« ティツィアーナ・ドゥカーティの素晴らしい歌声 | トップページ | 上岡敏之+新日フィルのブルックナー9番と「テ・デウム」 あざといが、素晴らしい »

安田純平さん解放について思うこと

 このところ音楽と映画と旅行についてばかり書いているが、たまには政治についても書いてみよう。

 シリアで拘束され、3年以上にわたってテログループの人質になっていた安田純平さんが解放された。思っていた通り、大きなバッシングが起こり、「自己責任論」(もっとわかりやすく言うと「自業自得論」ということだろう)が飛び交っているようだ。

 私は安田さんを存じ上げているわけでもないし、中東問題に詳しいわけでもない。まったくの素人だが、素人ながら(あるいは、素人だからこそ?)不思議に思っていることがある。それについて書いてみたくなった。

「危険なのだから立ち入るべきではないといわれている場所に安田さんは自分から立ち入り、しかも政府に頼まれたわけでもなく、むしろ政府に対立する行動をとっていた。その安田さんが人質になったのは自己責任であって、その解放のために日本政府は国民の税金を使うべきではない。英雄扱いするべきでもない」というのが自己責任論だろう。

 私はこの自己責任論を間違った考えだとは思わない。安田さんは好き好んでいって人質になったのだから、そういわれても仕方がない面もある。そのような自己決定論は、少なくとも中国程度の民度の低い国や韓国程度のGDPの国では当然のことだろう。私が中国人であるか韓国人であるかだったら、間違いなく「自己責任論」の立場を取るだろう。

 中国人であれば世界の民主主義を考える必要もなく、韓国人であれば、経済力が不十分なために、志はあってもそれを実行するべきではない。中東などに首を突っ込まず、無駄な税金を使わずに国内の利益のことだけ考えていればよい(誤解のないように付け加えますが、私は中国人、韓国人の友人も多く、中国、韓国の国民を尊敬しています)。

 しかし、日本は先進国なのだ。少し光が失われたとはいえ、大きな経済力を持ち、世界での発言力を持っている。これから、もっと発言権を持って発信していくべきなのだ。その日本が中国や韓国と同じように考えていては恥ずかしいと私は思うのだ。

 フリー・ジャーナリストが世界の各地に行き、時に危険な場所に行って真実を報道することを人類の義務とは私は思わない。ジャーナリズムの宿命だとも思わない。だが、それは民主主義を担う先進国の義務だとは思う。安田さんは先進国のジャーナリストの代表として危険地帯に立ち入って報道していたのだと思う。安田さんにももちろん軽率な行動もあっただろうし、判断の間違いもあっただろう。しかし、ともあれ先進国グループのジャーナリストとして、政府とは離れたところで真実を報道しようとしていた。これは極めて意義のある大事な仕事だと思う。

 私が不思議に思うのは、「自己責任論」をかざしている人々と、ふだん「反中・嫌韓」を唱えている人が重なるらしいということだ。ネットで見る限り、そのような傾向があるように思う。私はむしろ「反中・嫌韓」の人こそ、「中国、韓国のような国では安田さんをバッシングするだろう。だが、日本は中国や韓国などと違い民主主義の定着した世界の先進国だ。だから、安田さんの仕事を高く評価する。そこが我々日本人が中国人とも韓国人とも異なって優れたところなのだ」と考えるはずだと思うのだ。なぜそうならないのだろう。私が今回の問題でもっとも不思議に思うのは、このことなのだ。

 私は安田さんが英雄だとは思わない。安田さんを日本人として誇りに思ったりもしない。ただ、安田さんは先進国のジャーナリストとしてするべきことをした。先進国の人間として極めて大事なことをしていた。安田さんの無事を喜び、その仕事ぶりをきちんと評価するべきだと思う。安田さんをあしざまに言う人々は、「日本は先進国であるべきではない。日本は世界への発言権を持つべきではない。日本は二流国になってしかるべきだ」と主張しているように私には聞こえる。

|

« ティツィアーナ・ドゥカーティの素晴らしい歌声 | トップページ | 上岡敏之+新日フィルのブルックナー9番と「テ・デウム」 あざといが、素晴らしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

