« 新作映画「コリーニ事件」 ドイツという国の父親捜し? | トップページ | 「パプーシャの黒い瞳」 白黒の詩的映像で描かれたジプシー女性詩人の生涯 »

弱さを知り、助けを求めること

 2日連続で映画館で映画をみた。ベルギーのダルデンヌ兄弟(ジャン=ピエール・ダルデンヌとリュック・ダルデンヌ)の監督した「その手に触れるまで」。考えさせられる内容の映画だった。(以下、ネタバレが含まれる)。

 ベルギーで暮らす13歳のアラブ系の少年アメッドは突然、イスラム教の導師の影響を受けて過激になり、宗教的な規律を厳格に守って女性に手を触れようとしなくなる。家族に対しても攻撃的になり、同じアラブ系のイネス先生が、従来のように「コーラン」のみを使うのではなく、歌を使ってアラビア語を子どもたちに教えようとするのに反発する。そして、それを導師に悪魔の教えでもあるかのようにそそのかされて、イネス先生を殺害しようとして襲い掛かる。殺害に失敗し、少年院に入って教育プログラムを受け、農家で作業を手伝うようになる。農家の少女ルイーズに恋を打ち明けられキスされる。アメッドも憎からず思っているが、イスラム原理主義にとらわれているアメッドは自分の素直な気持ちを罪だと感じて自分を責める。そして、教育係の眼を盗んで車を抜け出し、イネス先生を殺害に出かける。だが、家に忍び込もうとして屋根から転落。動けなくなって助けを求めたとき、イネス先生に発見される。「ごめんなさい」と謝罪するところで終わる。

 さて、最後の謝罪は、果たして自分の過激な信念を本当に悔いたものだったのか。それははっきりしない。だが、農場で動物に接し、ルイーズの初々しい愛に接して、アメッドはだんだんと軟化していた。最後、イネス先生を殺しに行くが、それは迷う自分に決意を促すためでもあっただろう。だが、失敗して、自分が生命の恐怖を覚える。弱さを知り、他人の助けを求める。そこで自分のそれまでの狂信に気づく。女性の手に触れようとする。

 純粋な子どもであるだけに、アメッドは過激になり、思い込み、ほかの考えを一切遮断するようになり、なかなか考えを変えない。子どもをそそのかしておいて、いざとなったら責任逃れをする狡猾な導師を心から尊敬し、異端者を殺して自分が死ぬことを宗教的な意味のある行為だと信じている。アメッド少年の純粋さ、初々しさがそのまま激しい偏見になっていく。そのような様子を映画はとても丁寧に描いている。

 この映画も声高に解決策を示しているわけではない。それを示せるほど安易な状況ではない。だが、アメッドの心を描きながら、この映画は私たちに、アメッドの心に遊びがないこと、それが自分を追い込んでいること、本来の人間の心を罪とみなして苦しんでいることに気づかせてくれる。そして、おそらく狂信から癒えるには、多くの生と接触し、自分の弱みを知り、助け合うことの大事さを知り、動物らしい営みも人間らしい心の動きも決して罪ではなく、自然なものなのだと知ることが必要なのだとわからせてくれる。

 問題の深刻さと解決への糸口を静かに真摯に示してくれている。

|

« 新作映画「コリーニ事件」 ドイツという国の父親捜し? | トップページ | 「パプーシャの黒い瞳」 白黒の詩的映像で描かれたジプシー女性詩人の生涯 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新作映画「コリーニ事件」 ドイツという国の父親捜し? | トップページ | 「パプーシャの黒い瞳」 白黒の詩的映像で描かれたジプシー女性詩人の生涯 »