« クオーレ・ド・オペラ公演「道化師」を楽しんだ | トップページ | さらば、長年使用した机よ »

オラモ+ロイヤル・ストックホルム・フィルの第九 全体的にとても良かった

 201894日、サントリーホールでロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニーのコンサートを聴いた。スウェーデン皇太子夫妻と高円宮妃殿下が列席なさっての特別演奏会。曲目は前半に「ノーベル賞組曲」(ノーベル賞の授賞式に演奏されるビョルリン、モーツァルト、ドヴォルザーク、シベリウス、ラーション、アルヴェーンらの作曲した曲)、後半にベートーヴェンの交響曲第9番。指揮はサカリ・オラモ。この指揮者もこのオーケストラも実演を聴くのは初めて。

 全体的にはとてもよい演奏だと思った。オーケストラの精度もなかなか。全体的にバランスがよいし、弦の音も美しい。よくコントロールされている。指揮もメリハリがあり、高揚するところは実に見事。第九の第1楽章と第4楽章は素晴らしかった。何度か魂が震えた。オーケストラを畳みかけて盛り上げていく。ただ、第2楽章と第3楽章には少し不満を抱いた。緻密さを欠く部分が散見される気がした。少なくとも、今日の演奏を聴く限り、この指揮者はドラマティックで盛り上がる表現を得意にしているが、繊細な表現には少し難がありそう。とはいえ、終わった時には私は大いに感動したのだった。

 独唱は素晴らしかった。ソプラノのカミラ・ティリング(ザルツブルクでこの人の「四つの最後の歌」を聴いて感動した覚えがある!)、メゾ・ソプラノのカティヤ・ドラゴイェヴィッチ、テノールのミカエル・ヴェイニウスもよかったが、とりわけバスのヘイング・フォン・シュルマンにびっくり。若い歌手だが、深くて美しい声で声量も豊か。合唱は新国立劇場合唱団。これも実に見事。声楽面では最高レベルの演奏だった。

 関西は台風の直撃を受けているようだ。関東は被害は出ていないと思うが、風が強い。空席が目立ったのは台風の影響もあるのかもしれない。列車があちこちで遅延していたり、運休していたりで、いつもとは違うコースで自宅に帰った。

|

« クオーレ・ド・オペラ公演「道化師」を楽しんだ | トップページ | さらば、長年使用した机よ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/67132167

この記事へのトラックバック一覧です: オラモ+ロイヤル・ストックホルム・フィルの第九 全体的にとても良かった:

« クオーレ・ド・オペラ公演「道化師」を楽しんだ | トップページ | さらば、長年使用した机よ »