安田純平が叩かれてるのは、ヘイトうんぬん以前に彼の人間性に問題があるから、だと思いますよ。
ジャーナリストだろうがなんだろうが、通常日本人は同じ同朋がゲリラから釈放されたなら喜ぶと思いますよ。
そうはならず彼が批判されるのは、渡航前はさんざっぱら「世界でもまれにみるチキン国家」だのと日本の批判をしておきながら、一度捕まると哀れっぽく慈悲をこう恥知らずな姿勢ですね。
誰しもわが身がかわいいから自分の命が掛かれば必死になるのも仕方ないかもしれないけど、解放されたら今度は「日本政府のお陰で釈放されたと思われたくないからこの解放のされ方は不本意」だのと悪態をつく。
そういう諸々に加えて、あまりに胡散臭い言動や、過去に何度も拘束されてるのに何故か危害もなく解放されてるおかしさ等も加わって批判が大きくなったのでしょう。
もし解放された時に日本政府や尽力してくれた関係者に対する感謝と自身の無謀な行動の反省の言葉があればこれほどバッシングされる事はなかったでしょうね。

投稿: | 2018年10月31日 (水) 16時09分

コメントをくださった方
コメント、ありがとうございます。
もちろん、おっしゃっていることはわかります。しかし、日本国内に政府に反対し、反政府的な発言をする人はたくさんいます。いなければいけないと考えています。それを認めるのが民主主義国家であり、民主主義社会です。ですから、安田さんが以前に反政府的な発言をしていたことは、私には大きな問題に思えません。
拘束期間中の状況については、おいおいわかってくると思いますので、それを待って判断したいと思っています。ただ、テロ集団の公開した映像の中で慈悲を請うたのは、きっとテロ集団の命令でしょう。銃を突き付けられて慈悲を乞うように命令されたら、本心は違っていても(きっと、安田さんは、日本政府には助けてもらいたくないと思っていたでしょう)、だれもがそうするでしょうから、私はそれを理由に非難できないと思っています。また、安田さんだけが危害がなく救助されたことも、テロ集団に何らかのパイプがあるからかもしれませんが、それもまた非難するべきことではなく、ジャーナリストとして当然のことだと思います(たまたま、今回、そこに油断があって誘拐されたのでしょう)。
解放後、感謝の言葉がなかったことについても、安田さん自身、状況がよくわかっていないのでしょうし、安易なことを言ってしまうと、ジャーナリスト仲間や現地の様々な組織の人々を困らせることになるのを恐れているのかもしれません。おそらく、安田さんは今回の救出に政府の助けはなかったと考えているのだと思います。その点については安田さんが誤解しているかもしれませんが、実際にところはこれからある程度はわかってくると思います。
ともかく様々な事情がある可能性があると私は思います。おっしゃられたことを非難するのであれば、安田さんが会見をして、状況がわかってからでよいのではないかと思います。
いずれにせよ、今は自己責任論によって非難するのではなく、先進国のジャーナリストの一員として国際貢献をしようとして、それに油断があってつかまっていた人が解放されたことを、国民として喜ぶべきであって、人間性に対する判断はそれからでよいと思います。

投稿: 樋口裕一 | 2018年11月 1日 (木) 09時12分

樋口裕一さん

SKDのシューマンの交響曲は楽しめましたか?

僕は以前から話題にしている永井均さんの授業を受けたことがありますが、その中で彼は
『あらゆる言説には、アンチが成立する。』
とおっしゃっています。だから、彼は一般的な考え方と違って、
『野球や麻雀に流れがあると思うのは錯覚である。』
ともおっしゃっています。

一方、永井均さんは競馬にお金を使うのは馬鹿馬鹿しいとも言っていましたが、それでも人がギャンブルをするのは
『勝つ可能性があるからだ。』
と言っていました。永井均さんはクラシック音楽には詳しくても競馬のクラシックにはもしかしたら関心がないかもしれません。

