« 2019年ラ・フォル・ジュルネ東京の初日 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ東京2019最終日 »

ラ・フォル・ジュルネ東京2019 二日目

 ラ・フォル・ジュルネ東京2019、二日目の感想を書く。

・辻彩奈(ヴァイオリン)、ジョナス・ヴィトー(ピアノ)。

サン=サーンス「序奏とロンド・カプリツィオーソ」、フランクのヴァイオリン・ソナタ

 

「序奏とロンド・カプリツィオーソ」も素晴らしかった。気迫のこもった激しい音。運命を叩きつけるように、音を出す。そして、躍動。若々しいが、音に表情があるので、深みを感じる。

 次にフランクのソナタ。

 フランクのソナタは私の最も好きなヴァイオリン曲なので、もちろんこれまで実演、録音を合わせて数百を聴いてきた。今回の演奏はその中でも最上の演奏の1つだった。

 第1楽章はゆったりとスケール大きく。そして第2楽章で爆発する。その後はロマンティックな気分が高まり、大きなドラマを作ってゆく。ピアノもいいが、何といってもヴァイオリンが見事。うねり、高まる。弓を大きく使って聴くものまでも揺らす。感動した!

 

・ミシェル・ダルベルト(ピアノ)、モディリアーニ弦楽四重奏団により、プッチーニの弦楽四重奏曲「菊」、フランクのピアノ五重奏曲 ヘ短調

 

 プッチーニの曲については、よくわからなかった。アリアのようなメロディを弦楽四重奏で、しかもただ和音を重ねるだけで演奏。それだけで終わった。

 フランクの五重奏曲については、見事な演奏。ダルベルトの強い音が全体にアクセントをつけ、ぐいぐい音楽を進めていく。モディリアニもアンサンブルが完璧で流動性があり、静かに必然的に音楽が進む。

 実は、フランクのソナタや交響曲は大好きだが、ピアノ五重奏曲は録音を何度か聴いて、おもしろいと思ったことがなかった。が、今回聴いて、とてもいいと思った。やはり、ソナタや交響曲と同じ盛り上げ方。納得できる。

 

・マリー=アンジュ・グッチ(ピアノ)

スクリャービンのピアノソナタ第5番、ブゾーニの「インディアン日記」第1巻、ラヴェルの組曲「鏡」から「海原の小舟」、サン=サーンスの「6つのエチュード」「ラス・パルマスの鐘」、ピアノ協奏曲第5番「 エジプト風」によるトッカータ

 

 今回のエルメスとグッチ(ただし、綴りは、nguci)はぜひ聴くべきだと勧められて、ふだんピアノを聴かない私も足を運んだ。想像以上の凄さ。音が生命を持って自在に動いているかのよう。どんなに速いパッセージになってもまったく音が乱れない。粒立ちのきれいな音がしなやかに、そして強靭に音楽世界を描いていく。

 

 

・アブデル・ラーマン・エル=バシャ(ピアノ)、タタルスタン国立交響楽団、アレクサンドル・スラドコフスキーの指揮で、サン=サーンスの「アルジェリア組曲」、サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」

 

 最初の曲は初めて聴いた気がする。あまりおもしろくなかった。ただ、オーケストラはしっかりしている。とてもよい演奏だと思う。ピアノ協奏曲については、エルバシャのテクニックと音楽性に圧倒されっぱなし。

 

 ・アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

ヘンデルの「調子のよい鍛冶屋」ホ長調 HWV430 (ハープシコード組曲第5番から)、スカルラッティのソナタ ホ長調 K.531、ソナタ ロ短調 K.27、ソナタ ニ長調 K.145、ソナタ ニ短調 K.32

 

 ケフェレックのスカルラッティはやはりとても優雅で繊細。モーツァルトと同じような哀しみ、喜びが静かに現れる。ケフェレックのお人柄そのものが演奏に現れて、それがスカルラッティの時代の風雅さに通じる。素晴らしい演奏だった。

 

・ジェラール・コセ(ヴィオラ)、アキロン・クァルテット

ドヴォルザークの弦楽四重奏のための「糸杉」から「、ドヴォルザークの弦楽五重奏曲第3番 変ホ長調 op.97

 

 アキロン・クァルテットは若い女性ばかりの団体。そのなかにひとりコセが加わる。これもとても良い演奏だった。見事なアンサンブル。弦楽五重奏曲第3番は初めて聞いた気がする。第3楽章にはまるで日本の「ウサギ追いし」のようなメロディが出てくる。それをこの5人はアンサンブル豊かに、そして情緒もしっかりと示して歌いあげる。女性ばかりのアンサンブルに男性が入って、きっと良い効果があったと思う。

|

« 2019年ラ・フォル・ジュルネ東京の初日 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ東京2019最終日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年ラ・フォル・ジュルネ東京の初日 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ東京2019最終日 »