« ディオティマ弦楽四重奏団 シャープで精妙! | トップページ | パーペの深い歌声に心を打たれた »

「ニーベルングの指環」ガラ・コンサート 圧倒的なワーグナーの世界!

 2024年4月7日、東京文化会館大ホールで、東京春音楽祭、「ニーベルングの指環」ガラ・コンサートを聴いた。指揮はマレク・ヤノフスキ、管弦楽はNHK交響楽団(ゲスト・コンサートマスターはウォルフガング・ヘントリヒ)。曲目は、前半に「ラインの黄金」のフィナーレと「ワルキューレ」第一幕のフィナーレ、後半に「ジークフリート」の第2幕のフィナーレと「神々の黄昏」のフィナーレ。

 東京春音楽祭の素晴らしい演奏が続いているが、今回もまた実に素晴らしかった。まず、ヤノフスキのN響がとても美しい音でダイナミックにワーグナーの世界を作り出していた。快速で明るめなので、おどろおどろしさはあまりない。きびきびしてドラマティック。無駄がなく、音を明確に積み重ねて高揚につなげていく。いつものヤノフスキらしい演奏なのだが、「指環」にぴったりというか、実に立体的にスケール大きく聞こえる。何度も興奮した。

 歌手陣も充実していた。「ラインの黄金」では、やはりヴォータンのマルクス・アイヒェとローゲのヴィンセント・ヴォルフシュタイナーが圧倒的。フリッカの杉山由紀とフローの岸浪愛学も健闘していたが、声の伸びでやはりかなりの差がある。ラインの娘たち(冨平安希子・秋本悠希・金子美香)はちょっとアンサンブルが雑だった。

「ワルキューレ」は、ジークムントのヴィンセント・ヴォルフシュタイナーとジークリンデのエレーナ・パンクラトヴァの二人の声に圧倒されるばかりだった。二人とも、巨大なオーケストラに巻き込まれない強靭な声の持ち主で、壮大で官能的な「春」を歌い上げた。パンクラトヴァはスケールが大きく、おおらかでとてもいい。私は何度も陶然としたのだった。二人の掛け合いもぴたりと息が合い、オーケストラともぴたりと合っているのを感じた。

 後半の「ジークフリート」は、「森のささやき」のオーケストラが実に美しく、緑の中で息づく動植物の生命を感じさせるような音楽だった。ジークフリートのヴィンセント・ヴォルフシュタイナーはきかん坊のような雰囲気をうまく出していた。森の鳥を歌う中畑有美子はちょっとヴィブラートが強すぎて、私の考える自然の鳥の雰囲気とは少し違っていた。

「神々の黄昏」の「ブリュンヒルデの自己犠牲」は、ブリュンヒルデのエレーナ・パンクラトヴァの圧倒的な歌に酔いしれた。この歌手、実演や録音で何度か聴いたことがあったが、こんなに圧倒的な歌手だったとは! ただ、実はちょっと歌いまわしが一本調子というのか、もう少し表現のニュアンスが欲しい面もあるが、声の威力についてはまさに文句なし。大オーケストラにまったく負けずに「ニーベルングの指環」の大団円を歌い切った。

 この公演に不満があるとすると、ちょっと短かったこと! 正味1時間とちょっとだったのではないか?「ワルキューレ」の第三幕のフィナーレや「神々の黄昏」の「ジークフリートの葬送」などが含まれていてもよかっただろうに! あっというまに終わってしまって残念だった! ともあれ、圧倒的なワーグナーの世界を堪能した。

|

« ディオティマ弦楽四重奏団 シャープで精妙! | トップページ | パーペの深い歌声に心を打たれた »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディオティマ弦楽四重奏団 シャープで精妙! | トップページ | パーペの深い歌声に心を打たれた »