« 長尾洋史のゴルトベルク変奏曲 緻密で確かで厳かで豊かさにあふれた世界 | トップページ | 宮田大&田村響のベートーヴェン・チェロ・ソナタ のびやかでスケールの大きな演奏! »

N響オーチャード定期 オポライスもルイージも素晴らしかった

 2020125日、N響オーチャード定期を聴いた。指揮はファビオ・ルイージ。曲目は、前半にウェーバーの「オイリアンテ」序曲と、ソプラノのクリスティーネ・オポライスが加わって、シュトラウスの「四つの最後の歌」、後半に「英雄の生涯」。コンサート・マスターはライナー・キュッヒル。

「オイリアンテ」序曲で腕慣らし。しなやかでありながらもドラマティック。まさにルイージの音。ただ、とても残念なことに、私は1階後方の席だったが、音がくぐもって聞こえた。どうもこのホール、音のバランスが悪かったり、こもったりする場所が多いような気がする。これまでの記憶では、ルイージはもっと一つ一つの楽器が透明に聞こえた気がしたのだが、今日は団子状に聞こえてきた。

 が、それでも「四つの最後の歌」は素晴らしい音。研ぎ澄まされているのだが、十分に官能的。オポライスの声も美しく、音程もしっかりした強い声。私は「眠りにつこうとして」のヴァイオリン・ソロから後の部分が大好きだ。陶然としてくる。今日も涙が出てきた。キュッヒルの音もしなやかで美しい。オポライスの声も静かに高みに上昇していく。ただ、「夕映えの中で」のオーケストラが少しもたついて、人生の最期の思いが十分にホールに広がっていかなかった。そうはいっても、最後のヴァイオリン・ソロとホルン・ソロの音の重なりは最高に素晴らしかった。

「英雄の生涯」は、まさにルイージの世界を十分に味わうことができた。本当に素晴らしい。しなやかな音、それが大きく盛り上がったり、官能的なささやきになったり、音の爆発になったり。場面場面違った表情を見せてくれるが、音色が美しく、全体に一体性があるので、そこに不自然さは感じない。先ほど書いた通り、席が後方だったために、音の一つ一つの輝きを聞き分けることができなかったのが残念だが、それでもNHK交響楽団の実力がよくわかった。切れ味の良い、鮮明な音がしばしば響きわたった。感動した。

|

« 長尾洋史のゴルトベルク変奏曲 緻密で確かで厳かで豊かさにあふれた世界 | トップページ | 宮田大&田村響のベートーヴェン・チェロ・ソナタ のびやかでスケールの大きな演奏! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長尾洋史のゴルトベルク変奏曲 緻密で確かで厳かで豊かさにあふれた世界 | トップページ | 宮田大&田村響のベートーヴェン・チェロ・ソナタ のびやかでスケールの大きな演奏! »