« ブロムシュテット「幻想」 音楽美にあふれ、律動にあふれた演奏に感動 | トップページ | METライブビューイング「セミラーミデ」 歌手たちの超絶技巧に酔い、ロッシーニの躍動する音楽に心躍らせた »

東京・春・音楽祭 ロッシーニ「スターバト・マーテル」 私がロッシーニに退屈するなんて!

2018415日、東京文化会館で東京・春・音楽祭、スペランツァ・スカップッチの指揮、東京都交響楽団によるロッシーニ「スターバト・マーテル」のコンサートを聴いた。本曲の前にモーツァルトの交響曲第25番が演奏された。

率直に言って、私はスペランツァ・スカップッチの指揮に強い不満を抱いた。遠目にはかなり若くてきれいな女性指揮者。大喝采が起こっていたので、私のきわめて個人的な趣味かもしれないが、私は不満という以上に、むしろ「不快」を感じたのだった。

まず、交響曲第25番の第1楽章で私は不快に思った。たびたびテンポを極端に落として、メリハリをつけようとする。モーツァルトの、しかも若書きの曲にそれをやってしまうと、まったく疾走感がなくなり、音楽が停滞してしまう。第2楽章以降も、かなり遅めのテンポであれこれいじる。ロマン派の曲ならともかく、古典派の曲でこのような演奏をされると、私としてはかなり違和感を覚える。

めあての「スターバト・マーテル」では、そのような傾向がいっそう目立った。ロッシーニのこの曲をかなり大袈裟に大仰に演奏。全体的にテンポが異様に遅い。ロッシーニ特有の軽やかさがなく、重くなる。生気がなく、エネルギーがない。しかも、ずっと同じように遅いテンポであれこれいじるので、むしろ一本調子になる。

「スターバト・マーテル」とはいえ、ロッシーニのこの曲はほとんどオペラのようにそれぞれの歌手や合唱の歌の披露という面がある。曲想によって、速いテンポを求めている部分があるはずだ。それをずっと同じような調子で演奏されると、むしろ退屈してしまう。ロッシーニ好きの私がロッシーニの曲に退屈するなんて! 私は退屈しながらも眠ることはなかったが、私の周りでも居眠りしている人が大勢いた。

 終曲ではかなりもりあげた。このような荘厳な盛り上がりを求めて、遅いテンポにしたのかもしれない。だが、全体が遅いと、むしろ盛り上がらない。私がロッシーニに求めている生気あふれる快活さ、快活さの中の明るい信仰心はまったく感じられなかった。今年の初め、ジェームズ・ジャッド指揮、新日フィルの素晴らしい演奏で聴いたのとは同じ曲とは思えないほどのつまらなさだった。

歌手陣は文句なく素晴らしい。ソプラノのエヴァ・メイとメゾ・ソプラノのマリアンナ・ピッツォラート、バスのイルダール・アブドラザコフはこれ以上はないと思われるほどの最高の歌声。テノールのマルコ・チャポーニはちょっと音程が怪しいところを感じたが、もちろん見事な声。そして、東京オペラシンガーズの合唱も音程がよく、声も伸びていて見事。都響もしっかりした音。演奏については、指揮以外はまったく不満はなかった。

もういいトシになったので、なるべくいろいろなことに寛大になりたいと思い、様々な音楽の解釈を許容したいと思うのだが、今日のような演奏をされると、私としてはやはり「我慢ならん」に思ってしまう。なかなか「いいジイさん」になれない。

|

« ブロムシュテット「幻想」 音楽美にあふれ、律動にあふれた演奏に感動 | トップページ | METライブビューイング「セミラーミデ」 歌手たちの超絶技巧に酔い、ロッシーニの躍動する音楽に心躍らせた »

音楽」カテゴリの記事

コメント

芸術と言うものの定義は難しいものだなと記事を読んで思いました。

多数派に受けるものが良しとされるのか。
確かに、人間の生活するある程度の環境と言うものは「地球」と言う同一の惑星で、生物学上同じ種として分類される遺伝子を持つ以上、快感、美しい、楽しい、優雅、と感じるものの大枠は一致していて当然なのだから、冒頭の問いかけにはYesと答えるべきなのかもしれません。少なくとも大衆を集め、対集団に対しお金を要求し芸術を披露するのであれば。

でももしもそれがもっと自由なもので、もしもその指揮者にはその指揮者なりの世界があり、我が芸術を貫いていたとしたらーと、勝手に一つの壮大な物語を思い描かせていただきました。

楽しかったです。ありがとうございました。

投稿: 羽森美央 | 2018年4月16日 (月) 15時38分

羽森美央 様
コメント、ありがとうございます。
指揮者は間違いなく、確信をもって自分の世界を作っているのだと思います。そして、それを支持する方も多いと思います。私はその指揮者が「下手だ」などと思ったわけではありません。スケール大きく描いていました。それはそれで見事だったのだと思います。ただ、私はその解釈が気に入らなかったにすぎません。私の考えからすると、そのように演奏すると、せっかくのモーツァルトやロッシーニの魅力(というのはほかでもなく、私がモーツァルトやロッシーニのこの曲の好きな点)が消えてしまうと思ったからなのでした。私はそのようにして音楽を聴き、しばしば感動し、しばしば「私の考えとは異なる」と思って退屈したり、つまらないと思ったりして、それを素直にこのブログに書いています。もちろん、私は演奏家の「評価」をしているつもりはありません。私は演奏家を「評価」できるほどの見識も知識も持っていません。あくまでも私の主観的な考えを書いているにすぎません。誤解なさいませんようにお願いします。

投稿: 樋口裕一 | 2018年4月17日 (火) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/66614968

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・春・音楽祭 ロッシーニ「スターバト・マーテル」 私がロッシーニに退屈するなんて!:

« ブロムシュテット「幻想」 音楽美にあふれ、律動にあふれた演奏に感動 | トップページ | METライブビューイング「セミラーミデ」 歌手たちの超絶技巧に酔い、ロッシーニの躍動する音楽に心躍らせた »