僕はそういう彼の考え方に逆らって競馬場に行くのが好きですが、勝つのは僕の実力では無理です。ただし
『意見の対立が競馬を成立させている。』
という有名な言葉があり、僕もそのように思っています。だから、安田純平さんを擁護する考えもあれば、非難する考えもあって然るべきだと思いますね。

因みに僕の個人的な考え方は
『人間には正義はない。』
というもので、そのため安田純平さんはもちろんあらゆる人間には正義はなく、人間は『罪深き生き物である。』
と思っています。

だから、自らの正統性を主張すればするほど人間は僕が最悪であるとみなす『偽善』に嵌まると思います。

僕が幼少の頃(1,972年2月)にあさま山荘事件は起きましたが、僕は犯人グループが逮捕された際に怪我をしていたメンバーを救急隊が助けたのを見て、
『なんで助けるんだ。』
と叫びましたが、テレビ中継を見ていた小学生の反応としてはそれはごく普通であると思います。政府自民党~NHKの報道は当時まだ、
『アラブゲリラ』
『パレスチナゲリラ』
と蔑んでいましたからね。それが、オイルショックと共に、その論調はそれこそ
『一夜にして消えました。』
けどね。

長くなったので、一旦休みます。


投稿: KUM | 2018年11月 1日 (木) 20時51分

続きです。

オイルショックと共に、日本のマスメディアは、イスラエルよりから、パレスチナよりになりました。

僕はこのことから、どちらに正義があるか?を考えるよりも、正義は見方によって変わる。(後の言葉で言うと相対的である。)ことを学びました。そして次第に『自らが絶対的な正義である。』と主張する法人や個人を信頼しなくなりました。

競馬の話に戻ります。今から13年前の牡馬クラシックには ディープインパクトがいて、同世代には99%負けないだろうという無敵振りを誇っていました。だから、他の馬の単勝は少なくとも100倍以上付いて(詰まりは単勝万馬券)もおかしくないのに、何故こんなに売れるか僕は不思議でした。でも、世の中には対立意見(アンチ)がいて、それがゲームを成立させているのです。

そもそも、僕が幼少の頃(今度は1,973年)牡馬クラシックにはハイセイコーがいて、同世代には99%負けないだろうという無敵振りを誇っていました。僕は、そんなハイセイコーが大嫌いでした。でも、そんなハイセイコーが第40回東京優駿(日本ダービー)で3着に負けると逆にがっかりしたものです。

『ハイセイコーは敗成功だから、負けるのだ。』
という僕の台詞もその時は空しく聞こえたはずです。

僕はこのことから、アンチは案外その対峙するもののことが好きなのかもしれない。と思うと同時に、やはり物事の相対性を学びました。

ハイセイコーのアンチがいれば、オグリキャップにもアンチはいるし、ディープインパクトにもアンチがいます。

でも、樋口裕一さんは途中までそういう物事の相対性を認めながら、

>いずれにせよ、今は自己責任論によって非難するのではなく、先進国のジャーナリストの一員として国際貢献をしようとして、それに油断があってつかまっていた人が解放されたことを、国民として喜ぶべきであって、人間性に対する判断はそれからでよいと思います。

とまるで反対意見を封ずるが如くの態度を取られています。もちろん、常識を持ち出したら、安田純平さんの悪態は非常識です。人間としての最低限の節度も知りません。でも、樋口裕一さんのように考えるならば『韓国や中国の人間のように考える自由のない国の人間ならばともかく、日本のようにいみじくも先進国にいるならば両方の意見を認めるべきである』のではないでしょうか?

投稿: KUM | 2018年11月 1日 (木) 22時17分

誰かが言ってましたけど、ジャーナリストとしての自己責任と、ひとりの日本人とての自己責任の、この二つを分けて考えた方がいいと思いますし、分かり易いと思います。

安田さんがこの二つをどう考え、自分の中でどう決着をつけているのか、ぜひ直接自身の言葉で聞いてみたいです。

ただもしこのあたりが曖昧なままの行動だったら、安田さんはジャーナリストとしても日本人としても最低だと思います。厳しい物言いでしょうか。

投稿: かきのたね | 2018年11月 2日 (金) 06時08分

樋口裕一さん

シューマンの交響曲第3番ラインと第4番のコンサートが良くて何よりです。

僕は先に哲学と競馬の話をしましたが、僕が嵌まっているものは他にもたくさんあります。それらは僕が快感に感じて嵌まっているかと思います。

たとえば、登山家や宇宙飛行士は厳しいトレーニングをしてわざわざ危険な思いをして山や宇宙に出掛けますが、僕の調べたところ、それらも薬物や買い物やギャンブルや食べ物や趣味同様に『自らが快感に思うがままに行動している』のです。

