« 新国立劇場「夏の夜の夢」 オール日本人歌手の素晴らしい演奏 | トップページ | 日本三大テノールを堪能した! »

下野+神戸市室内管のベートーヴェンに感動した

 20201011日、紀尾井ホールで神戸市室内管弦楽団のコンサートを聴いた。指揮は 下野竜也。曲目は前半に清水和音が加わってのベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、後半のベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」。素晴らしい演奏だった。

 清水のピアノについて、第1楽章はちょっともたつき気味に聞こえたが、カデンツァのあたりからまさにベートーヴェンの世界に入っていった。芯の強い、しかしニュアンスにあふれる音でリズム感も見事。第2楽章はオーケストラとの掛け合いに引き込まれ、そのまま第3楽章に突入した。

 下野の指揮も清水のピアノも、これといって個性的な解釈をしているようには聞こえない。ごく当たり前のベートーヴェンの4番の協奏曲。どこかを強調することもなく、テンポを動かすこともない。だが、新鮮な音に聞こえる。音が生き生きとして若々しい。素晴らしいと思った。

 初めて聴くオーケストラだが、うわさに聞いていた通り、素晴らしい。弦楽器も木管楽器も美しい。弦楽器6台の小編成のベートーヴェンだったが、その力感は大オーケストラにまったく引けを取らない。むしろ、等身大のベートーヴェンが立ち現れた。アンサンブルがとても美しい。もしかしたら、室内オケのほうが大オーケストラよりもコロナ禍の中でアンサンブルを作りやすいのかもしれない。

「英雄」にいっそうそれを感じた。出だしからして、躍動感にあふれている。弦に厚みがあり、音と音の絡みがぴたりと決まる。迷っている様子がなく、確信にあふれている。まさに30代のベートーヴェンはこうだったのだろう。

 この曲の特に第1楽章に私はしばしば強い違和感を覚える。音楽が自然に進まず、統一の取れていない音楽を無理やり強引に張り合わされているような感じがする。そこが魅力だという人もいるが、私は気になってならない。が、今回の演奏はそのような不自然さを感じない。これが下野の魔法だろう。ふだん違和感を覚える部分も、少々力づくながら、十分に説得力をもって音楽が発展しているのを感じる。

 第3楽章、そしてとりわけ終楽章の盛り上がりが素晴らしかった。息をつかせないような音と音の積み重ね。うむ、マエストロ下野はすでに巨匠ではないか!と思った。私は何度か感動に身を震わせた。

 ブザンソンで優勝してすぐのころ、ナントのラ・フォル・ジュルネで下野さんの演奏を聴いて、正統派の素晴らしい演奏だと思った。あれから10年以上がたって、マエストロ下野の音楽はもっとスケールが大きくなり、もっと揺るぎのない音楽になっていた。

 これからまたマエストロ下野を追いかけたいと思った。

|

« 新国立劇場「夏の夜の夢」 オール日本人歌手の素晴らしい演奏 | トップページ | 日本三大テノールを堪能した! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新国立劇場「夏の夜の夢」 オール日本人歌手の素晴らしい演奏 | トップページ | 日本三大テノールを堪能した! »