« 2019年12月 | トップページ

長尾洋史のゴルトベルク変奏曲 緻密で確かで厳かで豊かさにあふれた世界

 2020年1月19日、六本木Kコンサートサロンで長尾洋史ピアノリサイタルを聴いた。曲目はバッハのゴルトベルク変奏曲。

 ピアノ曲をあまり聴かない私は、ピアノの音に反応することはあまりないのだが、10年近く前、加納悦子さんの歌を聴きに行って、伴奏の長尾さんのピアノの音に深く感動したことがあった。その後、何度か長尾さんのピアノを聴かせていただいたが、今回、長尾さんが得意のゴルドベルク変奏曲を演奏すると知って聴きに出かけた。

 演奏前、舞台に登場した長尾さんが、ゲネプロ中に弦が切れて出にくい音があることを話した。そして、ゴルトベルク演奏曲の前に、マタイ受難曲の中のアリアを演奏。そのままゴルトベルク変奏曲が始まった。私の耳が良くないのかもしれないが、私自身は出にくい音についてはまったく気にならなかった。

 それにしても、感傷的なところが皆無のバッハ。研ぎ澄まされたゆるぎない音で、リズムを動かすこともなく、感情移入することもなく、真摯に明晰に演奏を続ける。むやみに強弱をつけることもなく、ある意味で淡々としている。しかし、ストイックでありながら、その美しい音には様々な感情が含まれる。確かな音によって、静かに、そして確かに緻密で確かで厳かで、しかも豊かさにあふれた世界があふれ出る。これはもう一つの魔法だと思った。素人目には、単に楽譜通りにひいているように思われるのだが、徐々にホールをバッハの世界に変えていく。長尾さんのお弟子さんなのだろうか、若い方や小中学生に見える子供もいた。若者には退屈な曲なのではないかと心配したが、みんながじっと耳を傾ける。それほどまでに説得力のある演奏といえるのではないか。

 30の変奏が無作為に並べられているのではなく、必然的な理由をもって並べられていることがとてもよくわかる演奏だった。徐々に深まり、高まり、頂点に達して、最初のアリアに戻ってこの大曲が終わる。

 素晴らしいピアノの世界を堪能した。

| | コメント (0)

あまりにいびつなエッシェンバッハ+バルトのブラームスのピアノ協奏曲 

 2020年1月17日、NHKホールでNHK交響楽団定期公演を聴いた。

 指揮はクリストフ・エッシェンバッハ、曲目は、前半にピアノのツィモン・バルトが加わって、ブラームスのピアノ協奏曲第2番。後半にシェーンベルク編曲によるブラームスのピアノ四重奏曲 第1番。

 ピアノ協奏曲に関しては、きわめていびつな演奏だった。第一楽章冒頭、あまりに遅いテンポに驚いた。ゆっくりと抒情的に演奏。だが、ゆっくりというよりも、あまりに鈍重といいたくなる。あまりにのろい。しかも、ピアノも速くなったり遅くなったり、がんがんと鋼鉄のような指で弾いたり、優しくしなやかに弾いたり。それがゆっくりと展開されるものだから、全体が統一を持たず、むしろ瓦解しているように聞こえる。いびつな世界が展開される。それにしても、バルトは大柄で筋肉のたくましい男性。時にものすごい腕力でピアノをたたきまくる。ただ、私はそれにもあまり説得力を感じなかった。

 第2楽章も、第1楽章に輪をかけてゆっくり。第3楽章ものろかった。さすがに第4楽章は速くなるかと思ったら、最後までゆっくり。なんと、1時間を超す演奏時間だったようだ。この曲はもともと50分近い大曲だが、それにしても!

 素晴らしい箇所はあった。アッと思うほどに美しいパッセージもあった。だが、全体がこれではどうにもならない。私はただあきれて聴くばかりだった。エッシェンバッハの解釈なのか、それともバルトの解釈なのか。いずれにせよ、私は納得できない。

 後半のピアノ四重奏曲のほうは、協奏曲よりはずっとよかった。こちらのほうはかなり速いテンポで激しくドラマティックに、しかも派手に演奏。ブラームスの曲想だが、シェーンベルクのオーケストレーションはまったく異なった世界を現出させる。ブラームス特有の抑制された渋くて深いロマンティスムは影を潜め、切れの良い、ちょっとエキセントリックな音楽になっている。それはそれでおもしろい。エッシェンバッハの手際の良さを感じる。

 ただ、ブラームス好きの私からすると、「やっぱりブラームス自身のオーケストレーションのほうがいいなあ」と思わざるを得なかった。

 

| | コメント (5)