だから、今度の安田純平さんの一件も〈かつてフロイトが唱えたらしい〉快感原則で説明できるかと思います。彼が今回の記者会見で反省の弁を述べようが、相変わらず政府に悪態を突こうが、本音の部分では、
『危険な紛争地帯に行くのが快感だから。』
の一言に尽きると思います。その意味では彼は『覚醒剤中毒患者』と変わらないかと思いますね。

僕が音楽を聴いたり、囲碁を打ったり、競馬に行ったりするのが快感であるのと同様に安田さんは紛争地帯に行くのが好きなのでしょう。

植島圭司さんの書いた『賭ける魂』によると人間は何らかの〈依存症〉にならないと生きて行かれないそうです。幸いにして樋口さんは執筆と音楽鑑賞という高尚な仕事と趣味をお持ちです。でもそういう人間でさえ一歩間違えたら薬物の中毒や危険地帯へ行くことが快感になってしまうそうです。

今回の一件は改めて『人間の〈快感原則〉への依存』の恐ろしさを浮き彫りにしたかと思います。


投稿: KUM | 2018年11月 2日 (金) 16時46分

KUM 様
コメント、ありがとうございます。
相対主義は私の基本的な考えです。それを当然の前提として語っています。語るからには、相対主義を前提にしたうえで、自分の正義を主張せざるを得ません。そもそもそれが語るということであり、考えるということです。すべて相対主義にしてしまうと、人は何も信じることができないというニヒリズムに陥ります。
私はむしろ、「自己責任論」によって安田さんの行動を、その意見も聞かずに否定してしまう考え方に、相対主義を封じる抑圧を感じます。そのような抑圧には絶対に反対しなければならないと思います(これについて、「反対しているからには、相手の意見を封じていることになる」と言い出したら、きりのない相対論になってしまいます)。安田さんのような反政府の立場をとる人も許容し、そのような人も守るのが民主主義であり、相対主義であり(民主主義とは言うまでもなく相対主義の一つの形です)、逆にそのような人を攻撃することはファシズムにつながると考えています。

投稿: 樋口裕一 | 2018年11月 3日 (土) 00時28分

上の方で、二つの自己責任について書きましたが、記者会見をみてそれ以外に、ご飯をおいしく毎日いただける人と、毎日生きる事に必死な人とでは、安田さんの各々の自己責任についてのそれも、また大きく感じ方が違うんだろうなあという感想を持ちました。

自分は安田さんを今は評価も非難もしません。これからの彼の発言や行動をみてからでもそれは遅くないと思います。

かつて植村直己さんが「必ず生きて帰ることが本当の冒険」とおっしゃっていました。安田さんは生きて帰ってきました。安田さんがこの三年で経験したこと知ったこと等を、これから最大限に活かす事こそ、本当のジャーナリストとしてのそれといえるのではないでしょうか。

