« 関西弦楽四重奏団と豊嶋泰嗣によるブラームス弦楽五重奏曲全曲演奏会 ブラームスの声が聞こえるような演奏! | トップページ | ノット+東響の第九 とりわけ第2楽章にしびれた! »

ヤング+N響の第九 あまりに見事な、そして穏やかな第九!

 

 

 

20191226日、サントリーホールで、N響第九Special Concertを聴いた。曲目は、第九の前に、勝山雅世のオルガンによりヘンデ、アルビノーニ、バッハの作品が演奏された。流麗なオルガンでとてもおもしろかった。

 

そして、いよいよシモーネ・ヤングの指揮による第九。

 

とても論理的で繊細な演奏。音が透明でメリハリがあり、しっかりと一歩一歩進んでいく。しなやかな音が見事にうねっていく。ただ、あまりに穏やか。もちろん、激しい音楽の動きはあり、それはそれでとても魅力的なのだが、それでも穏やかで予定調和的。デモーニッシュなところがない。第1楽章冒頭からして、あの得体のしれないあいまいさがなく、明晰になってしまう。明晰なのは私は大好きなのだが、ベートーヴェンの第九の第1楽章と第2楽章は明快すぎると魅力を感じない。デモーニッシュであってほしい。

 

第3楽章はあまりに美しい。ゆっくりしたテンポで音と音が見事に重なり合い、精妙に展開されていく。N響の音も素晴らしい。ただ、第1・2楽章がデモーニッシュでなかったために、私としてはどうしてもこの第3楽章も天上の音楽に聞こえてこない。晩年のベートーヴェンの並外れたスケールを感じない。きわめて女性的で繊細で穏やかな、つまりは人間的な音楽になってしまっている。

 

4楽章についても、もちろん素晴らしい演奏だった。ソリストたち(マリア・ベングトソン、清水華澄、ニコライ・シュコフ、ルカ・ピサローニ)はいずれも音程はいいし、声はきれいだし、指揮者の要求を十分に表現していると思う。とりわけ、テノールのシュコフの自由な歌いまわしがこの曲にふさわしいと思った。ただ、ここも熱狂的な祝祭感が不足する気がする。

 

私のこの曲に対する思い入れが、ヤングの演奏と重ならないだけのことではあるのだが、最後まで、見事な演奏だと思いつつ、心から感動することはできなかった。

 

|

« 関西弦楽四重奏団と豊嶋泰嗣によるブラームス弦楽五重奏曲全曲演奏会 ブラームスの声が聞こえるような演奏! | トップページ | ノット+東響の第九 とりわけ第2楽章にしびれた! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関西弦楽四重奏団と豊嶋泰嗣によるブラームス弦楽五重奏曲全曲演奏会 ブラームスの声が聞こえるような演奏! | トップページ | ノット+東響の第九 とりわけ第2楽章にしびれた! »