新刊『イヤなことはしない!』発売

 拙著『イヤなことはしない!』(清流出版)が発売された。

 私は、いやなことはなるべくしないで、人付き合いもほどほどにし、肩ひじ張らずに気楽に生きている。この本の中に、その私の、日々の生活や世の中の様々なこと、趣味や老後のことなどについての考えをまとめた。大したことは書いていないが、中には、あれこれと考えるきっかけになるような項目も含まれているかもしれない。気楽に読んでいただけると、こんなうれしいことはない。

 また、昨年の11月に刊行された、『「頭がいい」の正体は読解力』(幻冬舎新書)も、刊行が、OECDが行っている学習到達度調査で日本が15位の下落したことが報道され多時期と重なって、ネット上でも話題になっているようだ。この本では、読解力の重要性を説明し、効率よく読解力をつける方法を解説、読解力を養成する練習問題も加えている。これについても、読んでいただけると、うれしい。

| | コメント (0)

パパヴラミ+岡田のデュオ パパヴラミのヴァイオリンに酔った!

 2020114日、王子ホールで、テディ・パパヴラミと岡田真季のデュオ・コンサートを聴いた。素晴らしかった。興奮した。パパヴラミのヴァイオリンに酔った。

 パパヴラミをナントのラ・フォル・ジュルネで知った。あまり名前は知られていないが、ものすごいヴァイオリニストだと思った。その後、日本のラ・フォル・ジュルネでも聞いて、何度も深く心を動かされてきた。今回、王子ホールで演奏が行われると知って、慌てて駆け付けた。

 最初の曲目、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第8番の最初の音から、その鮮烈な音に驚嘆。切っ先鋭くて細身で躍動感のある音。その音でダイナミックに、しかも研ぎ澄まされたリズムで音楽を展開していく。2曲目はプーランクのヴァイオリン・ソナタ、その次の曲ハドビュッシーの「ミストレル」(ドビュッシー自身によるヴァイオリンとピアノのための編曲版)。これらの曲も、筋肉質でダイナミックな音。一つ一つの音が美しく、切れがいい。音楽も立体的で躍動感にあふれている。

 岡田真季さんの書いたプログラムノートによれば、今回のテーマは「ご機嫌・ユーモア」だとのこと。ちょっとユーモアがある曲が選ばれている。だが、ユーモアというよりも、むしろ、「一筋縄ではいかない曲」というべきだと思う。諧謔に満ちていたり、皮肉っぽかったり、ユーモラスだったりと、様々な表情を持ち、解釈によってどうとでもとらえられるような曲が並んでいる。ベートーヴェンの第8番のソナタの第23楽章はまさに、ちょっと肩透かしを食わせるような曲想。私としては肩透かし具合をもっと強調してもよかったのではないかと思うが、それはそれでとても魅力的な音楽になっている。

 後半のプロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第2番は圧倒的な名演だった。ダイナミックで、不気味で、おどろおどろしく、しかもユーモラス。特に第2楽章は、なまはげの大活躍のような雰囲気。それを研ぎ澄まされた音のダイナミックな動きによって表現する。凄い! 音の躍動そのものに感動してしまう。

 最後のサラサーテによる「カルメン幻想曲」は、圧倒的なテクニックを聞かせてくれた。しかし、テクニックに溺れるのでなく、筋肉質できりりとした音楽がずっと生きている。妙な思い入れがなく、研ぎ澄まされた音によって情熱を展開していくので、いっそう音楽が冴えわたる。

 ピアノの岡田も健闘。パパヴラミのような鮮烈さはないが、しっかりとパパヴラミを支え、ヴァイオリンと対話している。パパヴラミと息もあっている。

 プロモーションの失敗なのだと思う。席は半分も埋まっていなかった。散文に一くらいだったのではないか。こんなすさまじい名演奏なのに、客が少ないのは何とも残念でもったいない。

 パパヴラミは大ヴァイオリニストだと思う。また聴きたい。

| | コメント (0)

鈴木雅明&若松夏美のチェンバロとヴァイオリンのための6つのソナタ ちょっとヴァイオリンの音が気になった

  2020年1月8日、紀尾井ホールで鈴木雅明リサイタルシリーズ2020の第1回、ディオ・リサイタルwith若松夏美を聴いた。

 私は特にバッハ好きではないし、バッハ・コレギウム・ジャパンを追いかけているわけではないが、久しぶりにオブリガート・チェンバロとヴァイオリンのための6つのソナタを聞けると合って、足を運んだ。

