« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

映画「象は静かに座っている」「ラヴソング」「八月のクリスマス」「セントラル・ステーション」

 一昨日(2022年11月28日)、5回目のコロナウイルスのワクチンを接種した。これまで毎回、それなりの副反応に襲われた(38度前後の熱だった)が、今回は、ほとんど異状なくすみそう。どれくらい効果があるのかわからないが、ともあれ少し安心。

 ちょこちょこと自宅テレビで映画をみている。数本見たので、簡単な感想を記す。

 

「象は静かに座っている」  2018年 フー・ボー監督

 ベルリン国際映画賞などの数々の賞を獲得した中国映画。監督のフー・ボーは処女作であるこの映画を完成させた後、29歳で自ら命を絶ったという。

 まさに鮮烈な映画だと思う。どこを切ってもそこから血が噴き出すような鮮烈さ。かつて見たパゾリーニの映画を思い出す。作風はと言えば、よく言われているようだが、タル・ベーラに似ている。

 舞台になっているのは石家荘市の郊外のようだ。友をかばっているうちに級友を階段から突き落として死なせてしまう少年ブー、親友の妻と浮気しているところを見つかって、目の前でその親友に身投げ自殺されたやくざ者の青年チェン(彼は、階段から落ちて死んだ少年の兄でもある)、家庭の都合で老人ホームに入れられるのに抵抗している老人ジン、だらしのない母との生活に嫌気がさして学校の副主任を相手に性的な関係をもって、それがネットでさらされてしまう少女リン。

 それぞれに居場所を失った四人。投げやりになりながら、必死にあがくがどうにもならない。その四人が交錯しあい、影響を与え合う。チェンは撃たれ、ブーとリンとジンは、満州里にいるといわれている座ったままの象を見に行こうと旅に出る。

 象のいる遠い都市・満州里というのは、「ここではないどこか」「居場所のある地域」なのだろう。モンゴル自治区の都市なので、中国の人にとっては国内にある異郷と思えるのかもしれない。そこに行っても結局はどこも同じだと思い知らされるだけだと思いつつ、そこに行こうとする。そうするしかない。そのような絶望と閉塞とかすかな希望を描いているといえるだろう。

 だが、それよりなにより、登場人物の上半身を中心に手持ちカメラで撮ったような映像が鮮烈だ。上半身以外は映し出されていないことが多い。そうすると、登場人物が何をしているのかよくわからない。横に誰がいるのかもはっきりしない。登場人物が携帯電話で動画を見る場面があるが、ふつうの映画なら、動画の内容が映し出されるところ、この映画ではそのような説明的な場面はほとんどない。登場人物以外の遠景は焦点がずれて常にぼやけている。観客は画面の外に何があるか、遠くのぼやけている光景は何なのかを推測し、読み取りながら映画をみなければならない。そして、観客にも何が起こっていたのかを発見していくように映画は作られている。

 メネシュ・ラースロ監督のハンガリー映画「サウルの息子」でも同じような手法が用いられていた。ラースロはタル・ベーラの弟子筋の人なので、きっとフー・ボー監督はその影響を受けているのだろう。視野の広くない画面なので、登場人物と同じように観客も激しい閉塞感を覚える。狭苦しく、何もかも理不尽、何もかもゴミ、そんなやりきれなさが伝わる。

 234分の長い映画だが、息もつかせぬ展開なので、だれている暇はなかった。途中、食事などで休憩はいれたが、一気に見た。このような感性を持つ若者であれば、この世の中は生きにくいと思うが、そうであるだけに自死せずに鮮烈な作品を作ってほしかった。今更ながら残念。

 

「ラヴソング」 1997年 ピーター・チャン監督

 香港映画。1986年に大陸から香港に移住してきたシウクワン(レオン・ライ)は、マクドナルドで働く大陸出身の女性レイキウ(マギーチャン)と出会い、テレサ・テンの歌が好きだという共通の趣味もあって意気投合し、恋に落ちる。シウクワンには大陸に残した婚約者がいたが、レイキウとの関係を断ち切れない。婚約者を香港に呼んで結婚するが、レイキウとの関係を続けて、結婚は取りやめ、レイキウもほかの男と結婚して、二人は別れてしまう。だが、テレサ・テンの歌を好む二人は、この歌姫の死が伝えられた日、ともに思い出の場所に行って、再会する。

 それだけの話なのだが、大陸人にとっての香港、自由への憧れなどとともに男女の機微が描かれて、とても味わい深い映画になっている。天真爛漫だったシウクワンが人生を知って大人になっていく過程、レイキウがやくざ者の夫をもって二人男の間で揺れ動く様子などが淡々と、しかしリアルに描かれる。テレサ・テンの存在が大陸人にとっていかに大事であったかもよくわかる。

 とても良い映画だと思うが、残念ながら、テレサ・テンをテレビで見たことはあったものの、特に思い入れのなかった私には、この部分についてはピンとこなかった。

 

「八月のクリスマス」 1998年 ホ・ジノ監督

 別の映画を探しているうちに、間違えてつい注文してしまったDVDだったので、あまり期待してないでみたが、感動して見入った。韓国のラブストーリー。

 小さな写真館を営むジョンウォン(ハン・ソッキュ)は若い女性客キム・タリム(シム・ウナ)と懇意になって心を通わせあう。ともに恋愛感情を抱くが、不治の病に侵され死期の近いジョンウォンは何も告げず、世を去る。

 それだけの物語なのだが、ほのぼのとした日常の中の愛と死に心打たれる。監督の日常の描き方、二人の主人公や周囲の登場人物の心の描き方に感服。さりげない日常の中で人が生き、人が死んでいく。そこに愛が芽生え、それは写真のように心の中に刻印される。「重病もの」というジャンルに入るだろうが、深刻にならず、お涙頂戴でもなく、人間の愛と死をやさしく、しかも鋭く描いてまさに感動的な映画になっている。

 韓国映画にも韓国ドラマにもそれほど強くない私(ただ、「冬のソナタ」「チャングムの誓い」「トンイ」はひょいと見たらやめられなくなって、かなり夢中になった)は、この二人の有名俳優を知らなかったが、ハン・ソッキュのさりげない演技力に脱帽、そしてシム・ウナのあまりに初々しい美しさにうっとりした。うーん、今更ながらだが、韓国映画おそるべし!

