« 上岡+新日フィル チャイコフスキー第5番に内省を聞き取れなかった | トップページ | 「オリー伯爵」「ウェルテル」「アレコ」「けちな貴族」「フランチェスカ・ダ・リミニ」「うぐいす(ロシニョル)」のオペラ映像 »

拙著「何もしない勇気」(幻冬舎)、「発信力」(ゴマブックス)発売

E2100039572461  本日(201883日)、幻冬舎より拙著「何もしない勇気」が発売された。今年の1月から3月まで、3か月にわたって東京新聞・中日新聞で連載していた「65歳になったら、○○しなくていい 宣言」に加筆してまとめたものだ。

 65歳を過ぎても、以前と同じように、「しなければいけない」と考えて、あれこれしようとする人が多すぎると思う。だが、65歳を過ぎたら、生産を考える必要はない。そもそも時代そのものが成長の時代でなくなっている。成長の時代に培われた価値観を崩して、もっと気楽になって、何もしないでいよう、好きなことだけしようということを提唱した本だ。

連載中、たくさんの方から好意的なお便りをいただき、とても励ましになった。書籍としてまとめることで、多くの人の手に取りやすくなると、こんなうれしいことはない。

Lw14 また、「発信力 頭のいい人のサバイバル術」(ゴマブックス)もローソン限定で発売されている。これは、かつて文春新書の1冊として刊行されていたものに加筆修正したものだ。現代社会において発信することの大事さ、その方法などを解説している。これも現代社会の必須のスキルを身につけるのに役立つ本だと考えている。

ご覧になっていただけると、ありがたい。

ところで、近況を少し付け加える。

730日から81日まで福岡を訪れていた。学研と、私が塾長を務める白藍塾が作成して展開している教育システム「クリティカル・シンキング」のセミナーでの講演のためだ。多くの中学校、高等学校でこのシステムを採用いただいているが、九州ではまだ十分に知られていないため、紹介を中心に行った。多くの中高の先生方に熱心に聞いていただいた。

ついでに故郷である大分県日田市を訪れた。72122日に祇園祭を見るために訪れたばかりだったが、今回は観光ではなく、父が残してくれた土地家屋の整理のためだった。

祇園祭の際には福岡空港から日田に直行したのでバスを使った。今回は福岡駅付近のホテルからの移動だったので、行きは「ゆふ号」、帰りは「ゆふいんの森」号を使った。昨年の豪雨で鉄橋が破壊され、久大線は不通になっていたのが、約1年ぶりに復旧された。

暑さのせいか、まだ観光が以前のように活況化していないためか、列車は空席が多かったが、ともあれ、復旧はとてもうれしい。

ただ、母の実家のあった大鶴駅を通る日田彦山線は復旧の見込みが立っていない。このまま廃線になる可能性も高いという。廃線になると過疎化が一層進み、かつて炭鉱と林業でにぎわった地域が陸の孤島になってしまう。日田彦山線に特別の思い入れを持つ者として、復旧を切に願う。

|

« 上岡+新日フィル チャイコフスキー第5番に内省を聞き取れなかった | トップページ | 「オリー伯爵」「ウェルテル」「アレコ」「けちな貴族」「フランチェスカ・ダ・リミニ」「うぐいす(ロシニョル)」のオペラ映像 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

樋口先生、65歳〜を早速アマゾンから手に入れました!今個人的に最も関心があるテーマです。が、私はぜひこれを60歳〜実践できるよう自分なりに焼き直してみたいと思います。これに経済的な乗り切り方もスピンオフしていただけるとありがたいのですが・・・笑

投稿: Tamaki | 2018年8月 4日 (土) 14時56分

Tamaki 様
コメント、ありがとうございます。そして、拙著をお買い求めいただき、ありがとうございます。参考になる内容がいくらかでも含まれていればいいのですが。
でも、経済的な乗り切り方については、Tamakiさんにはまったく必要のない内容ではありませんか?

投稿: 樋口裕一 | 2018年8月 4日 (土) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/67015939

この記事へのトラックバック一覧です: 拙著「何もしない勇気」(幻冬舎)、「発信力」(ゴマブックス)発売:

« 上岡+新日フィル チャイコフスキー第5番に内省を聞き取れなかった | トップページ | 「オリー伯爵」「ウェルテル」「アレコ」「けちな貴族」「フランチェスカ・ダ・リミニ」「うぐいす(ロシニョル)」のオペラ映像 »