« 森麻季 リリックな歌声を堪能した | トップページ | またまたリムスキー=コルサコフのオペラ映像「皇帝の花嫁」「サルタン皇帝の物語」「金鶏」 »

ミヒャエル・ザンデルリンク+ドレスデン・フィル 巨匠風演奏!

  20197月2日、武蔵野市民文化会館でドレスデン・フィルハーモニア管弦楽団のコンサートを聴いた。指揮はミヒャエル・ザンデルリンク。曲目は、前半にシューベルトの「未完成」とベートーヴェンの交響曲第5番(運命)と、後半にドヴォルザークの「新世界より」。要するに「未完成」「運命」「新世界」という有名交響曲3曲のコンサート。

 今時珍しい巨匠風の演奏だった。使用している版も昔聴きなれたものだと思う。1960年代に聴いていた雰囲気の音楽が聞こえてきた。スケールが大きく、巨大な音楽が作られる。もちろん、細かいところでもしっかりと音楽が息づいている。それはそれで見事な演奏だと思う。

 ただ、私としては、まず「未完成」で躓いた。シューベルトのこの曲をこれほど大袈裟に演奏してよいのだろうか。細かいニュアンスが消え去ってしまう。やるせなさのようなものが出てこない。「運命」も「新世界」も同じ感じだった。要するに、ちょっと大味。もちろん、それはそれでしっかりと音楽を盛り上げる。素晴らしいところはたくさんある。が、私はどうしても乗り切れない。いかにもウケそうなノリノリの演奏になってしまっている。もっと緻密に音楽を作ってほしいと思った。

 アンコールはスラブ舞曲の有名な曲(第何曲なのかは知らない)。これもやはりスケールの大きな、言い換えれば緻密さと繊細さに欠けた演奏だった。

 観客は大喝采だったので、これでよいのだと思うが、私としては少々不満だった。

|

« 森麻季 リリックな歌声を堪能した | トップページ | またまたリムスキー=コルサコフのオペラ映像「皇帝の花嫁」「サルタン皇帝の物語」「金鶏」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森麻季 リリックな歌声を堪能した | トップページ | またまたリムスキー=コルサコフのオペラ映像「皇帝の花嫁」「サルタン皇帝の物語」「金鶏」 »