« 新国立「魔笛」 大きな感銘は受けなかった | トップページ | インキネン+日フィルのブルックナー第9番 退屈だった »

映画「バッド・ジーニアス」 カンニングを切り口におもしろく社会矛盾を描く

 タイの映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」(ナタウット・プーンピリヤ監督)をみた。タイは大好きな国。タイの映画が大ヒットして話題になっているとあっては、みないわけにはいかない。とてもおもしろかった。

 良家の子女の通うタイのエリート校につましく暮らす教師の娘のリンが入学してくる。リンは成績抜群。勉強のできない友人の手助けをするうち、お金持ちの子女たち相手にお金を取ってカンニングの手助けを始めるようになる。そして、ついには、もう一人の成績抜群の貧しい男子生徒バンクも巻き込んで国際的な大学入試資格試験(STIC)での大掛かりな不正を行う。

「ネタバレ」になるので、ストーリーについてはこれ以上書かない。が、手に汗握る展開。大袈裟な音響によってカンニングを大サスペンスとして描き、娯楽作品として面白く見せながら、しっかりとタイ社会の矛盾も突く監督の手腕に驚く。お金持ちが社会を牛耳り、子どもに地位を継がせようとするが、良家の子どもたちは遊び惚けるばかり。貧しい家の子どもたちは学歴を積むしか上層に浮かび上がる道はないが、良家の子女たちにお金で誘惑される仕組みができている。そんな社会矛盾が浮かび上がる。サスペンスを高める手法も、ちょっと笑わせてくれるところが、実にいい。

しかも、観客は真面目で素朴な父親の愛情にもほろりとし、リンの心情にも感情移入して、いつの間にか深く感動している。そして、もちろん最後には、カンニングを肯定するわけではなく、落ち着くべきところに落ち着く。そのあたりの着地の仕方も実に見事。

 リンを演じる女の子(チュティモン・ジョンジャルーンスックジンという長い名前! 黒木華にとてもよく似ている!)の演技力にもびっくり。お父さん役の役者さんも、バカっぽい同級生を演じる俳優さんたちも好演。

 少し前までタイの小説や映画は生真面目なものばかりだった。こんなに楽しませてくれる映画が現れたのは実に嬉しい。ただ、個人的に少し残念だったのは、舞台が学校内や室内ばかりで、タイの町の様子がほとんど見られなかったこと。市街地の場面などがあるともっと嬉しかった。

|

« 新国立「魔笛」 大きな感銘は受けなかった | トップページ | インキネン+日フィルのブルックナー第9番 退屈だった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/67264122

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「バッド・ジーニアス」 カンニングを切り口におもしろく社会矛盾を描く:

« 新国立「魔笛」 大きな感銘は受けなかった | トップページ | インキネン+日フィルのブルックナー第9番 退屈だった »