« パブロ・エラス・カサド&N響の第九に興奮した | トップページ | 2021年最初のコンサート 辻彩奈リサイタル »

ノット&東響の第九 多面的で自由にあふれた第九

 20201228日、サントリーホールで東京交響楽団特別演奏会「第九」を聴いた。指揮はジョナサン・ノット。とても良い演奏だと思った。

 ノット&東響の第九は昨年に続いて、二度目。基本的には同じような演奏だと思う。速めのテンポでぐいぐいと音楽を推進していく。ティンパニが大活躍する。だが、決しておどろおどろしくはない。切れが良く、オーケストラが明晰に炸裂する。むしろ、きわめてスタイリッシュ。時々、テンポが微妙に変化する。しなやかになり、音楽に余裕ができる。生真面目にぎりぎりと推し進める音楽というわけではなく、激しく切り込みながらも、もっと自由でのびやかで、メリハリがあり、陰影がある。東響もノットの音楽づくりをよく知っているのだろう、明快でキレの良い音を出す。素晴らしい。

 私は昨日、パブロ・エラス・カサド指揮によるN響の第九に感動したのだったが、ノットを聞いてみると、カサドの指揮が若々しく生真面目に凝縮された音楽を作り出していたことに気づく。それに比べると、ノットの作り出す第九はもっと大人の音楽であり、様々な様相を持ち、多面性がある。自由さにあふれ、即興性のようなものを感じる。私はカサドの音楽に心の底から揺り動かされたのだったが、ノットの音楽もやはり素晴らしい。特に第2楽章に私は自由で即興的な魂の躍動を感じた。

 歌手陣も充実。バリトンのリアン・リの余裕のあるバリトンの深い声に圧倒された。テノールの笛田博昭も豊かな声量。ただ、いかにもイタリアオペラ風の歌いっぷりに私は少し違和感を覚えた。中島郁子もしっかり歌っているが、第九でのメゾソプラノはあまり目立たない。ソプラノのジャクリン・ワーグナーは素晴らしく豊かな美声。

 第九が終わった後、「蛍の光」がアンコールとして演奏された。大いに盛り上がったが、私個人としては、第九が終わった後はそのまま家に帰りたいと思った。

 今年は6つの第九講演を聴いた。「ちょっと飽きたな」と思いながら、聴き始めると、やはり夢中になる。散々なベートーヴェン・イヤーを6回の第九で取り返した気になった。

|

« パブロ・エラス・カサド&N響の第九に興奮した | トップページ | 2021年最初のコンサート 辻彩奈リサイタル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

樋口先生、今年も時々このページを訪れて楽しませていただきました。ありがとうございました。
私は最近はほとんど第九を聞きません。若いころ当時のタイマイはたいて買ったフルヴェン=バイロイト盤以来、これまで何度この曲を聞いたことか。正直少し食傷ぎみで、この人類史に残るような芸術作品があまりに大衆化したことにもったいないとさえ思ってしまいます。
今日の投稿はそのことではありません。東響の第九のあとにアンコールで蛍の光が演奏されたとのことで、なんだと思い書き込みたくなりました。どう考えても第九を鑑賞したあとに蛍の光は馴染みません。しかもそれが「盛り上がった」とのことですから、なおさら驚きです。例えばブルックナーの8番のあと、マーラーの9番のあとに軽い曲がアンコールで演奏されたらどう思うでしょう。第九のあとの蛍の光には同じような違和感が禁じえませんでした。いくらベートーヴェンに蛍の光の変奏曲があるとはいえ、第九のあとに聞きたい人、歌いたい人がいるとは驚きです。ノットさんもそれをよしとしたのでしょうね。その場にいたらせっかくの感動に水を差されたようで、気分悪く会場をあとにしたことでしょう。
来年はまた自由に音楽会通いができますように。どうぞよいお年をお迎えください。

投稿: ル・コンシェ | 2020年12月31日 (木) 15時18分

ル・コンシェ 様
コメントありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
蛍の光であれ何であれ、私も第九の後は、アンコールはしてほしくないですね。演奏者からすると大サービスであって喜ぶ人も多いのでしょうが。

投稿: 樋口裕一 | 2021年1月 6日 (水) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パブロ・エラス・カサド&N響の第九に興奮した | トップページ | 2021年最初のコンサート 辻彩奈リサイタル »