« 竹澤恭子のバルトーク無伴奏と「クロイツェル」 集中力のある真摯な演奏が素晴らしい | トップページ | ウィーンフィルの音そのものに陶然とした »

NISSAY OPERA「コジ・ファン・トゥッテ」 充実の歌手陣だが、好みの上演ではなかった

20181111日、日生劇場で「コジ・ファン・トゥッテ」をみた。NISSAY OPERA2018の2日目。

演出は菅尾友。フィオルディリージとドラベッラの姉妹はグリエルモとフェランドの二人の男が従順な自分好みに作った人造人間ということらしい。だが、二人の女性は男性を裏切る。女性たちは従順を強いられる人造人間であることを拒否する。全体的にはそのような読み替えがなされる。このオペラを現代劇、あるいはSFとみなして、ロボットやコンピュータを登場させるオペラに仕立てている。

気持ちはわからないでもないし、このような演出を評価する方が大勢おられることは承知している。そして、事実、第二幕は大いに楽しんだ。だが、これは私好みの演出ではない。私はこのオペラに関しては、もっとあっけらかんとした芝居にするほうを好む。ここに深い意味を加えるとオペラが壊れてしまいそうな気がする。

が、それについては後で少しふれるとして、歌手陣はとても高いレベルだった。とりわけドラベッラの杉山由紀が素晴らしかった。音程がいいし、声に力がある。容姿的にも理想的。ドン・アルフォンソの大沼徹は余裕の歌いっぷり。相変わらず美しい声とおもしろい演技。フィオルディリージの髙橋絵理、グリエルモの岡昭宏も好演。デスピーナの腰越満美はあまりの色気に悩殺された。フェルランドの村上公太は弱音で音程が不安定なところがあったが、素晴らしい歌声に圧倒されるところもたくさんあった。全員が一昔前では考えられなかったほどの高いレベルで歌っている。

 指揮は広上淳一。メリハリのある明確でしっかりとした指揮だが、テンポの遅さが気になった。読売日本交響楽団もいつものこのオーケストラに比べて少々音の香りに欠ける気がしたが、気のせいだったのだろうか。そして、レチタティーヴォの部分のチェンバロと歌唱に溌溂さが不足していると思った。

 私はこのオペラを近代劇として上演するのにとても強い抵抗を感じている。近代劇にしたてて女性蔑視を告発したり、人間心理を描いたり、哲学的な内容を扶養しようとすると、つまらなくなると私は思うのだ。このオペラでは人物が交換可能な木偶の坊のように描かれている。人物たちが心の葛藤を歌ったとしても、それは現代的個人の真に迫った苦悩ではなく、類型的な苦悩だと思う。そして、だからこそ音楽が生き生きとしていると思う。そこに近代的人間の心理などを加えてしまうと、溌溂とした前近代的な面白みがなくなって、ありふれた心理劇になってしまいそうだ。このオペラは、妙な深読みはしないで、コメディア・デッラルテのように描いてこそ面白い。このオペラが長い間無視されてきたのも、これが近代劇全盛の時代には受け入れられなかったからではないのか。

ところが、私のように考える人は少ないと見えて、理想とする上演に出会ったことがない。どの上演もあれこれの意味を付与し、複雑な近代劇にしている。今回の上演も、演出といい演奏と言い、その最たるものに思えた。その意味で不満だった。

|

« 竹澤恭子のバルトーク無伴奏と「クロイツェル」 集中力のある真摯な演奏が素晴らしい | トップページ | ウィーンフィルの音そのものに陶然とした »

音楽」カテゴリの記事

コメント

昨日観て来ました。オリジナルを尊重しない最低の演出でした。観ているのが苦痛になって、休憩時に帰りました。
昔の令嬢姉妹2人と貴族の子息2人と哲学者、侍女の時代の話だから、貞操や剣を抜けという世界観が成立するのに、現代のオタク文化なんかにはめ込もうとするから、歌の内容と舞台が全くあっていない。悲しみで死にそうだという歌の感情も台無しでした。
このような演出になることはチケット購入時には分からなかったし、仮に、この演出にするなら、歌詞を変えて日本語でやるくらいでないと合わないと思いました。せっかく好きだったコジファントゥッテのイメージが壊されて不快な舞台でした。

投稿: | 2018年11月12日 (月) 09時02分

11月12日にコメントをくださった方
コメント、ありがとうございます。
私も実は第1幕が終わった時点で、「これはひどい」と思ったのでした。笑わせようとする仕草はすべてすべっていましたし、AI話もおふざけのレベルに思えました。そして、原作の歴史性はもちろん、その精神もまったく理解していない演出であるの事実だと思います。ですから、全体的には同意いたします。ただ、第2幕は第1幕に比べれば、ともあれ音楽の愉悦は感じられたことは付け加えておきます。

投稿: 樋口裕一 | 2018年11月14日 (水) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532807/67371444

この記事へのトラックバック一覧です: NISSAY OPERA「コジ・ファン・トゥッテ」 充実の歌手陣だが、好みの上演ではなかった:

« 竹澤恭子のバルトーク無伴奏と「クロイツェル」 集中力のある真摯な演奏が素晴らしい | トップページ | ウィーンフィルの音そのものに陶然とした »