 

「セントラル・ステーション」 1998年 ヴァルテル・サレス監督

 NHKBSプレミアムでみた。ブラジル映画。初老の女性ドーラ(フェルナンダ・モンテネグロ)は、リオ・デジャネイロのセントラル・ステーションで、字の書けない人のために代筆屋をしている。そこに中年女性とその息子ジョズエがやってきて、遠くに離れた父親への手紙をドーラに依頼するが、その直後、女性は交通事故死する。一人残された少年ジョズエはほかに知り合いがいないためにドーラを頼る。ドーラは厄介に思いながらも面倒を見ざるを得なくなって、ついには二人で父親を探す旅に出る。そのロード・ムービー。

 ドーラはけっして善人ではないという設定。ジョズエを厄介払いしたいとたびたび考えるし、助けてくれたトラック運転手の男性に恋をしてのぼせ上ったりもする。だが、心を通わせあってゆく。そして、最後、父親には会えないが、異母兄弟に出会うことができ、ドーラはジョズエを兄弟に託して、自分は去っていく。

 アメリカ映画でもよくあるパターンだが、登場する人々の雰囲気、途中で出会う光景がアメリカ映画ではありえない。二人が紛れ込む宗教的な村祭りも驚く。復活祭か何かなのだろうか? 二人を助けるトラック運転手は巡回牧師を兼ねているという。敬虔な、というか、ちょっと狂信的なカトリック社会の状況が描かれる。この映画はまさに群れからはぐれてしまった子羊たちの物語でもある。その意味でとても興味深かった。

| | コメント (0)

樫本&シュテッケル&藤田のメンデルスゾーンに圧倒された

 20221128日、サントリーホールで「スーパーソリスト達による秋の特別コンサート」を聴いた。演奏は、樫本大進(ヴァイオリン)、赤坂智子(ヴィオラ)、ユリアン・シュテッケル(チェロ)、藤田真央(ピアノ)。曲目は、前半にモーツァルトのピアノ四重奏曲第1番 ト短調とメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第1番、後半にブラームスのピアノ四重奏曲第1番。

 まさにスーパーソリストたちによる演奏。一人一人がめっぽううまいのが、ほんの少し聴いただけでわかってしまう! しかも、息がぴったり合って、まるで常設の団体のようにさえ聞こえる。さすがとしか言いようがない。

 藤田真央の実演を初めて聴いたが、ちょっとびっくり。軽いタッチでしなやかに、生き生きと音楽が動いているのを感じる。しかも、軽いタッチながら、短調の深い感情も十分に伝わってくる。こんなピアノの音をこれまで聴いたことがなかったような気がする。

 モーツァルトのト短調の四重奏曲は、意外と古典的に演奏されているのを感じた。あまりロマンティックな情感に流されず、形式重視で演奏されているようだ。ドイツ・オーストリアの三人の大作曲家の短調の曲を弾き分けようとしているのだと思う。しかし、実にしなやかな音! 藤田のピアノはもちろん、三人の弦楽器も本当に美しい。典雅で高貴な中にモーツァルトのト短調らしい悲しみの感情が聞こえてくる。ロマンティックに情感を高めずとも、古典派の中にしっかりと人間の心の襞が聞こえる。

 メンデルスゾーンの演奏は3曲の中でも最も素晴らしかった。古典的な形式の中にかなり濃厚にロマンティックな感情を加えた演奏だといえるだろう。樫本のヴァイオリンはかなり激しく感情を描き、メンデルスゾーンの痛々しい感情を強く描いているように思った。そして、ピアノが感情のほとばしりを叙情的に描く。チェロがもっと落ち着いた抑制的な感情を描く。三つの楽器が見事に合致しているのを感じた。メンデルスゾーンのこの名曲の魅力を存分に聴かせてくれた。本当に美しい旋律、深い情感、生き生きとした躍動。メンデルスゾーンを堪能した。

 ブラームスのピアノ四重奏曲も、もちろんとても良かった。とりわけ、第4楽章は躍動感にあふれ、四つの楽器が見事に高揚して生き物が疾走するような勢いがあった。ただ、第12楽章で少し緊張感が薄れたように感じたのは私の気のせいだったか。ブラームスの緊密に構築された重心の低い音楽が、少しほころびを見せ、不安定になったように思った。

 とはいえ、各人の力量はすさまじい。そして、藤田のピアノの音のしなやかな躍動感はいつまでも耳に残る。素晴らしいコンサートだった。

 観客の90パーセントほどが女性客だったと思う。藤田人気なのだろうか。樫本大進ファン、そしてシュテッケル・ファンの女性も多そう。

| | コメント (0)

ネトピル&読響 しっかりした質感のスケールの大きな「新世界」!

 20221126日、東京芸術劇場で読売日本交響楽団の土曜マチネーシリーズを聴いた。指揮はトマーシュ・ネトピル、曲目は、前半に、マルティヌーの歌劇「ジュリエッタ」から3つの断章と、ヴァイオリンの岡本誠司がくわわってモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」、後半にドヴォルザークの交響曲第9番「新世界から」。

「チェコの俊英」といううたい文句に惹かれてネトピルを聴いてみたいと思ってチケットを購入、あとで調べたら、私はこれまで実演は新国立劇場の「さまよえるオランダ人」、映像ではウィーン国立歌劇場の「魔弾の射手」を聴いていた。よく覚えていないのだが、私はブログに「緩慢」などと言って、かなり批判している。そんなわけで、あまり期待しないで聴いた。が、思いのほかよかった。それどころか、素晴らしかった。

 マルティヌーの曲では、これまでこの指揮者を聴いて思った通り、「緩慢」と思った。楽器はよく鳴らしている。広がりのある音。ダイナミックにもしているし、繊細でもある。だが、きりっとしない。悪い予感が当たるのかな?と思った。

 モーツァルトについては、岡本誠司のヴァイオリンの音色に惹かれた。しなやかで繊細。ロマンティックでリリシズムにあふれている。コンサート・ミストレスの日下さんと二重奏のような掛け合いも息がぴったり合って見事。とても親密で、心の襞に深く入り込むような美しい演奏だった。ネトピルの指揮もそれに生き生きと合わせて、とても良かった。

