«  オペラ映像 トゥット・ヴェルディ「アッティラ」「マクベス」「群盗」「海賊」 | トップページ | オペラ映像「レニャーノの戦い」「ルイザ・ミラー」「スティッフェリオ」「ファルスタッフ」 »

東京二期会「タンホイザー」 感動した

 2021年2月20日、東京文化会館で東京二期会公演「タンホイザー」をみた。世界に通用する公演だと思った。

 フランス国立ラン劇場(アルザス地方の劇場らしい)との提携公演。アクセル・コーバーが指揮をするというので楽しみにしていたが、コロナで来日できず。がっかりしていたら、なんと来日中のヴァイグレが代役を引き受けてくれたのだった。

 何はともあれ、セバスティアン・ヴァイグレ指揮の読売日本交響楽団が素晴らしい。とりわけ弦の音の精妙さに圧倒された。もちろん管楽器もとてもよかった。びしりと決まって、しかもしなやか。少しのはったりもなく丁寧に音楽を進めていく。いたずらにドラマを盛り上げることもしない。だが、徐々に官能と宗教性の入り混じったワーグナーの世界が築き上げられる。室内楽的に美しい箇所も多く、精妙な楽器の絡み合いによって登場人物の心の奥の微妙な動きを描き出しているように思えた。またドラマティックな盛り上がりもある。緻密にして明瞭。

 歌手陣では、エリーザベトの田崎尚美が圧倒的だった。強靭だが清純な声で、エリーザベトにふさわしい。殿堂のアリアはビンビンとホール全体に響く。第三幕の祈りも歌もしみじみとして素晴らしかった。ヴォルフラムの大沼徹も見事な歌いっぷり。「夕星の歌」は、演出上でエリーザベトの自死を予感した歌になっていたが、哀しみの深い表現はとてもよかった。タンホイザー の片寄純也もしっかりした声でタンホイザーを歌う。「ローマ語り」の部分は圧巻。牧童の𠮷田桃子も音程の良いかわいらしい声が魅力的だった。ヘルマンの狩野賢一、ヴェヌスの 板波利加もしっかりと歌っていた。大きな穴もなく全体がそろっていた。三澤洋史の合唱指揮による二期会合唱団もよかった。

 キース・ウォーナーの演出についても、おもしろくみることができた。奥の壁に小さなステージがある。映像が映し出されているものとばかり思っていたら、登場人物やバレエの人たちがまるで絵画のような情景を作りだしていた。とても魅力的だと思ったが、それにどのような意味があるのか私にはよくわからなかった。

 わからないといえば、小さな子供の登場の意味もよくわからなかった。タンホイザーとヴェヌスの間に子どもがいたという設定なのだろうか? 肉欲と官能の結晶としての子ども。歌合戦で信仰に基づく愛についての空疎な歌が歌われている間も、ヴェヌスとともにこの子どもも現れて見え隠れしていたが、それはヴェヌスがタンホイザーの意識の中に現れて、現れてタンホイザーに二人の子どもを見せて、性愛こそが可愛い子どもを作りだせることを思い起こさせようとしているということか。

 第三幕で床の上に紙が散らばっている。この紙は日本で言えば七夕の短冊のようなものであって、人々が必死の願いを書きつけた跡ではないかと思った。あるいは、絵馬が地面に散らばっているといいかえることもできるだろう。第三幕は捨てられた希望の無残な空間ということなのだろう。そこでタンホイザーに裏切られて嘆くエリーザベトとエリーザベトへの思いがかなわないヴォルフラムがいる。

 私はこのオペラを初めて知った時以来、「エリーザベトがいつどのように死んだのか?」という疑問をずっといただいていたが、今回の演出でそれが初めて目の当たりにされてびっくり。ヴォルフラムが「夕星の歌」を歌う前に、エリーザベトがよろよろと立ち去って、縊死した姿が映し出される。あまりに直接的だが、なるほどそうかもしれないと思わせる演出ではある。

 最後、天井から降りてきた円柱をタンホイザーは昇っていく。その先に、縊死したエリーザベトの姿がある。エリーザベトの死による救済を視覚化している。これもきわめて直截的ながら、確かにタンホイザーの救済はこのようなものだと理解できる。

 演出については疑問に感じることは多々あったが、ともあれ深く感動した。日本の一つの団体がこれほどまでの公演ができることもうれしく思った。

 客数については制限がかかっているのだろう。半分くらいの入りだったが、大喝采だった。緊急事態制限の中、これほど高いレベルでワーグナーを見ることができて、本当に満足だった。

追記

 本ブログにもとてもありがたいコメントをしばしば寄せてくださるEnoさんのブログ「Enoの音楽日記」の「タンホイザー」公演についての文章(https://blog.goo.ne.jp/eno1102)を読ませていただいて、私の誤解に気づいた。Eno さんは、最後の場面を、「幕切れではタンホイザーが、天井から下がってくる螺旋状の筒を登り始め、そこに縊死したエリーザベトの無残な遺体が下りてくる。タンホイザーは手を伸ばして遺体に触れようとするが、手が届かないまま幕が下りる。救いは訪れない」と書かれておられた。

 なるほど! 私はタンホイザーが上昇していくことから、ともあれ救済は訪れたと考えていたのだが、確かにそれがなしえなかったと捉えるほうが的確な解釈だと思った。

 自殺がキリスト教で認められない行為であることから考えても、確かに、縊死したエリーザベトに向かっていくのが救済と考えるのは無理がある。Eno さんのおっしゃっていることに私も完全に同意する。Eno さん、教えてくださりありがとうございました。

|

«  オペラ映像 トゥット・ヴェルディ「アッティラ」「マクベス」「群盗」「海賊」 | トップページ | オペラ映像「レニャーノの戦い」「ルイザ・ミラー」「スティッフェリオ」「ファルスタッフ」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

