« ウルバンスキ&東響の「新世界」 圧倒的名演だと思った! | トップページ | N響&ヤルヴィのチャイコフスキー 凄い! »

都響&小泉のメンデルスゾーンみごと

 2023426日、東京芸術劇場で東京都交響楽団の定期演奏会を聴いた。14時開始のコンサート。指揮は小泉和裕、曲目は前半にヴェルディの「運命の力」序曲と、金川真弓がソリストに加わって、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲 ホ短調、後半にメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」。とても良い演奏だった。

 小泉の指揮はまさに熟成の味わい。少しの小細工もなく自然に音楽が展開し、しかもまるで絵画のように画面を自然に展開して、大きく盛り上がっていく。「運命の力」は、一つ間違うと大袈裟で肩に力の入ったものになりがちだが、まったくそんなことはなく、スケール大きく、まさしく運命の力を感じさせる。

 ヴァイオリン協奏曲では、金川のヴァイオリンの音色にうっとりした。若いヴァイオリニストなのに、人生の深みを感じさせるような音色とでもいうか。メンデルスゾーンのこの曲はロマンティックにもできるし、さわやかにもできる。だが、金川の音色は抑制されており、様々な感情が含まれている。そのような音で、しかも切れがよく躍動的。カデンツァの部分など、聴衆を引き付ける力を持っている。

「スコットランド」もまさに小泉らしい演奏。ちょっとした手の動きでがらりと音楽の表情が変わり、絵画的に光景を描いていく。都響の音色も豊かで、しみじみとした美しさが広がっていく。といいつつ、ただ、もう少し目覚ましいことをしてくれると、もっとおもしろくなるのになあ・・・と思わないでもなかった。やはり、どうしても玄人受けで少々地味になってしまう。もちろんこれがこの指揮者の持ち味であり、魅力であると知っているのだが、あとほんの少し俗受け狙いをしてもいいのではないかと思ったのだった。

 しかし、とても良い演奏なのは間違いない。とても感動したのだった。

|

« ウルバンスキ&東響の「新世界」 圧倒的名演だと思った! | トップページ | N響&ヤルヴィのチャイコフスキー 凄い! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウルバンスキ&東響の「新世界」 圧倒的名演だと思った! | トップページ | N響&ヤルヴィのチャイコフスキー 凄い! »