 ヴァイオリンのアンコールはバッハの無伴奏パルティータのメヌエット。これも心にしみる繊細な音楽。静かにやさしく心の奥に迫っていく。

 そして、後半の「新世界」。これは見事だった。私が以前、「緩慢」と思っていた指揮ぶりは、むしろスケールが大きいということなのだと合点がいった。ちょっとまのびした感じが確かにする。しかし、それは、せせこましくない。ゆったりしているということだ。そう、まるで東ヨーロッパのなだらかな田園地帯のようだ。以前、エリシュカの指揮するドヴォルザークを聴いた時のような、ある種の民族色を感じるのは気のせいではあるまい。ちょっとひなびた、しかし、広がりのある質感にあふれた世界が繰り広げられる。高揚していく部分も、自然に説得力を持ってスケール大きくなっていく。しっかりと構築され、ドヴォルザークらしい美しい旋律と心の奥にしみる哀愁を重ねながら、大きく高揚していく。なかなかここまでのしっかりした手ごたえのある「新世界」を聴くことはできないと思った。大いに感動した。

 ネトピルという指揮者のこれからが楽しみだ。

| | コメント (0)

日生劇場「天国と地獄」 躁状態になってこれでいいのだ!と思った

 20221123日、日生劇場でオッフェンバックのオペレッタ『天国と地獄』をみた。2019年の公演の再演。私は前回は時間が合わなくて見なかったので、今回が初めて。指揮は原田慶太楼、演出は鵜山仁。管弦楽は東京フィルハーモニー交響楽団。

 日本語の訳詞による上演だ。オペレッタの場合、このようなやり方もよいと思う。原作の台本からかなり離れ、現代向きのギャグをたくさん盛り込んでいる。原作は何しろオリンポスの神々の物語で、しかも時代風刺が含まれているので、そのまま今の日本で上演しても通じないし、おもしろくならない。セリフも若者向けに砕けさせ、笑いを誘うように様々な工夫をしている。

 ただこうすると、歌手たちにかなりの演技力が必要とされる。セリフを工夫すればするほど、歌手の演技力が伴わないと、学芸会っぽくなってしまう。同時に、どうしても下品な感じになってしまう。今回の上演は、学芸会っぽくなる一歩手前でかろうじて踏みこたえたといったところか。ただ、やはり少々下品な感じにはなっていると思った。このような男性の浮気話を扱って上品にするには、かなりの演技力が必要だと改めて思った。

 そんな中、声と演技力ともにそろっていたのは、ジュピターの又吉秀樹だった。さすがというべきか。世論の竹本節子もなかなかの役者ぶり。そのほかの歌手陣は、なかなかの健闘だとはいえるが、やはり演技の面で少々物足りなく思った。とはいえ、マーキュリーの中島康晴も見事な声、プルートの渡邉公威、オルフェの市川浩平、バッカスの鹿野由之、マルスの菅谷公博もしっかりした声でとても楽しめた。女性陣では、ユリディスの湯浅桃子が美しい声と色気のある演技が見事だった。ヴィーナスの鷲尾麻衣、ダイアナの上田純子、キューピッドの吉田桃子もとてもよかった。

 東フィルはところどころでなんだか少し頼りない音を出していたが、全体的には良くまとまっていた。原田の指揮は、勢いがあって溌剌としている。オペレッタをぐいぐいと推進していく力を持つ指揮者だと思った。

 それにしても、例のカンカン踊りの音楽を聴くと、何はともあれ明るい気持ちになり、躁状態になって、「これでいいのだ!」と言いたくなる。少々の不満は何のその。やはりこのオペレッタは実に楽しい。間違いなく歴史に残る大傑作だと思う。

| | コメント (0)

ムローヴァのガット弦によるベートーヴェンに感動した

 20221122日、神奈川県立音楽堂で、ヴィックトリア・ムローヴァ ヴァイオリン・リサイタルを聴いた。フォルテピアノとピアノの演奏はアラスデア・ビートソン。曲に合わせて、古楽器と現代楽器を持ち替えての演奏。

 曲目は、前半にガット弦によるガダニーニとフォルテピアノによって、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第4番と第7番。後半にストラディヴァリウス「ジュールズ・フォーク」とピアノによる演奏で、武満徹の「妖精の距離」、アルヴォ・ペルト「フラトレス」、シューベルトのヴァイオリンとピアノのためのロンド ロ短調 D895

 前半のほうがおもしろかった。とりわけ、第7番のソナタに強く惹かれた。「クロイツェル」に匹敵する名曲だとつくづく思った。ムローヴァがガット弦でこの曲を弾くと、宿命的な情熱が内にこもる。外に奔出するというのでなく、ストイックにして抑制的になって宿命を地制で抑えてぐっと耐えているといった雰囲気になる、それが内側から聞こえてくる。しかし、昔のムローヴァのような、修道女めいた謹厳な音ではなく、もっとしなやかで美しい。

 後半の曲目は、実は私にはなじみのないものばかりだった。シューベルトの曲は、知っている曲のつもりでいたのだったが、聞こえてきたのは知らない曲。私は実はシューベルトの曲が苦手だ。とりわけ室内楽作品に、「とりとめがない」という印象を抱いてしまう。ムローヴァがしっかりと形を作ろうとしているのはよくわかったが、やはりとりとめがないと私は感じた。

 アンコールはベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番「春」の第2楽章。これは素晴らしかった。ビートソンがささやくようにピアノを鳴らし、親密で美しい時空間が出現した。繊細にして高貴。ベートーヴェンのリリシズム!

 ムローヴァは大好きなヴァイオリニストなのだが、このところしばらくあまり良い来日公演に出会わなかった。久しぶりにムローヴァの音楽を堪能した。

| | コメント (0)

佐藤俊介&鈴木秀美&チャイのブラームスの三重奏曲 親密な味わい

 20221121日、浜離宮朝日ホールで佐藤俊介・鈴木秀美・スーアン・チャイのコンサートを聴いた。ガット弦とフォルテピアノによる演奏。曲目は前半に佐藤(ヴァイオリン)とチャイ(フォルテピアノ)によるシューマンの幻想小曲集と鈴木(チェロ)が加わっての三人によるブラームスのピアノ三重奏曲第2番、後半にブラームスのピアノ三重奏曲第1番。

 うーむ古楽のブラームスは一味違う!と最初の音で思った。弦楽器の音程がかなり甘い。そうであるがゆえに、親密な味わいが生まれる。人間的というか、温かみがあるというか。肩を寄せ合って家族で演奏しているような雰囲気になる。それはそれでとてもいい感じなのだが、やはり鋭さや激しい情熱は薄れる。そして、やはり音量が小さく、後ろの方の私の席では音が物足りない。