それを自分はぜひ果たしてほしいと今はそれを願っています。

ただ、だからといって追加取材として、またすぐシリアに入ろうとしたら、思わず殴ってしまうかもしれませんが。

投稿: かきのたね。 | 2018年11月 3日 (土) 02時55分

かきのたね 様
コメント、ありがとうございます。
私も安田さんの仕事についてきちんと追いかけたわけではありませんので、評価は今のところすることができません。ただ、私は一般論として、国際貢献の一つとして危険地域に入って報道しようとしているジャーナリストに対して、たとえその人が反政府的な言動をしていたとしても、自己責任論を持ち出して非難するべきではないと思うのです。
むしろ私は、今回の出来事によって、危険地域で活動しようとするジャーナリストがいなくなることが心配です。安田さんを励まして、「もし恐怖に打ち勝てるのなら、ぜひまた危険地域に入って報道してほしい。けれど、今度こそ、失敗しないで、危険地域の真実を世界に伝えてください」と言いたいですね。
ただし、もちろん、その前に安田さんには今回の出来事について、きちんと説明をし、何が起こったのかを私たちに教えてほしいですね。政府に口止めされていること、話をすると人に迷惑をかけることもあると思いますが、話せる限り話してほしいと思います。それが多くの人の安田さんに対する評価の第一歩になると思います。

投稿: 樋口裕一 | 2018年11月 3日 (土) 20時18分

樋口裕一さん。

相対主義についておっしゃることはその通りであると思います。物事が相対的であることを認めても、自らの立場までも相対化してしまうとニヒリズムに陥ってしまいます。そのために『自己を正当化している』ように思われるのは残念なことです。

安田純平さんについては僕の立場からは評価できません。彼の記者会見を聞いてもインタビューを聞いても、僕は彼が『自らの快感原則』に従って行動していたようにしか思えませんでした。

だから今後は彼が他の側面から発言することを期待します。


投稿: KUM | 2018年11月 3日 (土) 23時48分

KUM 様
コメント、ありがとうございます。
快楽原則は人間の基本だと思います。ノーベル賞受賞者が研究したのも、それが社会的に意義があると思ったからでなく、快楽原則に従ったからでしょう。しかし、だからと言って、研究の功績が損なわれるわけではないと思います。それと同じように、もちろん安田さんが自らの快楽原則に沿って行動したからと言って、その功績が否定されるものではないでしょう。たとえそれが本人にとっての快楽であったとしても、私たちの社会が安田さんのような戦地での報道を必要としているのですから、それについては意義を認めるべきだと私は思います。

投稿: 樋口裕一 | 2018年11月 4日 (日) 22時55分

樋口裕一さん、コメントありがとうございます。

僕も『快楽>理性』と考えています。だから、〈私は理性的である〉と思ったとしても、実は〈それは快楽から来ているモノ=コトである〉と考えるべきであると思います。

そのため、〈快感原則に自覚的である〉かどうか。が問われると思います。今回は安田純平さんがテロリズムに巻き込まれたためにとんだ大騒動になりましたが、安田さんの問題を離れても快感原則の視点は重要です。

今から40年ほど前に書かれた栗本慎一郎さんの名著
『パンツをはいたサル』
に於けるパンツとは、いわゆる〈文化〉のことでありますが、人間は日常に於いて〈パンツというシステム=文化〉を穿いて、それを非日常に於いて脱ぐことで快感を得ているという主旨が書かれています。

僕は栗本慎一郎さんの1,980年以降の本はかなり読みましたが、名著『パンツをはいたサル』につきましてはあまりの分かり易さ、簡明さから、残念ながらきちんと目を通しておりません。

でも、ジョルジュ・バタイユにもジル・ドゥルーズにも通じるこのテキストを僕は看過できません。バタイユはともかくミシェル・フーコーとドゥルーズの視点は最終的には『生権力』の問題に行き着きます。

残念なことに日本の知識人の中にはこのくらいの認識もない方々がいらっしゃいます。

いわゆる〈ステレオ=タイプ〉と言うか、『憲法改正』の問題特に安全保障の問題でも、国の根幹が抜けたこんな憲法は即刻改正しなければならないのは明白なのに、護憲派も改憲派も手抜きして来たのではないでしょうが、がんじがらめになってどうしようもないです。

いくら僕がクラシック音楽が好きでもこの問題が音楽よりも重要であるのは明らかであり、樋口裕一さんの意見にはコメントさせていただきます。

投稿: KUM | 2018年11月 5日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/67316786

この記事へのトラックバック一覧です: 安田純平さん解放について思うこと:

« ティツィアーナ・ドゥカーティの素晴らしい歌声 | トップページ | 上岡敏之+新日フィルのブルックナー9番と「テ・デウム」 あざといが、素晴らしい »