えない美しい声と演技。南アフリカ出身だという。ここまでかなりの苦労があったのだろう。ベルコーレのダヴィデ・ルチアーノは若いバリトンだが、ポレンザーニやダルカンジェロに一歩も引けを取らない歌。

 指揮はドミンゴ・インドヤーン。初めて聴く指揮者だが、メリハリがあり、生き生きとしていてとても良かった。演出はバートレット・シャー。最高に楽しく、しかも美術品のように美しい舞台。

 このオペラを見ると、しばしばアディーナが突然、ネモリーノにやさしくなるのが不自然に感じられる。また、なぜこんなおバカな男をアディーナが愛しているのか納得いかないと感じることも多い。が、今回の演出で見ると、そのあたりの説明が仕草によってとてもわかりやすかった。また、ネモリーノはそれはそれで魅力的な男性に描けていた。

 さすがMET! と、ライブビューイングを見るごとに思うが、今回もその思いを強くした。

|

« バティストーニ+東フィルの「カルミナ・ブラーナ」 アマチュアっぽかったが、大いに感動! | トップページ | アルモドバル監督の映画 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/66464968

この記事へのトラックバック一覧です: METライブビューイング「愛の妙薬」2017-18 最高に楽しい舞台!:

« バティストーニ+東フィルの「カルミナ・ブラーナ」 アマチュアっぽかったが、大いに感動! | トップページ | アルモドバル監督の映画 »