 前半はかなり違和感を覚えた。それはそれでいいのだが、やっぱりブラームスは現代楽器の方がいいよな、と思った。ロマンティックな流動性が古楽器では出せない。かさかさした感じになってしまう。後半に入ってからは、私の耳が慣れたのか、かなりおもしろく聴けた。第1番の三重奏曲のジプシー的な情熱が、少し柔らかみを帯びてほのかに広がっていった。ただ、繰り返すが、それでもやはりブラームスは現代楽器のほうがいい。ベートーヴェンとはそのあたりが少し違うような気がする。

 アンコールはブラームスのピアノ三重奏曲第3番の第3楽章。これもとても親密で家庭的な演奏。とてもいい雰囲気。この楽章はこれでいい。とてもよかった。

| | コメント (0)

内田&パドモアの「冬の旅」 良い演奏だったが、ヴィブラートに違和感を覚えた

 20221119日、東京オペラシティ・コンサートホールで内田光子&マーク・パドモアによるシューベルト「冬の旅」のリサイタルを聴いた。とても良い演奏だった。驚異的なほど完成された演奏といってもよいと思う。ただ、私はどうしても違和感を拭い去れなかった。

 ともあれ、内田光子のピアノがとてもいい。私はなぜかピアノにはあまり感動しない人間なのだが、これほどまでに深みがあり、歌に寄り添い、歌を支え、荒涼としつつも人間味あふれるこの「冬の旅」の世界を作り出すピアノの音には深く感動してしまう。強いところもそんなに強く弾いているようには見えないのに、心の奥に迫ってくる音が鳴る。

 パドモアの歌も完璧に考えつくされているといっていいだろう。やわらかい美声で、細部に至るまで完全にコントロールされ、音楽に寄り添いながら歌を紡いでいく。音程も完璧。残念ながらドイツ語は分からないのだが、きっと言葉の意味をしっかりと歌っているのだろう。その意味では本当に素晴らしいと思った。

 私が違和感を抱いたのは、ただ一点、独特のヴィブラートだ。パドモアの演奏をCDで聴いたことはあったと思うのだが、こんなヴィブラートをかける人だっただろうか? むしろ、ヴィブラートの少ない歌手だと思っていたのだったが・・・。もちろん、パドモアは不用意にヴィブラートをかけているわけではない。「菩提樹」あたりまでかなり強いヴィブラートだったが、その後、抑制気味になり、また「勇気」のころから、強まった。意識して、そのようにしているのだろう。そこにパドモアの解釈があるのだろう。だが、私にはこのヴィブラートはとても不自然に聞こえる。シューベルトの生の声が薄れる気がする。憧れと絶望の中であがく青年の心の声が聞こえてこない。

「ああ、このヴィブラートさえなければ、きっと心の底から感動するだろうに・・・」と思いながらずっと聴き続けていた。

 スタンディング・オーベーションが起こり、多くの人が立ち上がったが、今日は私は立ち上がらなかった。

| | コメント (0)

東響「サロメ」 グリゴリアンのサロメに大興奮

 20221118日、ミューザ川崎シンフォニーホールで東京交響楽団によるリヒャルト・シュトラウス「サロメ」(演奏会形式)を聴いた。まだ興奮している。私にとって今年最高の演奏だった。

 まず何といってもサロメを歌ったアスミク・グリゴリアンがすさまじい。とてつもないサロメ! 分厚いオーケストラがフォルティシモで鳴り響く中で、サロメの声がビンビンと響き渡る。しかもこの役にふさわしい、少女のような強靭な細くて澄んだ声。歌の表現力も見事。そして、容姿もまたとても美しい。これ以上のサロメがこれまで存在しただろうか。もしかしたら史上最高のサロメではないかと思う。ザルツブルク音楽祭などの映像でグリゴリアンのサロメを見て、素晴らしいと思っていたが、実演を聴いて改めてそのすごさを味わうことができた。

 そのほかの歌手陣も申し分なかった。ヨカナーンのトマス・トマソンも見事に歌った。ただ、サロメに伍して厚いオケの中で歌ったせいなのか、最後の方で2音、声がかすれたように思った。

 ヘロデのミカエル・ヴェイニウス、ヘロディアスのターニャ・アリアーネ・バウムガルトナーも申し分のない歌。舞台付きのオペラ以上に、これらの人物像を明確に描いている。声の威力も素晴らしい。

 日本人歌手も負けてはいない。ナラボートの鈴木准と小姓の杉山由紀の功績も大きいと思う。冒頭でこの二人が世界を作り出してくれたおかげで、サロメがリアルに動き出した。そのほか、わき役に至るまで全員が完璧なまでに歌っている。日本人歌手たちのレベル向上には目を見張る。

 そして特筆するべきは、ジョナサン・ノットの指揮する東京交響楽団の大健闘だろう。演奏会形式であるにもかかわらず、全力の演奏が可能なのは、もちろん、先ほどから書いているとおり、この厚いオーケストラの中でも凛凛と響くグリゴリアンをはじめとする歌手がそろっていたからではあるのだが、それにしてもシュトラウスのオーケストレーションを最高度に再現し、目くるめく世界を描き出している。この難しい演奏をよくもまあこれほど完璧にできるものだと、改めて圧倒された。

 ノットの指揮は、シュトラウス的な官能的な豊饒さと表現主義的なグロテスクな緊張感を最高のバランスで組み立てていた。これが「サロメ」の世界だと思う。スタンディング・オーベーションが起こった。私も立ち上がって拍手を送った。このブログにも何度か書いたと思うが、私は中学生のころからの、ということはつまり55年以上前からシュトラウス・ファンで、「サロメ」は「ばらの騎士」「四つの最後の歌」とともに最も好きな曲だ。最も好きな曲でこれほどの名演奏を聴くことができて本当に満足だった。興奮冷めやらぬまま帰宅した。

| | コメント (0)

新国立「ボリス」を見て、とても良かったが、頭が混乱!

 20221117日、新国立劇場で「ボリス・ゴドゥノフ」をみた。見終わって、私は頭が大混乱。

 なぜ大混乱かというと、私の知っている「ボリス・ゴドゥノフ」とあまりに違うから。ヴァージョンの違いとマリウシュ・トレリンスキによる演出の読み替えによって、まったく別の話になっていた!

 ともかく、皇太子フョードルが重度の障碍者ということになっており、聖愚者(しばしば白痴とも呼ばれる)が出てこない。出てこないというか、皇太子と聖愚者が同一人物として扱われている。ポーランド貴族の女性マリーナも登場しない。ボリスが皇太子を殺す! 最後、偽ドミートリーがボリスを殺す! 