 前半に第4・5・6番、後半に1・2・3番の順で演奏された。

 いかめしくなく、肩の力を抜いたヴァイオリンの演奏を緻密なチェンバロが支えるといった形になっていた。とてもいい雰囲気。昔なじみで、ずっと仕事を共にしてきて気心を知り尽くした二人が親密に演奏する。ヴァイオリンは特に自己主張するのでなく、チェンバロとともに静かに世界を奏でる。この6つのソナタにふさわしい。無伴奏のソナタとパルティータも素晴らしいが、チェンバロの加わる曲も、緊張感が薄れる分、親密性があり、穏やかさがあり、静かな高揚がある。それがこの二人の演奏にぴったりだった。

 ただ私はヴァイオリンからたびたび出る濁った音、汚い音が気になった。グシャっといった音が数十回聞こえた。もちろん、軽い音なので気にしない人は気にせずに済むと思うのだが、私は大いに気になる。弓のちょっとした乱れが原因なのだろうか。数回なら許容範囲であって、実演ではよくあることだが、それにしても回数が多すぎると思った。落ち着いて鑑賞できなかった。全体の雰囲気がとてもいいだけに、少々残念だった。

| | コメント (0)

オペラ映像「魔笛」「魔弾の射手」「エトワール」「アムレット」「スティッフェリオ」「第1回十字軍のロンバルディア人」

 2020年正月。テレビのお笑い番組を追いかけながらごろごろしている。年末にみたミルクボーイの「コーンフレーク」と「もなか」は最高におもしろかった。昨日、「ビンゴ」を見たが、これも笑い転げた。

 そうこうしながら、年末年始にかけて、オペラ映像も何本か見た。簡単な感想を記す。

 

モーツァルト 「魔笛」 2018年 ザルツブルク祝祭大劇場

 リディア・スタイアーの演出は、もともとのセリフのほとんどをカットして、台本にはないお爺さんを登場させ、台本にはないセリフをたくさん作って、新たな人物によってストーリーを再編成している。お爺さんが子どもたちにお話を話して聞かせるが、それが「魔笛」の話になっており、子どもたちは、その話に三人の少年として参加する。

 子供たちのヒステリックな母親が夜の女王、パパゲーノは出入りの肉屋の息子、タミーノはほっぺたを赤く塗った軍服姿の男性として登場。ただこうすることで、「魔笛」(いうまでもなく、とても謎の多い台本だ!)についての新たな解釈が示されるわけではなく、ただ単に混乱させただけと私には思える。私の最も嫌いなタイプの演出だ。

 演奏は、演出に比べるとずっといいと思う。こんな演出で歌うのが気の毒に思える。タミーノのマウロ・ペーター、パミーナのクリスティアーネ・カルクはとてもきれいな声。三人の侍女もそろっていて、とてもいい。ただ、パパゲーノのアダム・プラチェトカもしっかりと歌っているが、パパゲーノにふさわしい軽妙さはまったくない。

 ザラストロのマティアス・ゲルネはこの役にふさわしい声が出ていないように思う。夜の女王のアルビナ・シャギムラトヴァは美しい声だし、音程はしっかりしているが、躍動感に欠ける。とはいえ、全員が顔の識別がつかないほどに化粧を施しており、あれこれの演技をしているので、声の面での私が感じる不満は、もしかしたら演出意図によるものかもしれない。

 コンスタンティノス・カリディスの指揮するウィーン・フィルはぞくぞくするほど素晴らしい。序曲の躍動感といかがわしさを予感させる響きはみごと。

 ただ私としては、このような演出は勘弁してほしいと思うばかりだ。

 

ウェーバー 「魔弾の射手」2017年 ミラノ、スカラ座

 台本のせいで、「魔弾の射手」はどうしても学芸会じみてしまうのだが、この上演はまったくそんなことはない。隠者が突然現れて不自然といえば不自然だが、全体的には一つの怪奇な物語として十分にドラマティックな展開を楽しめる。

 歌手陣が充実している。圧倒的な存在感を示すのが、カスパールを歌うギュンター・グロイスベックだ。顔だけではグロイスベックだとはわからなかったが、声を聴いて納得。彼の存在のゆえにこのオペラがリアルなものになっているといっていいだろう。

 アガーテのユリア・クライターも澄んだ声で明瞭に歌って素晴らしい。エンヒェンのエーファ・リーバウもとてもチャーミング。マックスのミヒャエル・ケーニヒも声はいいが、体形のせいもあって、演技が少々間が抜けているように見えてしまう。

