« オペラ映像「セルセ」「ボリス・ゴドゥノフ」「カルメン」 | トップページ | METライブビューイング 「セヴィリャの理髪師」 圧倒的名演! »

「めぐろで第九」を楽しんだ

 2021620日、めぐろパーシモンホールで「めぐろで第九2020+1」を聴いた。曲目はベートーヴェンの「シュテファン王」序曲と交響曲第9番。演奏は、大井剛史指揮の日本フィルハーモニー交響楽団、東京音楽大学合唱団。気の重いこのごろ。気晴らしに第九を聴きたくなった。

 客席に子どもが多いのにびっくり。そういう売り方をしたのだろう。とてもいいことだ。ガサガサする子ももちろんいるが、熱心に聴いている子も多い。楽章の終わりに拍手が起こるのも含めて、ラ・フォル・ジュルネに雰囲気が近い。この子どもたちのうち、何人かはきっと激しく心を動かされていることだろう。少なくとも、第九を聴いたという思い出は強く刻まれることになるだろう。

 演奏については、精緻さを欠いたのは間違いない。縦の線がそろわず、音がきれいにハーモニーをなさない。大井の指揮も、かなり力がこもっているのだが、びしりと決まらない。力演ではあるが、名演とは言えないだろう。

 バリトンの加藤宏隆は力のある声だが、少し音程が怪しい気がした。テノールの宮里直樹、メゾソプラノの中島郁子、ソプラノの嘉目真木子は伸びのある美声。ただ、合唱団はマスクをつけたままであるせいか、声がまっすぐに届かず、私としては少し違和感を抱いた。

 とはいえ、そこはベートーヴェンの第九。やはり、苦悩から歓喜へと音楽が大きく展開し、歓喜の爆発が起こる。しっかりと感動した。ともあれ、十分に楽しんだ。

|

« オペラ映像「セルセ」「ボリス・ゴドゥノフ」「カルメン」 | トップページ | METライブビューイング 「セヴィリャの理髪師」 圧倒的名演! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オペラ映像「セルセ」「ボリス・ゴドゥノフ」「カルメン」 | トップページ | METライブビューイング 「セヴィリャの理髪師」 圧倒的名演! »