 私は、ムソルグスキーについても、「ボリス・ゴドゥノフ」についても、それほど詳しくない。だから、ヴァージョンの違いについてよく知らない。だから、批評めいたことは何も言えない。ただただ途方に暮れただけ。演出家の意図がどれほど原作に近いのか、独創的な解釈なのか、それとも途方もない唯我独尊演出なのか判断のしようがない。いや、そもそもみているうち、自分の知っているこのオペラの筋書きすら自信がなくなってきた。そして、このオペラのテーマが何なのかについても、わけがわからなくなった。

 ともあれ、勉強不足というしかない。本来なら、あれこれと調べたり、手持ちの映像やCDを見たりしたいが、明日の朝、早いのでそんな時間がない。

 演奏については素晴らしかった。ムソルグスキーの音楽としては洗練されすぎていると思ったが、それにしてもしなやかで深みのある美しい音を大野和士の指揮は東京都交響楽団から引き出していた。歌手陣も見事。ボリスのギド・イェンティンス、シュイスキー公の アーノルド・ベズイエン、ピーメンのゴデルジ・ジャネリーゼの外国人はいずれも見事な声による歌唱だった。そして、それにまったく劣らず素晴らしかったのが、グリゴリーを歌った工藤和真だ。これほどの歌手が日本にいたなんて!

 そのほか、クセニアの九嶋香奈枝、 ヴァルラームの河野鉄平、女主人の清水華澄もとてもよかった。

 ともかく、今日の演出は宿題として、これから考えてみようと思う。今日は風呂に入ってそろそろ寝ることにする。

| | コメント (0)

メンデルスゾーン姉弟のピアノ三重奏曲 改めて二人の真価を知った

 20221115日、ルーテル市ヶ谷ホールで、メンデルスゾーン基金日本支部2022年の集い「フェリックスとファニーの絆~2人のピアノトリオ」を聴いた。

 曲目は、前半にフェリックス・メンデルスゾーンの姉ファニー・メンデルスゾーンの代表作、ピアノ三重奏曲二短調、ピアニストの秋場敬浩さん、マズーア偕子さん(メンデルスゾーン基金日本支部名誉会長クルト・マズーアの夫人)、音楽学者の星野宏美さんの鼎談をはさんで、後半にフェリックス・メンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第2番。演奏は、ドミトリー・フェイギン(チェロ)、漆原啓子(ヴァイオリン)、秋場敬浩(ピアノ)。

 とても充実したコンサートだった。

 私は一時期、ファニーに関心を持ち、CDを聴いたり、多摩市の男女共同参画推進のためのイベントに協力してファニーの曲を含むコンサートを企画したりしたので、ピアノ三重奏曲は何度か聴いたことがあった。確かに、ファニーの曲はフェリックスの曲に比べれば作りが単純で、ちょっと稚拙と言えば稚拙。しかし、初々しい楽想にあふれており、とても魅力的だ。フェリックスを思わせるような展開もある。フェリックスと同じように感性豊かでしなやかで、高貴。私は大いに楽しんだ。

 鼎談では、私の知らないこともたくさん教えてもらえた。ただパネルディスカッションなどの数人による話を聞いていつも思うのだが、それぞれの発言が微妙にかみ合っておらず、それぞれが言いたいことを言っている印象を受ける。私の本来の仕事は読解・発信・文章に関するものなので、どうもその点が気になる。今日もそれが気になった。とはいえ、かみ合ってはいないが、それぞれの発言はとても興味深かった。三人の中で私はとりわけピアニストの秋葉さんの演奏者からの音楽そのものに向き合った率直な意見にとても共感した。

 欲を言えば、今回のテーマである姉弟の絆について、もう少し掘り下げてほしかった。また、ユダヤ人という問題についても少し触れてほしかった。私としては二人の絆を強めている原因はユダヤ人としての差別だろうと思う。それについてまったく触れられなかったのが残念だった。

 フェリックスのピアノ三重奏曲第2番もとても良い演奏だった。第1番に比べて、あまり美しくて親しみやすいメロディがないが、第1楽章の、つんのめるような独特のリズムも魅力的だ。そして、鼎談でも語られていた通り、終楽章の盛り上がりは素晴らしい。神聖なるものを求めて苦闘する魂の記録だと思う。それを三人の演奏者は見事に聴かせてくれた。

 メンデルスゾーンは今もまだ過小評価されていると私は思う。改めて、この作曲家の真価を知った気がした。

| | コメント (0)

オペラ映像「ジョコンダ」「カルメル派修道女の対話」

 このところ、急ぎの仕事がないのでのんびり過ごしている。一人暮らしにも慣れ、一時期の大混乱の状態からも脱することができ、ともあれ、音楽をじっくりと楽しむことができるようになった。これから先、かなりのコンサートに出かける予定。自宅でもCDを聴いたり、オペラ映像を見たりしている。

 数本オペラ映像を見たので、感想を記す。

 

ポンキエッリ 「ジョコンダ」1986年 ウィーン国立歌劇場

 1986年の伝説の上演といってよいだろう。以前、画質の良くないDVDで見たことがあったが、BDが発売されていると知って購入。やはり、素晴らしい上演。

 やはり何よりもエンツォ役のプラシド・ドミンゴが圧倒的。なんと輝かしくもりりしい声であることか。英雄的なイタリアのテノールはこの人に勝る人はしばらく出ていないと思う。ジョコンダのエヴァ・マルトンも、例によって棒立ちの演技だが、声の威力はすさまじい。ドミンゴとマルトンの二重唱はまさに圧巻。バルナバを歌うマッテオ・マヌグエッラも実に見事に悪役を演じている。憎々しいほどでむしろすがすがしい。ラウラのルドミラ・センチュクは知らない歌手だったが、しっかりした声で色気もある。アルヴィーゼはクルト・リドル。これもさすがの敵役。ドミンゴにまったく引けを取らない。ここまで圧倒的な声の持ち主たちがやりあうと、このオペラの魅力が高まる。

 若きアダム・フィッシャーの指揮もとてもいい。切れがよく、ドラマにあふれている。フィリッポ・サンユストの演出も現在からみるととても無難なものだが、ドラマを盛り立てていてまったく文句なし。

 

