« 映画「モリのいる場所」 一本締めの場面に涙しそうになった | トップページ | カンブルラン+読響のベートーヴェン7番 何度か感動が身体を走った »

東京・春・音楽祭2018の「ローエングリン」 素晴らしい歌手陣

201845日、東京文化会館で、東京・春・音楽祭の「ローエングリン」(演奏会形式)を聴いた。

歌手陣が世界最高のワーグナーを聴かせてくれた。その中でもやはりローエングリン役のクラウス・フロリアン・フォークトが圧倒的。やわらかい自然な声。少しも力んでいないのにホール中に響き渡る。あまり英雄的ではなく、やさしく人間的な声だが、これも一つのローエングリンのあり方だろう。第三幕の語りの部分はとりわけ素晴らしかった。

オルトルートのペトラ・ラングも声の迫力もさることながら、演技力も圧倒的。強靭な声でありながら、色気もあり妖艶さもある。まさしくふてぶてしく不気味なオルトルート。素晴らしい歌手だと思う。そのほか、律義な悪役テルラムントをエギルス・シリンスが最高の声で歌い、ハインリヒ王のアイン・アンガーも威厳ある王を歌って見事。これらのベテラン歌手たちの中では、エルザのレジーネ・ハングラーはやや若さを感じたが、それでも初々しく、しかも清澄な声で、まったく不満はなかった。伝令役の甲斐栄次郎もほかの主役格にまったく引けを取らなかった。

 ライナー・キュッヒルがコンサートマスターを務めるNHK交響楽団もよかった。第一幕の前奏曲の精妙さはとりわけ感動的だった。第三幕の前奏曲もさすがの迫力。

と言いつつ、実は私はあまり感動できなかった。ウルフ・シルマーの指揮に少々不満を覚えた。シルマーはとてもよい指揮だと思っているのだが、今回は、手際よくオーケストラをコントロールして、小気味よいほどに切り込んでいくものの、ワーグナー特有のうねりや豊かさや官能性を感じなかった。かなり快速で、余裕のないワーグナー。「ローエングリン」なんだから、もう少し音楽に酔わせてほしい。テキパキ進みすぎて、少しも酔うところがなかった。

 感動できなかったのには、もう一つ原因があった。私から近い席の男性(三人組でやってきて、中国語で話していたようだ)が第三幕の演奏中、何度もスマホをいじっていた。どうやらずっと録音していたようだ。しばしばスマホに明かりがつくので気が散った。注意をするには少し席が遠かったが、何度かやめるように言おうかと思った。そう思っていると、ますます音楽に集中できなくなった。

 中国人のマナーはなっていない、などと決めつける気はないが、中国の人がこのような行為をすると、いっそう中国人が誤解されてしまうと思う。

 しかし、私の不満はないものねだりのうちだろう。素晴らしい歌手たちの声を聴けただけでもとても満足な時間を過ごすことができた。

|

« 映画「モリのいる場所」 一本締めの場面に涙しそうになった | トップページ | カンブルラン+読響のベートーヴェン7番 何度か感動が身体を走った »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/66579295

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・春・音楽祭2018の「ローエングリン」 素晴らしい歌手陣:

« 映画「モリのいる場所」 一本締めの場面に涙しそうになった | トップページ | カンブルラン+読響のベートーヴェン7番 何度か感動が身体を走った »