« ブリテンのオペラ映像「ピーター・グライムズ」「ルクレツィアの凌辱」「ビリー・バッド」「グロリアーナ」「ヴェニスに死す」 | トップページ | 清水和音・藤江扶紀・岡本侑也のラヴェルを堪能 »

飯森・東響の「運命」を堪能!

 2020年8月23日、神奈川県立音楽堂で飯森範親指揮、東京交響楽団の演奏を聴いた。曲目はベートーヴェンの交響曲第6番「田園」と、第5番、いわゆる「運命」。

「田園」の最初の音を聴いて、美しい音にうっとりした。充実したオーケストラの音が聴けたと思った。しなやかで精妙な音。ただ、そのあとはしばらく精彩を欠いているのを感じた。音楽がうまく流れないし、歌わない。マエストロ飯森の解釈はかなりオーソドックスだと思う。小細工なしに音楽を歌わせようとする。しかし、オーケストラがそれについていかない気がする。やはり、新型コロナウイルスによるブランクの影響が大きいのだろう。第2楽章にとりわけもたつきを感じた。だが、第3楽章からだんだんと盛り上がった。嵐の部分は音に勢いが出て、徐々に精妙さも増してきた。ただ、やはり、最後まで感動するには至らなかった。

 しかし、休憩後、「運命」が始まったとたんに、私はぐいぐいと音楽に惹かれていった。第1楽章冒頭から緊迫感にあふれ、どんどんと高揚していく。オーケストラはマエストロの指示に即座に呼応して、低弦が勢いづいて音楽が生き生きとしてくるのがよくわかった。これもきわめてオーソドックな解釈だと思う。テンポをいじったり、何かの楽器を際立たせたりするのではなく、真っ向勝負で音を進めていく。それが一つ一つ小気味よく決まっていく。第1楽章は一分の隙もなく構築された音が見事に再現されていくの目の当たりにする気k持ちになった。第2楽章の変奏の変化のニュアンスもとても美しく、オーケストラの音が精妙になっていくのがわかった。第4楽章はいやがうえにも高揚し、まさしく現在の閉塞状況をねじ伏せて勝利に導こうとするかのような音楽になった。私は大いに感動した。

 飯森さんから観客への短いトークの後、アンコールとしてベートーヴェンの「12のコントルダンス」の第7曲(「エロイカ」の第4楽章に出てくるテーマの曲)が伝えられて演奏された。短いながら、しなやかな舞曲の気分があって、とても良かった。

 やはり生の音楽は素晴らしい。やはりオーケストラは素晴らしい。やはりベートーヴェンは別格。

|

« ブリテンのオペラ映像「ピーター・グライムズ」「ルクレツィアの凌辱」「ビリー・バッド」「グロリアーナ」「ヴェニスに死す」 | トップページ | 清水和音・藤江扶紀・岡本侑也のラヴェルを堪能 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブリテンのオペラ映像「ピーター・グライムズ」「ルクレツィアの凌辱」「ビリー・バッド」「グロリアーナ」「ヴェニスに死す」 | トップページ | 清水和音・藤江扶紀・岡本侑也のラヴェルを堪能 »