ポンキエッリ 「ジョコンダ」 2005年 バルセロナ、リセウ大劇場

 もう1本、ついでに「ジョコンダ」をみた。こちらは初めてみる。これもとても良い上演だと思うが、やはり1986年の伝説の上演とはだいぶ差がある。

 とはいえ、デボラ・ヴォイトのタイトル・ロールに関しては、エヴァ・マルトンに匹敵する歌唱。しっかりとした声が伸びている。演技については、ヴォイトの方がずっとそれらしい。ジョコンダの母親役のエヴァ・ポドレスは味があってとてもいい。

 大変申し訳ないが、エンツォ役のリチャード・マージソンが声はともかく、外見がどうにもこの役らしくない。マフィアの用心棒といった風貌。刑事ドラマによく出る六平直政さんをもっとごつくしたような外見なので、どうにもエンツォに見えない。声に関しても、ごつい体形のわりにはか細く感じる。ラウラ役のエリザベッタ・フィオリッロは迫力ある歌だが、ヴィブラートの強さが少し気になる。アルヴィーゼ役のカルロ・コロンバーラは不調なのか低音が出ていないし、声も伸びない。バルナバ役のカルロ・グェルフィはいかにも悪役でいい味を出している。

 この上演に関しては、歌唱以上に感嘆するのが、「時の踊り」のバレエだ。これは素晴らしい。女性が上半身裸になるオペラはこれまで何度か映像で見た記憶があるが、いずれも必然性を感じず、ただセンセーショナルを求めただけに思えたが、今回は、それがあまりに自然であまりに美しく、ほれぼれする。男性ダンサーも見事。振付もおもしろい。わたしはオペラの中のバレエの場面になるといつもは退屈してしまうのだが、今回は目を見張った。この振り付けも演出のピエル・ルイージ・ピッツィの功績なのだろうか。

 指揮はダニエレ・カッレガーリ。とてもいい指揮だと思う。ドラマティックでぐいぐいと音楽を推進していく。いやあ、とてもいいオペラだなあと改めて思う。

 

プーランク 「カルメル派修道女の対話」201312月 シャンゼリゼ劇場

 このソフトが販売されていることを知らなかった。初めてみて、びっくり。素晴らしい上演だと思う。

 修道女たちが素晴らしい。フランスの有名女性歌手が顔をそろえている。ブランシュ役のパトリシア・プティボンは、まさにこの役にピッタリ。清純な声で健気に歌う。心の迷い、死を前にしての恐怖と信仰の間で揺れ動く様を見事に歌ってくれる。メール・マリー役のソフィー・コッホ、リドワーヌ夫人役のヴェロニク・ジャンス、コンスタンス役のサンドリーヌ・ピオーは、いずれも美しい清純な声でそれぞれ個性のある修道女を歌う。しかも、さすがにフランス語の発音が美しい。これ以上は考えられないほどの充実ぶり。フランス革命の中、必死に信仰を守り断頭台に消えてゆく修道女たちを、悲劇性を強調するのでなく、淡々と描く。そうであるがゆえにいっそう悲劇的な運命が胸に迫る。

 フィルハーモニア管弦楽団を指揮するのはジェレミー・ロレール。この指揮者の演奏を初めて聴いたが、素晴らしい。緻密でしなやかでしかも淡々とドラマが迫ってくる。演出はオリヴィエ・ピィ。演出も、また演奏と同じように、悲劇性を大袈裟に語るのでなく、静かに淡々と描く。一人一人の苦悩が伝わってくる。

 それにしても、プーランクの音楽そのものの素晴らしさを改めて感じる。音楽が透明で高貴で信仰にあふれている。すごい作曲家だ!

| | コメント (0)

日生劇場「ルチア」 エドガルド=城宏憲、エンリーコ=加耒徹がとてもよかった

 20221112日、日生劇場でNISSAY OPERA 2022「ランメルモールのルチア」をみた。指揮は柴田真郁、演出は田尾下哲、管弦楽は読売日本交響楽団。

 歌手陣の中では、エドガルドの城宏憲がよかった。勢いのある美声で音程もしっかりしている。訴える力もあった。エンリーコの加耒徹も、初めのうちこそ少し声が出なかったが、どんどんと本調子になって後半は見事だった。一途であるがゆえに妹を犠牲にする男をしっかりと演じていた。ノルマンノの吉田連もしっかりした声。冒頭部分ではこの人が最も声が出ていた。

 アルトゥーロの髙畠伸吾は嫌味な男をうまく演じ、声もしっかり出ていた。ライモンドのジョン・ハオは力のある声だが、ちょっとコントロールしきれていない部分を感じた。

 ルチアの高橋維については、後半だんだん良くなったが、音程が不安定で、声も十分に伸びなかった。そして、表現力もまだまだ十分ではないと思った。狂乱の場も、ただ歌っているという感じで、ルチアの絶望も狂気も伝わってこない。演技力もあるとはいえない。演技によっても狂気が伝わらなかった。とても良い歌手だとは思うのだが、ホールを満たす観客を感動させる力はまだ持っていないと思った。

 柴田真郁の指揮については、オーケストラをしっかりとまとめているとはいえるが、ドラマ性を十分に感じることができなかった。ライモンドがルチアの狂乱を伝える場面など、確かにドニゼッティの音楽自体、妙に落ち着き払っているとはいえるのだが、それにしても今回の演奏は、まるでのどかな出来事を伝えるような雰囲気。もう少しドラマティックにできないものか、と思える場面がいくつかあった。もしかして、意識的にそのように指揮しているのだろうか。

 亡霊を意識した演出で、たびたび舞台の奥でこの城に出没するという亡霊が現れたが、私にはそれにどのような意味があるのかよくわからなかった。しかも、ルチアがアルトゥーロを刺す場面が舞台奥で行われるなど、ストーリーの補足説明のようなことがなされていた。つまり、あまりに説明的な舞台だった。私はこれについても納得できなかった。

 全体として、あまり満足できる舞台ではなかった。森谷真理、宮里直樹、大沼徹、妻屋秀和、伊藤達人らが出演する別キャストのほうはかなり印象が異なるのかもしれない。

| | コメント (0)

デセイ&カサールデュオリサイタル デセイは今でもやはり凄かった

 2022119日、東京オペラシティ・コンサートホールでナタリー・デセイ&フィリップ・カサールのデュオ・リサイタルを聴いた。数年前、この二人の演奏を聴いて大いに感動し、驚嘆した記憶がある。今回もまたあまりの素晴らしさに心が震えた。

