« ヤルヴィ+N響 演奏会形式「フィデリオ」 圧倒的な歌手陣 | トップページ | 映画「聖なる泉の少女」 魅力は感じたが、思わせぶりに鼻白んだ »

またまたまたリムスキー=コルサコフのオペラ映像「サトコ」「モーツァルトとサリエリ」「皇帝の花嫁」

 この一か月ほどかかりきりだった本の原稿をやっと編集者に送信して、その後、久しぶりに羽を伸ばしている。明後日ころまで、仕事を控えて音楽を聴いたり映画をみたりしたい。

 しばらく自宅でオペラ映像も見る時間が取れなかったが、リムスキー=コルサコフのオペラ映像をみた。簡単な感想を書く。

 

「サトコ」 1994年 マリインスキー劇場

 初めてこのオペラの映像をみた。とても面白いオペラだと思う。なぜもっと上演されないのか、実に不思議。美しいメロディもふんだんにあり、ストーリーもおもしろいし、とても理路整然とした構成。浦島伝説のような話。オーケストレーションがとても色彩的でちょっと「ラインの黄金」風のメロディも現れて、とてもいい。ストーリーと何ら関係のない「インドの歌」がこのオペラの中でもっとも有名な歌だというのが、どうも解せない。

 全体的にはとても良い上演だと思う。ゲルギエフの指揮するオーケストラも実に雄弁。アレクセイ・ステパニウクの演出もわかりやすくて美しい

 ただ残念ながら、サトコを歌うヴラディミール・ガルーシンがあまりに不安定。確かかなり有名な歌手で、私もこれまで録音で何度か聴いたことがあったと思うのだが、ずっと音程が不確かで声が伸びない。そのほかの歌手たちはとても魅力的。妻役のマリアンナ・タラソワ、ヴォルコヴァ役のヴァレンティナ・チディポヴァ(アジア系の顔だった!)は素晴らしい。

 

「サトコ」 1980年 モスクワ、ボリショイ劇場

 モノラル録音で、音質も画質もよくないのが、あまりにもったいない。1980年にはもっと良い環境でオペラを収録できたと思うのだが、ソ連は技術的に劣っていたのだろうか。

 マリインスキ―劇場の上演よりも、演奏は圧倒的にこちらの方がよい。歌手がそろっている。とりわけ、サトコを歌うヴラディーミル・アトラントフが圧倒的。素晴らしい歌手だ。梁のある美声で、演技や容姿もとてもサトコにぴったり。そのほか、リュバーヴァのイリーナ・アルヒーポワ、ヴォルホヴァの、タマーラ・ミラシキナ、海の王のボリス・モロゾフ、ニジェータのニナ・グリゴエワ、すべてがそろっている。

 指揮はユーリ・シモノフ。まるでモーツァルトのような容姿で静かにタクトを振っているが、出てくる音は強くて劇的。このオペラはもっとおとぎ話風なのではないのかと思わないでもないが、それはそれでとても説得力のある音楽だ。

 演出はボリス・ポクロフスキー。さすがというべきか、とてもおもしろい。色彩的で人物の動きが立体的。集団劇としての魅力にあふれている。

 

「モーツァルトとサリエリ」 1981年 モスクワ、ボリショイ劇場(ライヴ)

 登場人物はモーツァルトとサリエリだけの1時間ほどのオペラ。プーシキン原作。初めて聴いたが、モーツァルトの曲が出てきて、とても楽しむことができる。サリエリがモーツァルトの才能に嫉妬して殺人を決意するまでの真理ドラマを音楽で描く。ただ、二人の会話だけでドラマを成り立たせるのはかなり難しい。リムスキー=コルサコフをもってしても、十分に成功しているとは言えない気がする。

 モーツァルトを歌うアレクセイ・マスレンニコフ、サリエリを歌うアルトゥール・エイゼンともにとても力演。指揮はルーベン・ヴァルタニアン。ただ、これも1981年にしてもあまりに音質・画質ともに貧弱。

 

 

「皇帝の花嫁」 1983年 モスクワ、ボリショイ劇場

 これも画質・音質ともにかなりよくない。本当に残念。それを除けば最高の舞台だと思う。

 歌手陣は全員が圧倒的。マルファを歌うリディア・コヴァレーバは、見た目は少しお年を召しているが、声は素晴らしく可憐で清楚。ソバーキンのアレクサンドル・ヴェデルニコフ、グリャズノイのユーリ・グリゴリエフも素晴らしい。そして、何よりも圧倒的な存在感を示すのがリュバーシャを歌うニーナ・テレンチェヴァ。凄味がありながらも美しく、容姿もまたこの役にふさわしく妖艶で美しい。痺れてしまった。

 ユーリ・シモノフの指揮も、切れがあってドラマティックで素晴らしい。オレグ・モラレフも豪華でわかりやすくて説得力がある。繰り返すが、せめて音質がもっと良ければうれしいのだが、実に残念。

|

« ヤルヴィ+N響 演奏会形式「フィデリオ」 圧倒的な歌手陣 | トップページ | 映画「聖なる泉の少女」 魅力は感じたが、思わせぶりに鼻白んだ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤルヴィ+N響 演奏会形式「フィデリオ」 圧倒的な歌手陣 | トップページ | 映画「聖なる泉の少女」 魅力は感じたが、思わせぶりに鼻白んだ »