« 小泉+都響 ブラームス交響曲第3番の終わりは昇華だった! | トップページ | 映画「鵞鳥湖の夜」 フィルム・ノワールの形をとって躍進に取り残された人々の生をえぐる »

オペラ映像「マクベス」「イル・トロヴァトーレ」「椿姫」「皇帝ティートの慈悲」「ルサルカ」「ホフマン物語」

 9月・10月はずっと原稿を書いていた。ともあれ、編集者に原稿を送って、気が楽になった。気が付けば、秋も深まっている。オペラ映像を何本かみたので、簡単な感想を記す。

 

ヴェルディ 「マクベス」 2011年 ロイヤル・オペラ・ハウス

 英国ロイヤル・オペラ・ハウスのヴェルディのオペラのBD3枚セットが安売りされていたので購入。まずは、「マクベス」(きっとそのうち、「マクベット」と呼ばれるようになるだろう)をみた。

 マクベスのサイモン・キーンリーサイドはこの役にふさわしい性格俳優的な演技と明快な声。ためらいがちながら野望を抱き、しっぺ返しを受ける人間を等身大で歌う。マクベス夫人のリュドミラ・モナスティルスカも張りのある美声でみごと。バンクォーのライモンド・アチェト、マクダフのディミトリ・ピッタスともに素晴らしい美声で、この上演には難点がない。

 指揮はアントニオ・パッパーノ。ダイナミックな演奏で、観客をドラマのるつぼに投げ込む。フィリダ・ロイドの演出は大胆な解釈はないが、わかりやすい。映画的なリアリティにあふれ、マクベスがマクダフに倒される場面など息をのむ。舞台装置も質感にあふれている。いかにも英国ロイヤル・オペラにふさわしい上演だと思う。

 

ヴェルディ 「トロヴァトーレ」2002年 ロイヤル・オペラ・ハウス

 20年近く前の収録。歴史的な名演だと思う。マンリーコのホセ・クーラ、ルーナ伯爵のディミトリ・ホロストフスキー、レオノーラのヴェロニカ・ヴィッラロエル、アズチェーナのイヴォンヌ・ネフ。この四人ががっぷりよつに組んですさまじい。みんなが張りのある声で歌いまくり、それを導くカルロ・リッツィの指揮もドラマティックで引きつける。クーラとホロストフスキーのすばらしさは前からよく知っていたが、二人の女性は初めて知った。深みのある声に惹かれた。

 イライジャ・モシンスキーの演出も「マクベス」と同じような映画的リアリティにあふれている。

 

ヴェルディ 「椿姫」 2009年 ロイヤル・オペラ・ハウス

 ヴィオレッタをルネ・フレミングが歌い、アルフレードをジョセフ・カレヤ、ジョルジョ・ジェルモンをトーマス・ハンプソンが歌うとなったら、悪かろうはずがない。ちょっとハンプソンの歌が粗いが、これも持ち味だと思う。この中では、やはりカレヤが圧倒的にすごい。輝かしくて美しくてほれぼれする声。従来の二枚目のアルフレードではなく、田舎者の垢ぬけないうぶな若者と考えると、これはこれでぴったりの役だと思う。

 ただ、素晴らしい演奏であり、観客も大喝采していたし、きっと私も実演をみていたら涙を流して感動していたに違いないと思うのだが、この映像をみる限りでは、私はなぜかあまり感動できなかった。もしかしたら、パッパーノの指揮に私は違和感を覚えたのかもしれない。いかにもパッパーノらしい勢いのある演奏。だが、このオペラにそのようなイメージを抱いていない私は、こんなに勢いをつけて一体どこに行くんだ?と言いたくなってしまった。しんみりしたところがない。いや、時々しんみりするが、とってつけたようで、ニセモノ臭く感じる。ヴィオレッタまでもがいかにも演じているようで、病の苦しみの中で必死に愛に生きようとしているようには見えなかった。演出はリチャード・エア。私にはごくオーソドックスに思える演出だった。

 上手な歌手たちだなあと思っただけで終わってしまった。

 

モーツァルト 「皇帝ティートの慈悲」 2017年 グラインドボーン歌劇場

 このオペラを実演では一度もみたことがなく、映像でも数回しかみていない。かのモーツァルトが最晩年の「魔笛」とレクイエムの間に、なぜこんな魅力のないオペラを作ったのかとずっと疑問に思っていたが、今回みてみると、いやいやとてもいいオペラではないか! ちょっとあっさり気味なのは間違いないし、確かに「フィガロ」や「魔笛」などのような親しみやすいアリアが次々に出てくるわけではないが、心にしみる歌があり、ドラマティックな歌があり、感動的な結末があって、十分に楽しめる。刈り込んでエッセンスだけを残した魅力がある。

