« 澤クヮルテットの「ラズモフスキー第3番」 繊細過ぎない率直な音楽 | トップページ | 下野+神戸市室内管のベートーヴェンに感動した »

新国立劇場「夏の夜の夢」 オール日本人歌手の素晴らしい演奏

 20201010日、新国立劇場で「夏の夜の夢」を見た。新国立劇場もやっと再開された。新型コロナウイルスの影響で外国人アーティストが来日できないため、すべてが日本人のメンバー(ただし、デイヴィッド・マクヴィカーの演出に基づいて、レア・ハウスマンの演出・ムーヴメントとのこと)。

 ちょっと心配していたが、歌手陣は極めて高いレベルで充実していた。まったく外国人勢に引けを取らないと思った。素晴らしい上演だった。

 私がもっとも驚嘆したのは、ヘレナを歌った大隅智佳子だった。以前から素晴らしい歌手だったが、声の響き、伸び、そして愛されないとわかっていながら男に付きまとう女性を演じる力に、私はほれぼれした。ハーミアの但馬由香も可憐で美しい声。そのほか、ライサンダーの村上公太、ディミートリアスの近藤圭、オーベロンの藤木大地、タイターニアの平井香織、パックの河野鉄平(難しい役を体当たりの演技!)、シーシアスの大塚博章、ヒポリタの小林由佳。どこにも穴がない。TOKYO FM少年合唱団による児童合唱も素晴らしかった。日本の声楽界がここまで上がったことをとてもうれしく思った。

 飯森範親の指揮する東京フィルハーモニーもとてもよかった。静謐にして妙なる音が続いた。静かに、ゆっくりと聴かせる。清潔で高貴で芯の強いブリテンらしい音を聴かせてくれた。

 私はブリテンのオペラについては最近知ったばかりで、「夏の夜の夢」も、つい先日初めてDVDをみたばかり。だから、実はほとんど知らないに等しい。DVDを見た時点で、「ピーター・グライムズ」や「ルクレツィアの凌辱」や「ビリー・バッド」や「ヴェニスに死す」と比べるとちょっと退屈だと思った。そして、今回実演を見て、やはり同じように思った。

 喜劇のわりにあまりに静謐。シェークスピアの時代と現代が入り混じり、まさに普遍的な音楽世界が展開する。時代を超えた音楽とでもいうか。それは素晴らしいのだが、起伏なく、並列的に音楽が展開するので、盛り上がりを感じない。もう少しドタバタ感がほしいのだが、それがない。おそらくブリテンは意図的にそうしているのだろうが、根が俗っぽい私としてはもう少し何とかしてほしいと思ってしまう。

 たぶん、これは私の修行が足りないせいだと思う。もう少しブリテンのオペラを聴くと、考えが変わるのかもしれない。現在、大量にブリテンのオペラのDVDを注文している(ただし、入荷が予定よりかなり遅れているので、果たして入手できるかどうか不安を覚えている)。これらを見終えてから、再びこのおぺらについて考えてみたい。

 とはいえ、新国立劇場の再開はめでたい。それにふさわしい素晴らしい上演だったことは間違いない。

|

« 澤クヮルテットの「ラズモフスキー第3番」 繊細過ぎない率直な音楽 | トップページ | 下野+神戸市室内管のベートーヴェンに感動した »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私も観に行きました。公演は楽しんだのですが、作品については、樋口様がおっしゃる「起伏なく、並列的に音楽が展開する」というご指摘に同感です。私もどこか平板だと感じますが、それは台本のせいではないだろうか、と愚考しております。ブリテンの他のオペラとちがって、「夏の夜の夢」はブリテン自身とピーター・ピアーズが台本を作成したので、こういってはなんですが、どこか素人臭さがあるような気がします。

投稿: Eno | 2020年10月11日 (日) 17時31分

Eno 様
コメント、ありがとうございます。
確かに台本自体平板ですね。ですが、確か、台本はシェークスピアからそのまま抜粋したということですので(ただ、きちんと確かめていませんが)、音楽に問題があるのかなと思ったのです。暇ができたら、原作にあたって少し考えてみたいところです。
ブログを拝見しました。大隅さんは本当に図抜けていましたね。ともあれ、もっとブリテンのオペラを聴きたいと思ったのでした。

