« イブラギモヴァ&ティベルギアンのブラームス 魂が震えた! | トップページ | 三宅理恵ソプラノ・リサイタル 5拍子揃った名歌手! »

新国立劇場「紫苑物語」 高い完成度で上演された大傑作オペラ

昨日(2019220日)、新国立劇場で「紫苑物語」をみた。完成度が高かった。素晴らしかった。間違いなく、日本のオペラ史に燦然と輝く大傑作だと思った。

私は特に現代オペラに関心があるわけではないのだが、一時期、夢中になって読んでいた石川淳の傑作小説が西村朗の音楽によってオペラになったとあってはみないわけにはいかない。しかも、演奏家たちがそれ以上は考えられないメンバー。楽しみにして出かけ、思っていた以上の素晴らしさだった。

石川淳にふさわしい舞台だと思う。演出の笈田ヨシは石川淳の世界を知り尽くしているのを感じた。原作に合わせた平安時代風の衣装ではあるが、しばしば西洋的。舞台もきわめて現代的な鉄骨の骨組みなどが見える。日本と西洋、平安と現代の不思議な折衷も石川淳の独特の世界を作り出しているといえそう。「ジークフリート」や「ばらの騎士」へのオマージュと思えるような場面もある。

佐々木幹郎の台本もわかりやすくて深い言葉が使われ、手際よく、しかも石川淳の世界を構築しつつ話を進めていく。格調高く、しかもエロティックでえげつない。そうした雰囲気も作り出している。オペラにふさわしく大衆的。オペラの鉄則を踏まえてうまくまとめている。

そして、何より西村の音楽が素晴らしい。私のように現代音楽になじんでいない人間の心の中にも入りこむ。時代を超えた神秘の音がする。いたずらに現代音楽風ではないのに、きわめて現代的。第二幕の四重唱の素晴らしさには圧倒された。古今東西の名作オペラの最高の四重唱に匹敵する美しさ。四つの声が複雑に絡み合い、得体のしれない世界を作り上げる。

そうした音楽を作り上げている歌手陣も素晴らしかった。宗頼の髙田智宏はしっかりと安定した歌。まさに宗順にふさわしい。平太を歌うのは松平敬。なんとホーミーを見事に歌いこなした! 確かに複数の音程の声が聞こえ、それが不思議な音響を作り出して感動的だった。一昨年、ウランバートルで本場の歌手のホーミーを聴いたが、それ以上に見事だったと思う。

うつろ姫を歌う清水華澄の不気味なエネルギーと色気は圧倒的。千草を歌う臼木あいの怪しい魅力もまた見事。藤内の村上敏明の声も演技力もまた素晴らしかった。弓麻呂の河野克典も、そして父親役の小山陽二郎も独特の存在感。

そしてまた、これらを支えた大野和士指揮による東京都交響楽団も文句なしの演奏。三澤洋史合唱指揮による新国立劇場合唱団もいつも通り最高の歌と演技。

すべてが最高に発揮されてとても完成度の高い舞台になった。

ただ、オペラを見ながら、やはりよくわからないセリフや場面がたくさんあった。最初に石川淳の原作を読んだ時から、なんだかわからない小説だと思ったが、オペラとしてみることによって、またまたいくつもの疑問が湧いてきた。原作を読み返し、またこの舞台を見、そしてできれば近い将来、別の演出によるこの作品を見たい。逆に言うと、まさしく汲めども尽きせぬ魅力を、この原作とこのオペラは持っていると思った。

|

« イブラギモヴァ&ティベルギアンのブラームス 魂が震えた! | トップページ | 三宅理恵ソプラノ・リサイタル 5拍子揃った名歌手! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場「紫苑物語」 高い完成度で上演された大傑作オペラ:

« イブラギモヴァ&ティベルギアンのブラームス 魂が震えた! | トップページ | 三宅理恵ソプラノ・リサイタル 5拍子揃った名歌手! »