樋口様
私の拙いブログをご紹介くださり、ありがとうございます。びっくりして、穴があったら入りたい気持ちです。胸がドキドキして、赤面しております。
樋口様のご指摘になっている子どもの件ですが、あれは樋口様のおっしゃる通り、ヴェーヌスとタンホイザーとの間の子どもではないでしょうか。いつかバイロイトで観たバウムガルテンの演出で、タンホイザーは救われないけれど、最後にヴェーヌスがタンホイザーの子どもを産んで未来につなげる演出を思い出しました。

投稿: Eno | 2021年2月23日 (火) 12時45分

Eno 様
コメント、ありがとうございます。こちらこそ、ブログを無断で紹介させていただき、申し訳ありませんでした。
私も子どもをみて、バイロイトでみたバウムガルデンの演出を思い出しました。
ただ、今回は、私は、「もしかしたら、この子はワーグナーなのではないか? タンホイザーとヴェヌスの間に生まれたのこそがワーグナーだ、というのが演出意図なのではないか」とも思っていたのでした。遠かったのでよくわからなかったのですが、子どもはワーグナーの若いころの肖像画のような服装をしていたような気がしたのでした。
ただ、子どもがどんな仕草をしていたのか正確には思い出せません。実は第三幕の最後の部分も、子どもが登場しているのか、どんなことをするのかと気になって舞台上のあちこちを探しているうち、肝心のタンホイザーの上っていく先にエリーザベトの死骸らしいものがあるのに気付くのがかなり遅れたのでした。
いずれにせよ、とても刺激的な演出だったとは言えると思います。

投稿: 樋口裕一 | 2021年2月23日 (火) 22時41分

 樋口裕一様、
 私は今回の二期会公演「タンホイザー」を見て(2月18日)、以前見たいくつかの公演と一幕の設定が余りに違うのでその理由の疑問が解けないでおりました。誰かがそれについてヒントを与えて下さるかと希望して「二期会 タンホイザー 感想」という検索をしていると樋口様のブログに行き当たり、読ませて頂きました。そこに「子ども」の件について書かれていましたので、私の見方は完全に間違っているのかも知れませんが、僭越ながら私の解釈を書かせて頂きます。
 まず言いたいことは、この演出ではVenusbergを他の公演で見られるような現実世界から隔絶した場所ではなく完全に世俗的な娼婦の館として設定していることが重要なのだと思います。タンホイザーとヴェーヌスが愛の生活を交わすベッドのある部屋には、それを見下ろす中二階の回廊が作られていました。そして幕開きでは回廊の半暗闇に現実世界の軍服の人間が見え、彼と共に男の子までも見えていた。その子どもは後でもヘルマンと共に現れて彼の手からヴェーヌスと同じ赤毛の髪の女に渡され抱き抱えられる。たしかにあの子どもはヴェーヌスの産んだ子どもでしょうが父親はむしろ領主ヘルマンでしょう。
 この演出では、Venusbergとは観念上の官能の土地なのではなくて現実に存在して機能している娼家であり、そこにはヴォルフラムはともかくとしてヘルマン程度の人間ならば出入りしている。そしてもしかしたら貴族と娼婦との間の子供もそこで生まれていたのであると。
 第一幕の舞台設定からの私の解釈はこんなものですが、ご批判を頂ければありがたく思います。演出に関しては、しつこく使われる「椅子」のモチーフは私には解釈不可能でした。

投稿: 小林標 | 2021年2月26日 (金) 23時11分

小林標 様
コメント、ありがとうございます。そして、私の演出解釈について考えてくださり、うれしく思っております。
とはいえ、私には小林様の解釈につきまして判断する資格がなさそうです。と言いますのは、ほかのことに気をとられていたためか、第一幕の奥のほうでどんなことが行われているのかしっかりと見ておりませんでした。軍服の人間がいたのをまったく確認しておりません。子どもがヘルマンと現れたのでしょうか? それも私は記憶しておりません。近年の演出は一度見るだけでは理解できないほど複雑化してしまっているようです。
ただ、小林様はこの演出がヴェヌスブルクを世俗の娼館のように描いていることを重視なさっておられるようですが、むしろそのように描くのは常套手段ではないでしょうか。私は1970年以降、東京で上演された「タンホイザー」はすべてみておりますし、市販の映像もLDの時代からすべてみていると思いますが、半分以上の上演でまるで娼館のように描かれていたのではないかと記憶します。個室になっていて、それぞれの部屋で娼婦が客の相手をしているような演出もあったような気がします。
むしろ、今回の演出の最大のポイントは、エリーザベトの縊死だと私は思います。娼館まがいの第一幕は見慣れた演出ですが、縊死は初めてでした。
はっきりしたことを言えずに申し訳ありません。これからはせめてダブルキャストの2回くらいは見たいものです。そうしないと、私レベルの頭脳ですと、舞台上にちりばめられた「意味」を読み取ることができそうもありません。

投稿: 樋口裕一 | 2021年2月27日 (土) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  オペラ映像 トゥット・ヴェルディ「アッティラ」「マクベス」「群盗」「海賊」 | トップページ | オペラ映像「レニャーノの戦い」「ルイザ・ミラー」「スティッフェリオ」「ファルスタッフ」 »