投稿: 樋口裕一 | 2020年10月12日 (月) 22時17分

お返事ありがとうございます。私もあのオペラの台本はシェイクスピアの原作を抜粋して作成したと読んだことがあります。その点では「サロメ」と似ていますが、(「サロメ」は成功していると思いますが)あのオペラの場合はどうなのだろうと思った次第です。もう少しメリハリをつけたほうがよかったような気がします。原作を大事にしすぎたかなと素人考えをしています。楽しいオペラ談議をさせていただき、ありがとうございます。

投稿: Eno | 2020年10月13日 (火) 09時45分

Eno 様
コメント、ありがとうございます。
「サロメ」、そして「ヴォツェック」は本当に台本が見事ですね。確かに、それに比べると、納得できないところの多い台本だと私も思います。なんだか、ちょっと本格的に考えてみたい問題に思えてきました。ついでにオペラ談義をしますと、私はヤナーチェクの台本のわかりにくさに関心を持っています。どのオペラも同じようにわかりにくいと思うのですが、その正体がつかめずにいます。時間ができたら、じっくりと台本を読んで、ヤナーチェクのオペラの台本にはどのような共通の特徴があるのか、わかりにくさは何に起因するのか、わかりにくいのに魅力的なのはなぜなのか・・・を考えてみたいと思っています。脱線してしまって、申し訳ありません。

投稿: 樋口裕一 | 2020年10月14日 (水) 20時32分

度重なるコメントで申し訳ありません。もう一度だけお許しください。たしかに「ヴォツェック」も見事な台本ですね。「ヴォツェック」の原作は断片的なメモですが、その「ヴォツェック」も「サロメ」もストーリーが直線的に進むのにたいして、「夏の夜の夢」は妖精たちと若者たちと職人たちの3層構造で、台本はそのどれも大事にしたため、結果的にメリハリのないものになったのではないか、と素人考えをしています。
ヤナーチェクの台本について、樋口様は何をお感じになっているのか、お伺いできたらと思いました。私はというと、「マクロプロス事件」と「死の家から」については、原作はペシミズムの作品なのに、ヤナーチェク作成の台本はそれを肯定的な結末に変えていると思います。でも、樋口様のお感じになっていることは、そんなこととは関係ないかもしれませんね。

投稿: Eno | 2020年10月14日 (水) 22時01分

Eno 様
コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、「夏の夜の夢」は二つのストーリーの工作の仕方がうまくいっていませんね。シェークスピアの原作(ずっと昔読んだきりですが)ではまったく不自然に感じないのですが、オペラのほうはとってつけたようで、単に並べただけになっていますね。それも平板さの原因でしょう。
ヤナーチェクのオペラにつきましても、おっしゃる通り、無理やりに希望を持たせるような終わり方になっていますね。それもわからなさの原因かもしれません。それと関係があるのかないのか、じっくり考える必要があると思うのですが、私が最も気になるのは、「利口な女狐の物語」の酒場の場面です。いったいこの場面全体にどのような意味があるのかわからず、登場人物一人一人の位置づけも曖昧です。
そう考えると、「シャールカ」「運命」「ブロウチェク氏の休暇旅行」などに同じように意味不明の場面があると思えます。「マクロプロス事件」の第二幕の劇場の場面、「死者の家から」の劇中劇の場面も、ほかの作曲家でしたら、きっともっと整理して、余計なセリフをカットすると思うのですが、前後とかみ合わないセリフがたくさんあるのを感じます。それらが、私の感覚では、どれも同じような「わからなさ」なのです。なにかしら共通の傾向があるためにわかりにくくなっているのを感じます。が、ともあれ、少し暇ができたら、このような曖昧なことを語るのではなく、もっと具体的に調べてみたいと思っています。オペラ談義、とても楽しく感じます。ありがとうございます。

投稿: 樋口裕一 | 2020年10月15日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 澤クヮルテットの「ラズモフスキー第3番」 繊細過ぎない率直な音楽 | トップページ | 下野+神戸市室内管のベートーヴェンに感動した »