« 井上&宮田&読響のゴリホフのチェロ協奏曲 超時間、超空間の音楽! | トップページ | 園田&日フィル ロッシーニ「スターバト・マーテル」 マスクなしならどんなにすごかったことか! »

小山由美&佐藤正浩 ブラームスの歌曲 女声による厳粛な歌に戸惑った

 2021102日、HAKUJU HALLで、「ブラームスの愛と死」と題された小山由美(メゾ・ソプラノ)リサイタルを聴いた。ピアノ伴奏は佐藤正浩。

 曲目は、すべてブラームスの歌曲。前半に「49のドイツ民謡集」からの4曲とそのほか、「日曜日」「二人で散歩した」「湖上で」「サッフォー頌歌」「甲斐なきセレナード」「教会墓地で」「雨の歌」「永遠の愛」などのブラームスの有名な歌曲、後半は「4つの厳粛な歌」。

 バイロイト音楽祭にも出演している小山さんの歌はこれまでも何度か聴かせていただいた。毎回、深い感銘を受けてきた。小山さんがブラームスの歌曲を歌うとあれば聴かないわけにはいかないと思って出かけた。今回もとてもよかった。

 実は「ドイツ民謡集」ではどの曲もピアノがぐいぐいと引っ張って、かなり速めのテンポで、言ってみればかなりそっけなく演奏されたので、違和感を抱いたが、最後まで聴いて納得した。初めの曲から遅く、深く歌うと、後半の「四つの厳粛な歌」にたどり着かなくなる。リサイタル全体の組み立てとして、徐々に深い思いの音楽になっていくわけだ。実際、徐々に深いブラームスの世界に入り込んでいった。

 もしかしたら、ちょっと風邪気味だったのか。何度か声がかすれて音が不安定になるのを感じた。だが、歌の基軸がしっかりしているので、見事な説得力で迫ってくる。前半の最後に歌われた「永遠の愛」はとりわけ素晴らしかった。抑えられない愛が高まっていく。ドイツ語の響きが美しく、張りのある強い声がとてもよかった。

「四つの厳粛な歌」は昔からハンス・ホッターやフィッシャー=ディスカウの録音で聴いてきたので、私としては女声だと居心地の悪さを感じた。そう、私はこの歌をブラームスの肉声のような気がして聴いていたような気がする。だから、女性の声でこの歌が聞こえてくると、ブラームスの声と思えなくなるので、私の頭が混乱してしまう。これは私の思い込みのせいには違いないが、いかんともしがたい。頭を整理しようとしているうちに音楽は終わってしまった。

 アンコールはブラームスの「子守歌」。小山さんは、マイクを持って「フランスの小さな子守歌を歌う」といわれていたので、もしかしたら、Au Clair de la Luneでも歌われるのかと思っていたが、これは間違いなくブラームス。いい間違いだったのだろう。しっとりしていてとてもよかった。

|

« 井上&宮田&読響のゴリホフのチェロ協奏曲 超時間、超空間の音楽! | トップページ | 園田&日フィル ロッシーニ「スターバト・マーテル」 マスクなしならどんなにすごかったことか! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井上&宮田&読響のゴリホフのチェロ協奏曲 超時間、超空間の音楽! | トップページ | 園田&日フィル ロッシーニ「スターバト・マーテル」 マスクなしならどんなにすごかったことか! »