 とはいえ、やはり全盛期の声でないことは認めざるを得ないと思う。まるで風邪をひいているかのように、時々声がかすれる。いつだったか、METライブビューイングの「椿姫」で、ヴィオレッタを歌うデセイが風邪をひいていて散々なことがあったが、それと同じようなかすれ声が出る。もしかしたら、今回も風邪をひいているのかもしれないが、むしろ、かなり持続的に不調なのだろうと思う。引退説を聴いたことがあるが、このせいなのだろうと思った。

 しかし、かすれるのはある特定の声域だけのようだ。それ以外では、驚くような美しい透明な声であったり、強靭な強い声であったり、魂が震えるような美しい弱音であったりする。それらの声を使い分け、ニュアンス豊かに音楽を進めていく。その表現力にも感嘆するしかない。

 前半はモーツァルトのオペラやコンサート・アリア。スザンナのアリアやバルバリーナのアリアもよかったが、圧倒的だったのは伯爵夫人の二つのアリア。とりわけ「美しい思い出よ、どこに」は、しみじみと伯爵夫人の嘆きを歌う。美声であるうえに、きわめて知的に表現する。

 前半最後の「魔笛」のパミーナのアリアも絶品だった。

 後半はフランスもの。ショーソンの「終わりなき歌」は、あまりに美しい。ショーソンのロマンティックな夢幻の世界を作り出す。プーランクの「モンテカルロの女」は、まるでモノオペラ「人間の声」を短くしたような歌曲。原作の詩も同じジャン・コクトーで、人生に絶望した女がモンテカルロのカジノで過ごし、最後に身投げするまでを、ユーモア交じりに軽妙に歌う。ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」の「私の長い髪が」の短いソロもよかったし、その後の、ピアノソロによるマスネの「エレジー」もよかった。カサールは、クリアな音で、実にしなやかに音楽を作る。重くなりすぎず、清潔で高貴で、デセイの歌にピッタリだと思う。その後、マスネの「ル・シッド」のシメーヌのアリアの後、最後の歌、グノーの「ファウスト」から「なんと美しいこの姿(宝石の歌)」。これはまさに絶品。ダイナミックで、声の美しさを存分に発揮でき、ホール全体を沸かせる。素晴らしかった。

 アンコール2曲。聴いたことのある曲なのだが、なんだっけ。これも素晴らしかった。

 デセイの録音や録画はかなり持っているが、この際、すべてを見たくなった!

| | コメント (0)

東響のブラームス二重協奏曲 郷古のヴァイオリンにほれぼれ

 2022115日、東京オペラシティ・コンサートホールで東京交響楽団の公演を聴いた。指揮はユベール・スダーン。曲目は、前半にメンデルスゾーンの「静かな海と楽しい航海」、郷古廉のヴァイオリン、岡本侑也のチェロが加わってブラームスの二重協奏曲、後半はシューマンの交響曲第3番「ライン」。

 私は2階の隅っこの方で聴いたのだが、席のせいなのか、音がすこし濁って聞こえた。しかも、メンデルスゾーンはこの曲特有の切れがよくて豊饒で高貴な音楽が聞こえてこなかった。もたもたした感じとでもいうか。少し残念。

 ブラームスの二重協奏曲は、それに比べるとずっとよかった。まず、郷古のヴァイオリンが実に美しい。凛としてのびやかで端正で知的。ほれぼれする。岡本のチェロも郷古のヴァイロンをしなやかに支えた。オーケストラもメンデルスゾーンの時よりもずっとバランスよく聞こえた。ただ、オーケストラの弦の厚みやうねりが十分に伝わってこなかった。これももしかしたら席のせいかもしれない。スダーンの指揮はきわめてオーソドックスに思える。全体的にあまり過剰にならずに、しかもここぞというところで盛り上げていく。

 ソリストのアンコールは知らない曲だったが、のちにネットで調べた。マルティヌーの二重奏曲第2番の第2楽章だとのこと。ヴァイオリンとチェロの微妙な重なりを楽しむ音楽だと思う。見事だった。

 後半の「ライン」の演奏は素晴らしかった。とりわけ第2楽章の流動性は見事だった。まさに田舎の舞曲のよう。ひなびた雰囲気があり、ちょっと粗雑でもあって、それがとても魅力的な味わいを出していた。フィナーレもとても勢いがあって、生きる喜びにあふれていた。

 ただ、とても良い演奏だとは思いつつ、シューマンのオーケストレーションが異様なまでにモノフォニックなことが気になっていた。せっかくオーケストラで演奏しているのに、シューマンの交響曲は口ずさむことができる。ベートーヴェンやブラームスは主旋律を口ずさむことはできても、様々な楽器が別のメロディを演奏するので、全体を歌うことはできない。だが、シューマンはすべての楽器が一つの旋律を追いかけている。そうすると、私はかなり狭苦しさを覚えてしまう。薄っぺらに感じる。

  そんなわけで、とても良い演奏だと思いながらも、やっぱり私はシューマンは好きになれないなあと思っていたのだった。

 今回の私の目当ては、前半のブラームスの二重協奏曲だった。大感動とまではいかなかったが、とても良い演奏だった。それだけでも満足。

| | コメント (0)

オペラ映像「オルフェオ」「グリゼルダ」「グスターヴォ3世」「アドリアーナ・ルクヴルール」

 一人暮らしにもだいぶ慣れてきた。そこそこ家事もこなしている。簡単な料理に挑戦してみようかと思い、「チンするだけで作れる」という料理本を購入してみたが、読んでみると、チンする前の下準備に手間と技術が必要で、私にはレベルが高すぎた。もっと簡単なレシピ本を見つけて注文したが、さて、どうなるか。

 そんな中、オペラ映像を数本見たので簡単な感想を書く。

 

モンテヴェルディ 「オルフェオ」 202169,10日 パリ、オペラ=コミック座

 バロック・オペラに疎い私は、このオペラについても、かつてアーノンクールの指揮する映像をみたことがある程度。様式についてもきちんと理解していない。ともあれ、ベートーヴェンの交響曲の凄まじい演奏を聴いて感銘を受けたジョルディ・サヴァールの指揮だというので、みることにした。

 さすがに充実した演奏。「中身の詰まった音」という表現はあまりうまくないと思うが、このような音を聴くと、私はこう表現したくなる。一つ一つの音、そして音の重なりのすべてに中身がある。ずっしりとした音が響く。それだけでも感動する。