 それよりなにより、やはりチョン・ミョンフンの指揮がいい。力感があり、時におどろおどろしく、しかも抒情的。それを見事に使い分けて音楽を展開していく。マティアス・ハルトマンの演出も、変にいじくらずにわかりやすくてドラマを盛り上げる。

 

シャブリエ 「エトワール」 2014年 アムステルダム、オランダ国立歌劇場

 昔、LDだったか、このオペラの映像をみた記憶があるが、内容的については覚えていない。ほとんど初めてこのオペラを知ったに等しい。とても楽しめた。

 ラズリを歌うステファニー・ドゥストラックは声もしっかりしているし、若い男性を見事に演じて見事。ウフ王のクリストフ・モルターニュも軽妙でいい。王女ラウラのエレーヌ・ギュメットも可憐でちょっとはすっぱな王女にふさわしい。そのほかすべての人物が芸達者で声もいい。

 そして何よりも、今回もまたローラン・ペリーの演出に圧倒される。ペリーの手にかかれば魔法のようにあらゆるオペラが軽妙で楽しくて生き生きとしたものになる。色彩感にあふれ、躍動にあふれ、エスプリにあふれていて、文句なし。

 パトリック・フルニリエの指揮するハーグ・レジデンティ管弦楽団も不満はなかった。

 

トマ 「アムレット」2018年 パリ、オペラ=コミーク座

「ハムレット」の物語だが、フランス語なので「アムレット」と発音するべきだろう。少し前、キーンリサイドとデセイの歌った映像をみて、素晴らしいと思ったが、この映像もそれに劣らない。アムレットのステファン・デグーの知的なアムレットもいいが、何とも驚くほどに素晴らしいのが、オフェリのサビーヌ・ドゥヴィエル。姿かたちも清純で可憐であまりに美しく、まさにオフィーリア。歌唱も透明で美しい。高音の美しさもデセイに劣らない。このところ、容姿端麗で歌唱も素晴らしい女性歌手たちを何人も見たが、このドゥヴィエルはその典型といえるかもしれない。

 そのほか、クローディアスのローラン・アルヴァロ、ジェルトリュードのシルヴィ・ブリュネ=グルポゾ、ラエルト(レアティース)のジュリアン・ベールなど、すべての役がそろっている。

 ルイ・ラングレの指揮によるシャンゼリゼ管弦楽団も、見事にトマの音楽をドラマティックに再現してくれている。人間の深みは描かれないままハッピーエンドに終わるので、シェークスピアの「ハムレット」とは異なるが、それはそれでとても面白い。シリル・テストの演出は、登場人物は全員、現代の衣装で、巨大な映像を舞台上に映し出して表情などを見せるものだが、特に違和感はなく、映画のようなリアリティを持ってみることができた。

 アンブロワーズ・トマの「アムレット」というオペラ、とてもおもしろい。まだ私は実演をみたことがない。上演の機会を待ちたい。

 

ヴェルディ 「スティッフェリオ」2017年 ファルネーゼ劇場 (ヴェルディ音楽祭)

 カトレーン・クズミク・ハンゼルによる比較校訂版によるという。

 まず、グラハム・ヴィックの演出に驚く。だだっ広い広間。その中に数か所、机をいくつか合わせたような感じでステージが作られている。広間に観客がぞろぞろと入ってくるが、観客は何が起こっているのかわからずにいる。しばらくすると、ステージの上で男女が体を重ねて愛撫を始める。そうして、音楽が始まり、ステージの人物たちが歌い始めて、やっとそこがオペラの舞台になっていること、観客は立ったままそれをみることに気づく。要するに、舞台があり、それを観客が離れたところからみるというのではなく、広間にステージが複数あり、それを観客が取り囲んでみるという形になっている。現在でも、日常の中でも起こる出来事としてオペラが今、作られていく実感を得ることができる。おもしろい試みではある。

 ただ、観客は立ってみなければならないので、私のように腰痛に悩む人間にはかなりつらそう。しかも、ステージの上だけでなく、観客の横でも小さな演技が行われ、合唱団が配されているので、落ち着かない。

 演奏はとてもいい。歌手陣はそろっている。スティッフェリオのルチアーノ・ガンチは素晴らしい。張りのある美声。妻に浮気されて怒りの燃えながらも神に従おうとする牧師を見事に演じている。妻のリーナを演じるマリア・カッツァラーヴァも、庶民的な風貌だけに一層リアルに感情が伝わる。声も力がある。スタンカー伯爵のフランチェスコ・ランドルフィもラファエーレのジョヴァンニ・サーラも申し分ない。