 ロビン・ティチアーティの指揮するエイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団が素晴らしい。セストの苦悩を見事に描く。遊びの部分を排してエッセンスだけを際立たせている。

 歌手陣もそろっている。ティートを歌うリチャード・クロフトの歌に驚嘆した。見かけはセストの幼友達というよりも、若きセストの老いた父のように見えるが、声は美しい。余裕があってしなやかで高貴。セストを歌うアンナ・ステファニーも声に張りがあり、テクニックも見事。生真面目で一途な青年をしっかりと歌っている。ヴィッテリアのアリス・コートも、肉感的な悪女になりきれない悪女をうまく歌う。プブリオのクリーヴ・バーレイ、

 アンニオのミシェル・ロジエ、セルヴィリアのジョエル・ハーヴェイのいずれも、透明で音程の良い声で好感が持てる。

 演出はクラウス・グート。ローマ時代の物語を現代の物語にし、宮廷の手前にゴミ捨て場のようになった空き地を作り出して、殺伐とした心の一面を描く。この仕掛けによって、それぞれの人物の心の二面性が明らかになる。寛大で高潔なティートでさえも、残酷な一面を持ち、それをぐっと抑制する。二重のセットはそれを示しているのだろう。

 素晴らしい上演だと思う。

 

ドヴォルザーク 「ルサルカ」 2019年 グラインドボーン音楽祭

 このところのグラインドボーン音楽祭の上演にははずれがないといえるほどだが、その中でもこれは出色。ロビン・ティチアーティの指揮がまず凄い。このオペラはおとぎ話とみなすことも十分にできると思うのだが、今回の上演はそれよりも人間の性(さが)を描いたシリアスな人間ドラマになっている。愛情を強く感じてはいるものの、ルサルカと心を通わせることができず、つい情熱的で人間的な王女の誘惑に乗ってしまう王子、それを許せないルサルカ。それが水の精たちの非人間的な世界によって抉り出される。

 歌手陣も見事。とりわけルサルカのサリー・マシューズは清純な声と美しい肢体によってまさに水の精を演じる。いかにも人間的に無防備な王子を歌うエヴァン・リロイ・ジョンソンも魅力的。ヴォドニクのアレクサンドル・ロスラヴェッツ、イェジババのパトリシア・バードン、外国の王女のゾーヤ・ツェレリーナもとてもいい。全員がそろっている。

 演出はメリー・スティル。水底の雰囲気を出し、ある意味で冷酷なこのドラマを美しくも残酷に描く。さすがグラインドボーン!

 

オッフェンバック 「ホフマン物語」 2019年 モネ劇場 (NHK/BS放送)

 NHKで放送された映像。オランピア、アントニア、ジュリエッタ、ステルラの4役を歌うパトリシア・プティボンが素晴らしい。うまく演じ分ける見事な声と演技力。もちろんとてもチャーミング。ホフマンのエリック・カトラー、ニクラウスのミシェル・ロジェ、リンドルフのガーボル・ブレッツもとてもいい。

 指揮はアラン・アルティノグリュ。知らない指揮者だ。おとなしめの指揮に思えた。私にはあまり魅力的な指揮には思えなかった。

 演出はヴァルリコフスキ。ホフマンを映画女優ステルラの演じた三つの役に恋した映画監督にみたてている。元の台本にはない、何本かの映画のセリフを歌手たちに語らせたり、余計なパントマイムによる小芝居をしばしばさせる。演出に関して保守的な私には、これはかなり不愉快だ。自作の人物に恋したホフマンという設定そのものはとても妥当だと思う。それを過剰なセリフや仕草を加えずに表現してこそのオペラ演出だと私は思う。こういう演出をもてはやすべきではないと私は思うのだ。

|

« 小泉+都響 ブラームス交響曲第3番の終わりは昇華だった! | トップページ | 映画「鵞鳥湖の夜」 フィルム・ノワールの形をとって躍進に取り残された人々の生をえぐる »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小泉+都響 ブラームス交響曲第3番の終わりは昇華だった! | トップページ | 映画「鵞鳥湖の夜」 フィルム・ノワールの形をとって躍進に取り残された人々の生をえぐる »