 しかも、オーケストラも歌手陣もとても充実。音楽とエウリディーチェを歌うルチアーナ・マンチーニ、オルフェオのマルク・モイヨンはじめ、すべての歌手が最高度に見事な歌を披露する。合唱団の一人一人の声もとても美しく、音程もしっかりしている。だからハーモニーがとても美しく、音に勢いがある。ポリーヌ・ベールの演出についても、簡素ながらも躍動感と色彩感にあふれていて、センスの良さを感じた。やたらと無駄な踊りの入るバロック・オペラ演出が多いようだが、そのような踊りがなくても十分に楽しめる。

 ただ、バロック・オペラに疎い私としては、どの歌も同じように聞こえ、最初から最後まで代わり映えしないように思える。きっと、ワーグナーを聴きなれない人からすると、「トリスタンとイゾルデ」もそのように聞こえるのだと思うので、きっとこれは慣れと修練の問題だと思うが、やはり少々退屈してしまった。2時間だから我慢できたが、これ以上長いと結構つらいなと思った。

 

アレッサンドロ・スカルラッティ 「グリゼルダ」(ラッファエル・ペー&ラ・リラ・ディ・オルフェオ校訂版20212021724,29日 マルティーナ・フランカ、ドゥカーレ宮殿

 このオペラの存在を今回初めて知った。とてもおもしろいオペラだと思った。ストーリーも音楽もとても魅力的だ。しかも、この上演も素晴らしい。バロック・オペラに疎い私もとても楽しんだ。

 歌手陣が信じられないほどにそろっている。容姿も含めて理想的と言えるのではないか。

 その中でも、やはりグリゼルダのカルメラ・レミージョが清楚な美声でしっかりと歌って素晴らしい。ズボン役のロベルトを歌うミリアム・アルバーノも張りのある美声で、恋に悩む青年をうまく演じている。王グァルティエーロを歌うカウンターテナーのラッファエーレ・ペーも、音程の良いしっかりした声、オットーネのフランチェスカ・アショーティもズボン役の安定した声で、男性の格好なので少しわかりづらいが、たぶんものすごい美人。そして、コスタンツァのマリアム・バッティステッリも透明な声。アフリカ系の女性なので、二人の白人から生まれた子どもという設定にはかなり違和感があるが、その声と気品ある顔立ちにはうっとりする。

 ゲオルゲ・ペトルーの指揮する古楽オーケストラ、ラ・リラ・ディ・オルフェオもメリハリがあり、ダレることなく、ドラマティックにぐいぐいと音楽を進めていく。ロゼッタ・クッキの演出については、なんだかよくわからなかったが、あまり気にならなかった。

 

ヴェルディ 「グスターヴォ3世」2021924日 パルマ・レッジョ劇場

 ヴェルディのオペラにさほど精通しているわけではない私は事情をよく知らなかったが、「仮面舞踏会」と呼ばれているオペラのはじめの形がこの「グスターヴォ3世」とのこと。ヴェルディはスウェーデン国王グスターヴォ3世をモデルにしたこのオペラを作ったが、検閲を逃れて上演許可がおりるための手段として改作したらしい。「仮面舞踏会」とかなり違いがあるのかと思ってみはじめたが、ヴェルディに精通していない私には違いはよくわからなかった。主人公の名前がリッカルドでなく、グスターヴォになっている以外、ストーリーも音楽もほとんど変わらないように思える。

 とてもレベルの高い上演だと思う。その中でも、グスターヴォ3世のピエロ・プレッティが図抜けている。見た目はちょっとおじさんっぽいが、気品のある伸びやかな軽めの声で、この役にふさわしく自在に歌う。アメーリアのアンナ・ピロッツィは、容姿も声もひと昔、ふた昔前の歌手を思わせるが、ふくよかな声で朗々と歌う。ただ、演技について私は大いに疑問を覚える。この歌手は美人とは言えないにせよ、十分に美人に見せるだけの容姿を備えていると思うのに、むしろ周囲を怖がらせ、感情移入を殺ぐような不気味で険しい表情をする。この役はもっと健気な表情をしてくれないと観客は共感しないと思う。

 オスカルのジュリアーナ・ジャンファルドーニにも同じことが言える。せっかくのきれいな顔立ちなのに、不気味さをきわだたせる。ウルリカのアンナ・マリア・キウーリも不気味さを強調する。アンカーストレム伯爵役のアマルトゥフシン・エンクバットは東洋系のようで、いかにも不気味な雰囲気を醸し出す。どの歌手もそのように演じるところを見ると、もしかすると、これは演出のヤコポ・スピレイ(演出原案は故グラハム・ヴィックだという)の意図なのかもしれない。ウルリカの登場する居酒屋など、女装の男たちが出入りする倒錯的な場という設定にして、これも不気味さ、妖しさを際立たせている。なぜ、そのようにして、原作の雰囲気を壊そうとするのか私にはよく理解できない。

 オーケストラ・ラプソディとフィラルモニカ・アルトゥーロ・トスカニーニの混成部隊だということだろうか。指揮をするのはロベルト・アバド。おじさんほどではないかもしれないが、とてもいい指揮者だと思う。ドラマに寄り添って音楽が鳴り、ぐいぐいと推進していく。全体的にはまずは満足できる上演だと思う。

 

チレア 「アドリアーナ・ルクヴルール」 2021427,30日 フィレンツェ五月音楽祭歌劇場

 まず私は、最初の音で、ダニエル・ハーディングの指揮するフィレンツェ五月音楽祭歌劇場の音の美しさにびっくり。なんとしなやかな音! ちょっと甘ったるいヴェリスモ・オペラとしてのこの「アドリアーナ・ルクヴルール」の世界を見事に作り出していく。

 やはりアドリアーナを歌うマリア・ホセ・シーリが素晴らしい。あでやかで、しかも清楚。そのようなこの役をぴったりの声と容姿で歌う。音程がよく、高音がとても美しい。ミショネ役のニコラ・アライモもさすがというべきか、見事な歌でアドリアーナをひそかに愛する善良な男性を演じる。恋敵のブイヨン公爵夫人役のクセーニア・ドゥドニコヴァも芯の強いメゾ・ソプラノの美声でとてもいい。マウリツィオのマルティン・ミューレはこの役にしてはちょっと老け気味で、声も輝きに欠けるが、特に大きな不満はない。

 フレデリック・ウェイク=ウォーカーの演出は、時代を現代に近づけて、虚構を演じる女優という職業のアドリアーナに寄り添ってドラマを進めていく。最後、まさに虚構と現実がないまぜになったかのように、死にゆくアドリアーナは、まるで三途の川を渡るかのように遠方に去っていく。それほど強い主張はないが、センスの良い演出だと思う。

| | コメント (0)

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »