« 芸劇ブランチコンサート「憧れのフランス音楽」 温かみがあって高貴 | トップページ | 神奈川フィルの名手による室内楽シリーズ 「幽霊」を楽しんだ »

ヴァイグレ&読響の「運命」 これぞ名匠の音楽!

 暑い。猛烈に暑い。しかも、コロナ禍真っただ中。人ごみの中に行くのを少しためらったが、少なくとも私にとって、ヴァイグレ指揮の「運命」は不要不急ではない。

 多くの人が言っていることであって、特に目新しいことではないが、コンサートについて書く前に少しだけコロナについて思うことを書く。

 昨日、渋谷で若者向けの予約なしワクチン接種が始まり、大混乱だったという。私は情報を詳しく知らなかったので、数千の接種がなされるのだとばかり思っていた。それでも大混乱だろうと思っていた。ところが、なんと200しか用意していないとは。大行列ができて、接種できない人が大勢押しかけて、むしろ密になって、場合によっては熱中症の人間が出るだろうとは、誰が考えてもわかりそうなものだ。まさか優秀な役人がそれも予想できないとは思えない。少なくとも、多くの役人が「それだと大混乱になりますよ」と口にしたと思う。それなのに強行された。きっと都知事のパフォーマンスにだれも反対できなかったのだと思う。

 昨日、大混乱したので、今日は行列を作って抽選券を配布して抽選だという。これだったら、予約をとるほうがいいではないか。わざわざ暑い中、感染と熱中症の危険を冒して渋谷まで行って抽選に外れたら目も当てられない。なんという無駄なことをしているのだろう。パフォーマンス政治を早くやめてほしいものだ。人命よりもパフォーマンスを重視する政治を即刻やめてほしい。

 では本題に入る。

 2021828日、東京芸術劇場で読売日本交響楽団のコンサートを聴いた。指揮はセバスティアン・ヴァイグレ、曲目は前半にモーツァルトの「フィガロの結婚」序曲、戸澤采紀のヴァイオリンが加わってのドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲イ短調、後半にベートーヴェンの交響曲第5番(運命)。

 まず「フィガロの結婚」序曲の手際の良さに圧倒された。一気呵成。しかし、そこにワクワク感があり、ドラマがある。まったくスキがない。快速で飛ばしながらもしなやかでダイナミック。凄い。

 ただ、次のドヴォルザークについては、私はちょっと退屈だった。もちろん、読響メンバーはとてもきれいな音を出し、ヴァイグレはしっかりと構成を作る。戸澤のヴァイオリンものびのびとして感じのいい音楽を作っていく。ただ、戸澤のヴァイオリンはちょっと一本調子な気がする。とても「いい感じ」なのだが、音楽が深まっていかない。ドヴォルザークのこの曲はもう少し年を取ってからの方が味が出るのではないかと思った。

 後半のベートーヴェンは素晴らしかった。前半はやや抑え気味だと思う。やみくもに「運命の動機」を鳴らすのではない。いかにもヴァイグレらしく、しなやかで立体的。楽器と楽器が緊密に結びついているのがよくわかる。最高のタイミングでぴたりと音楽が決まり、音が重なり合っていく。第3楽章以降はまさに圧巻。徐々に音楽が高まり、高揚していく。苦悩から歓喜へというモティーフが、わざとらしくなく心の奥底に広がっていく。特に際立った仕掛けをしているようには思えない。テンポも動かさないし、何かを強調するわけでもない。ただ、しなやかな音が響き渡り、ホール全体に豊かな音楽のエネルギーが充満していく。これぞ名匠の音楽。とても感動した。

|

« 芸劇ブランチコンサート「憧れのフランス音楽」 温かみがあって高貴 | トップページ | 神奈川フィルの名手による室内楽シリーズ 「幽霊」を楽しんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芸劇ブランチコンサート「憧れのフランス音楽」 温かみがあって高貴 | トップページ | 神奈川フィルの名手による室内楽シリーズ 「幽霊」を楽しんだ »