 グリエルモ・ガルシア・カルヴォの指揮によるボローニャ市立歌劇場管弦楽団は、いかにもヴェルディらしい芯の強いきびきびした演奏をする。このようなオーケストラによって、牧師の葛藤が描かれると、とても感情がストレートに伝わって心地いい。初めてこのオペラに触れたが、十分に楽しめた。

 

ヴェルディ 「第1回十字軍のロンバルディア人」2018年 トリノ・レッジョ劇場

 初めて、このオペラの映像をみた。イスラム教徒への一方的な暴力に対する抗議を示すオペラであって、ストーリー的にもとても説得力がある。音楽もおもしろかった。中世を舞台上に再現しており、歌手陣も充実している。

 ジゼルダ役のアンジェラ・ミードが圧倒的な歌唱と存在感を示す。モンセラット・カバリエもこのようだったのではないかと思わせるほど。初め、体形を見てげんなりしていたが、声を聴くと、体形などまったく気にならなくなる。ものすごい声の持ち主。アルヴィーノのジュゼッペ・ジパーリも強靭なテノールが美しい。オロンテのフランチェスコ・メーリ、パガーノのアレックス・エスポージトも文句なし。

 知らない曲なので演奏については何も言えないが、ミケーレ・マリオッティの指揮もメリハリが感じられてとても心地よかった。

| | コメント (0)

2019年大晦日の「ベートーヴェンは凄い!」に元気をもらって2020年が始まった

 2020年になった。オリンピックの年だが、我が家にも大きな出来事が予定されている。よいことばかり起こってくれることを祈る。

 昨日(2019年12月31日)、東京文化会館でベートーヴェンの全交響曲演奏会「ベートーヴェンは凄い!」を聴いた。全9曲を一人で指揮するのは小林研一郎、オーケストラは岩城弘之メモリアル・オーケストラ。篠崎史紀さんらNHK交響楽団などのえりすぐりのメンバー。十数年前、初めてこのイベントを聴いて以来、コバケンさん(一度お会いしてお話しする機会があったとき、「コバケンさん」と呼んでよいという許可をいただいたので、最高の尊敬を込めて、コバケンさんと呼ばせていただく)のあまりの白熱ぶりに驚嘆し、最後には全身で感動。それ以来このイベントを楽しみにしてきたのだが、昨年と一昨年は体調を崩すなどしてきけなかった。久しぶりの「ベートーヴェンは凄い」だった。

 第1番が始まったが、コバケンさんの燃える演奏ではなかった。聞こえてくる音楽も燃えていないし、そもそも指揮棒を振る姿もいつもの「入魂のコバケン」ではない。もちろん、とても良い演奏で、オーケストラは素晴らしいし、ベートーヴェンの音楽の作りがとてもよくわかるのだが、これまでのコバケンとあまりに違う。もしかしたら、私が聴かなかった2年間のうちにコバケンさんのベートーヴェン解釈が変化したのだろうかと思った。

 徐々に少しずつコバケンさんらしさが見えるようになった。第3番もとても良かった。第5番も見事だった。第6番の、穏やかで優しく始まった音楽がだんだん形を成していくさまも見事だった。だが、白熱の音楽とはいえない。

 第7番の第3楽章あたりから、コバケンの世界になってきた。まさに入魂。そして、第九。素晴らしい演奏だった。武蔵野合唱団の合唱の精度が少し甘かったのと、それぞれに素晴らしい4人のソリスト(市原愛、山下牧子、ジョン・健・ヌッツォ、青山貴)がうまくハーモニーを醸し出さないのを感じた。だが、第四楽章の盛り上がりは素晴らしい。私は、第九の最後の2分間についてはコバケンさんは群を抜いて古今東西世界一の指揮者だと思っている。最高の祝祭感、最高の高揚。魂が燃え上がる。

 大拍手の後、実は、コバケンさんは昨晩、鼻血が止まらず、救急車で運ばれたのだという。鼻に詰め物をして、体調に気遣いながら、演奏していたのだった。そういえば、しばしばハンカチを鼻にあてているのには気づいていた。もしかしたら、ゲネプロも十分ではなかったために、合唱や独唱を合わせられなかったのかもしれない。

 終演後、鼻に詰め物をしたコバケンさんを近くから見た。このような状態でありながら、ベートーヴェンの全交響曲を振られたことに改めて驚嘆。コバケンさんの不屈の精神にもベートーヴェンの不屈の精神にも圧倒される。

 大晦日の「ベートーヴェンは凄い!」に元気をもらって、2020年が始まった。

| | コメント (1)

« 2019年12月 | トップページ